2022年01月05日

2022しぶんぎ座流星群極大日観察報告(2022.1.4)「1等クラスが多く初心者には満足☆条件が良い分物足りない結果に」



2022しぶんぎ座流星群極大日報告

「1等クラスが多く初心者には満足☆条件が良い分物足りない結果に」

2022年1月4日(火)
しぶんぎ座流星群 極大日
極大予想時刻 4日 5時頃

topics02-s (2).jpg
(国立天文台)

☞国立天文台

30927_chart.png
(アストロアーツ)

☞アストロアーツ

☞しぶんぎ座流星群ピーク!(1月3日)「新月の絶好な観測条件に極大予想時刻が重なり1時間に50個が予想!☆」2022年

【観察報告】

2022年1月4日(火)
4:30〜6:00 90分間

5:07頃南方向に連続して流れる1等級を観察

5:00〜5:09の間に5本
5:21〜5:34の間に4本(暗め)

90分間で11本確認
暗くて流れた気がしたのは含まず
新月だったので1時頃から星野撮影をしていましたが
何度か明るいのを観察していますが数には入れていません
逆に睡魔で観察時間内に見逃したのがあるかも知れませんw

条件が良かったので遠征も考えていましたが
実家である千葉の田舎町で民家の空き地で観察
東側に街頭が在り建物を背にして視線は主に天頂

西側の千葉市方面は思った以上に明るく暗い視界は60%未満

前半ピークの9分からラフに算出すると

HR  33
ZHR 84

1等クラスが多く5時前後に空を見上げた初心者にとっては
満足な流星群だったのではないでしょうか!?
1時間以上観察するマニアにとっては条件が良かっただけに
物足りない流星群となってしまいました

流星観察では根気よく続けるといつか突発的な出現に出逢うでしょう☆
その時は限られた人だけが味わう優越感がおまけに付いて来ます

過去の観測記事

☞2020ふたご座流星群極大日報告(2020.12.14)「薄明の始まった5時前後12個を確認!1時間に50個以上は妥当な予測☆」

☞2018オリオン座流星群極大日報告(2018.10.22)「十三夜に曇りなし 天候に恵まれ満足なレベル」

☞2014双子座流星群観察報告!「推定HR50 明るい個体少ないが例年並みか!?」

☞しぶんぎ座流星群2014観測結果!【速報】

CCF20120128_00002.jpg

2001年 しし座流星雨 撮影地 長野 (筆者撮影)


月刊星ナビ 2022年2月号


天文ガイド2022年2月号

posted by ぷらちゃん at 15:32| 千葉 ☀| Comment(3) | スターウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月03日

しぶんぎ座流星群ピーク!(1月3日)「新月の絶好な観測条件に極大予想時刻が重なり1時間に50個が予想!☆」2022年



しぶんぎ座流星群ピーク!

「新月の絶好な観測条件に極大予想時刻が重なり1時間に50個が予想!☆」

2022年1月3日(月)
しぶんぎ座流星群 ピーク
極大予想時刻 4日 5時頃!

しぶんぎ座流星群ピークは4日5時頃とされています
最大1時間に50個程度と予想されています

3日は月齢0.4そうです新月で月明かりの影響が全くない
絶好な流星群観察条件となります☆
更に極大予想時刻が放射点が昇る4日未明に重なります!
街明かりも比較的少ない三箇日の終わり翌日に仕事始めの方も
多いと思いますが 観察されては如何でしょうか!?

関東では明け方の最低気温が控え目の予報となっていますが
放射冷却で冷え込みます完全防寒で観察してください♡

topics02-s (2).jpg
(国立天文台)

☞国立天文台

30927_chart.png
(アストロアーツ)

☞アストロアーツ


月刊星ナビ 2022年2月号

※駐車場での観察は大変危険です気を使い無灯火で移動する車が
 有るかも知れません また車で観測地へ移動する場合は
 出来るだけ明るい内に停車して準備する様にお願い致します

CCF20120128_00002.jpg

2001年 しし座流星雨 撮影地 長野

星を点像に撮影するためには赤道儀と言う機材が必要になります
現在のデジタルカメラは優秀なので短い時間でも固定撮影すれば
天の川まで写る可能性が有りますが流れ星は一瞬で方向も
バラバラです 広角に暗い方角に必ず三脚にセットして
カメラが撮影可能な長時間露光を行えば 星像が弧を描く中に
流星が幾つか写るかも知れません♡
暗い夜景を画面の下部に取り入れると感動的な1枚になるかも!?

暗い夜景は昼間は見える山等でOK!(2分程度露光可能なら)
街灯や車のライトが入るのはNG! 最悪カメラが壊れます!!

☞2020ふたご座流星群極大日報告(2020.12.14)「薄明の始まった5時前後12個を確認!1時間に50個以上は妥当な予測☆」

☞2018オリオン座流星群極大日報告(2018.10.22)「十三夜に曇りなし 天候に恵まれ満足なレベル」

☞ふたご座流星群のピーク!(12月14日)「2015年は絶好の条件☆彡パーフェクトガイド!」

☞しぶんぎ座流星群2014観測結果!【速報】

☞2014双子座流星群観察報告!「推定HR50 明るい個体少ないが例年並みか!?」


posted by ぷらちゃん at 18:42| 千葉 ☀| Comment(0) | スターウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月19日

【部分月食】「今宵(2021年11月19日)ほぼ皆既の部分月食☆300年間で最長!」観測ガイド☆



部分月食「ほぼ皆既の部分月食!」観測ガイド☆

今宵(2021年11月19日)は全国で部分月食が観察できます!

食分の最大は97%!ほぼ皆既月食!?

食の最大時刻 18:02

月の高度は 東京で17度 福岡で9度と低空です

東の空が開けた場所で観測しましょう♡

前回の皆既月食は完全に雲に隠れ観測出来ませんでしたが
今回は関東以西は良く晴れそうです☆

部分月食として300年間で最長!
と言っても皆既月食の方が遥かに長いので話題だけですw

2021年11月19日部分月食観測ガイド

16:18 部分食開始
18:02 食の最大
19:47 部分食終了

食の最大時 月の高度は約17度(東京)


アストロアーツさん シュミレーション


【ライブ配信】部分月食(2021/11/19)/生中継映像&多視点シミュレーションで "ほぼ" 皆既の深い月食を楽しもう!
アストロアーツさん

topics03-s.jpg

NAOJ 国立天文台 部分月食中の月の位置



NAOJ 国立天文台 解説動画



NAOJ 国立天文台 【ライブ配信】部分月食



ウェザーニュースさん 特別番組

なんか5月の皆既月食の時より盛り上がっている様な気がします!?
撮影は皆既の時より露出設定が難しそうですね
時間も皆既中だと数十分とか有ったりしますが食分最大の時間は僅かで
皆既日食にも似ています
クローズアップも撮りたいし星空を背景にワイドも撮りたいw
天気は問題無さそうなので楽しみです♡

2011年12月10日土曜日 撮影画像

IMG_7133.JPG

かなり暗めでした☆
暗い程 満月なのに周りの星が観えますが
幻想的なのは 茶褐色から赤っぽいのが魅力的ですね♡

☞皆既月食はベランダから 〜皆既中の撮影は命懸け〜(2011年記事)

☞今夜(2015年4月4日)は皆既月食!夜桜と皆既月食のコラボ撮影テクニック☆

☞今夜(2014年10月8日)は皆既月食が観察できます☆観測ガイド

☞正月早々今年最大のスーパームーン!「川面に放つスーパームーンの神秘」(2018年1月2日)

参考になるWEBサイト!

☞アストロアーツ WEBサイト

☞国立天文台 WEBサイト

最近はスターウォッチングの遠征は行っていませんが
以前は 流星群 彗星 等の観察・撮影に遠征していましたw
実は最近赤道儀を引っ張り出して星雲撮影にチャレンジしています!
トカラ列島に皆既日食の遠征も行っています
サイト立ち上げ当初で記事としてはお粗末ですが 過去ログを参照して下さい☆

CCF20120128_00002.jpg

参考写真 2001年 しし座流星雨 撮影地 長野 筆者撮影

☞しぶんぎ座流星群2014観測結果!【速報】

☞日本で皆既日食が最速で観測される島

写真の無断転載等はご遠慮願います


月刊星ナビ 2021年11月号 [雑誌]


月刊星ナビ 2021年12月号 [雑誌]

posted by ぷらちゃん at 10:47| 千葉 ☁| Comment(0) | スターウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする