2017年06月12日

WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリアDAY4「祝!オット・タナク悲願のWRC初優勝☆」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリアDAY4

サルディニア島のラリー・イタリアはラフグラベルで
土曜日まで大波乱第コンセントなり
大きなマシントラブルの無いトヨタは5位までに3台を
連ね最終日に臨んだ☆

WRC 世界ラリー選手権 2017
第7戦 ラリー・イタリア

総走行距離:1495.36km
総ステージ走行距離:312.66km
SS数:19

ヒュンダイの2台が相次いで脱落するとトップに立ったのは
オット・タナク(Mスポーツ・フォード)
2位のヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)に24秒の差を築き
セバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)も後退して
しまった為激しい猛追からも解放され
初優勝に向けタイヤとマシンを労りセルフコントロールのみとなった


RALLY Italia Sardegna 2017: Highlights Stages 15-17


RALLY Italia Sardegna 2017: Highlights Power Stage SS19

最終SSパワーステージではダニ・ソルド(ヒュンダイ)が
基準となるトップタイムを刻むとWRカー参戦2戦目となる
エサペッカ・ラッピ(トヨタ)はイタリアでSS5本でトップ
タイムを叩き出していたが ダニ・ソルドを0.4秒クリア!
暫定1位!セバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)も
届かず3位 トヨタのトップドライバー ヤリマティ・ラトバラ
(トヨタ)は総合2位表彰台を確定するもパワーステージでミス
エサペッカ・ラッピ(トヨタ)に負けた悔しさを露わにした

首位オット・タナク(Mスポーツ・フォード)はパワーステージで
完全にペースコントロールしフィニッシュ!
喜びを余り表現していなかったが 沼に落ち火災に巻き込まれ
何度もチャンスをパンクに見舞われ優勝を逃して来たが
悲願のWRC初優勝を挙げた☆☆☆

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリアDAY3「暑さのラフグラベルは波乱の展開!?」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリアDAY1・2「首位ミーク横転!ロールゲージ致命傷リタイア」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリア「ラフグラベルとジャンプ!サルディニア島決戦☆」【放送日程】

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリー・イタリア・サルディニア 公式サイト

☞WRC 公式サイト

WRC2017 第7戦ラリー・イタリア DAY 4
SS19後 総合順位

1 オット・タナク     (Mスポーツ・フォード)
  3:25’15.1
2 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +12.3
3 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)    
  +1’07.7
4 エサペッカ・ラッピ   (トヨタ)
  +2’12.9
5 セバスチャン・オジェ  (Mスポーツ・フォード)
  +3’25.3
6 ユホ・ハンニネン    (トヨタ)
  +3’38.5
7 マッズ・オストベルグ  (Mスポーツ・フォード)
  +6’31.8
8 アンドレアス・ミケルセン(シトロエン)
  +8’07.8
9 エリック・カミリ    (M・スポーツ/)
  +11’15.8
9 ヤン・コペッキー    (シュコダ/WRC2)
  +11’21.4

☞WRC(世界ラリー選手権)2017トヨタ復帰ドライバーズラインナップ発表!「ラトバラはマキネンの元チャンピオンへ☆」

☞2017年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「380馬力マシンが世界を駆け巡る!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


AUTO SPORT 2017年 6/23号 No.1458 (佐藤琢磨INDY500優勝記念 特別両面センターピンナップ)


F1速報 2017年 6/15号 第6戦モナコGP/インディ500特別編集号


RALLY PLUS vol.13 (ラリープラス)


2017 スーパーGT公式ガイドブック


2017 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (GALS PARADISE)

posted by ぷらちゃん at 15:47| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリアDAY3「暑さのラフグラベルは波乱の展開!?」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリアDAY3

暑さの中ラフグラベルラリーはワンツー体制を築いた
ヒュンダイに襲い掛かった!?

WRC 世界ラリー選手権 2017
第7戦 ラリー・イタリア

総走行距離:1495.36km
総ステージ走行距離:312.66km
SS数:19


RALLY Italia Sardegna 2017: Highlights Stages 10-12


RALLY Italia Sardegna 2017: Highlights Stages 13-15


RALLY Italia Sardegna 2017: Highlights SS13

土曜日のスタートは先頭4台が3分間隔5番目以降が
2分間隔と変則な形となり巻き上げるダストが
スローダウンを余儀無くさせる混乱を招いた
SS11からは3分間隔に戻ったが波乱の展開に!?

SS12で2番手のティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)が
スタートからブレーキを失い4位に後退してしまう
SS12ではマッズ・オストベルグ(Mスポーツ・フォード)
アンドレアス・ミケルセン(シトロエン)
セバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)もパンクに
見舞われタイムロスで順位を落とす大混戦となった

午後最初のSS13で首位をキープしていた
ヘイデン・パッドン(ヒュンダイ)が右リアを崖にヒットさせ
サスペンション・ドライブシャフトを破損!
続行を断念 2勝目を目前に奈落の底へ

首位に躍り出たのはオット・タナク(Mスポーツ・フォード)
オジェの猛追も無く到頭WRC初優勝を手にする事が出来るか!?
2番手にはヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)が浮上!
エサペッカ・ラッピ(トヨタ)とユホ・ハンニネン(トヨタ)
も4位5位に順位を上げ
最終日に更なる大波乱が起きるとトヨタが表彰台を独占する
なんて事もWRCでは起きえるので
皆さん今夜のパワーステージLIVE中継に注目しましょう♡

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリア「ラフグラベルとジャンプ!サルディニア島決戦☆」【放送日程】

Servicepark Live
http://www.wrc.com/en/wrc/livecenter/page/4175----.html
サービスパークから生配信!
※緑の帯「Servicepark Live」をクリックして下さい

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリー・イタリア・サルディニア 公式サイト

☞WRC 公式サイト

WRC2017 第7戦ラリー・イタリア DAY 3
SS15後 総合順位

1 オット・タナク     (Mスポーツ・フォード)
  2:56’37.3
2 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +24.3
3 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)    
  +1’02.2
4 エサペッカ・ラッピ   (トヨタ)
  +2’10.8
5 ユホ・ハンニネン    (トヨタ)
  +2’42.1
6 セバスチャン・オジェ  (Mスポーツ・フォード)
  +3’26.1
7 マッズ・オストベルグ  (Mスポーツ・フォード)
  +3’56.0
8 アンドレアス・ミケルセン(シトロエン)
  +7’47.6
9 ヤン・コペッキー    (シュコダ/WRC2)
  +9’52.9
10エリック・カミリ    (M・スポーツ/)
  +9’53.8

☞WRC(世界ラリー選手権)2017トヨタ復帰ドライバーズラインナップ発表!「ラトバラはマキネンの元チャンピオンへ☆」

☞2017年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「380馬力マシンが世界を駆け巡る!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


AUTO SPORT 2017年 6/23号 No.1458 (佐藤琢磨INDY500優勝記念 特別両面センターピンナップ)


F1速報 2017年 6/15号 第6戦モナコGP/インディ500特別編集号


RALLY PLUS vol.13 (ラリープラス)


2017 スーパーGT公式ガイドブック


2017 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (GALS PARADISE)

posted by ぷらちゃん at 16:45| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017F1第7戦カナダGP予選「通算65回ポールポジション獲得!セナの記録にハミルトンが並ぶ☆」



2017F1第7戦カナダGP予選

2017F1第7戦カナダGPジル・ビルヌーブ・サーキット
スットップアンドゴーの高速コースで壁の餌食となるマシンが
続出する予選!

ジル・ビルヌーブ・サーキット
4.361km
コーナー数 13 時計回り
決勝 70Laps

モントリオールとの時差は−13時間(サマータイム)

天候 晴れ 気温 22℃ 路面温度 44℃
湿度 36% 風速 3m/秒 風向 南南西(参考)
気圧 1007.6hpa 
ドライコンディション

予選Q3でこのコースを得意とするルイス・ハミルトン
(メルセデス)がコースレコード11秒台を叩き出すと
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が0.004秒差で
続き大歓声が上がった!☆

ルイス・ハミルトン(メルセデス)はこのタイムを更に縮め
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は再度アタックに入るが
届かなかった

ルイス・ハミルトン(メルセデス)は
通算65回目のポールポジション獲得でアイルトン・セナの
ポールポジション記録に並んだ!

インタビューではセナの記録に並んだ事を振ると
アイルトン・セナの家族からプレゼントだと
黄色にCAMELと刻まれシールドにはHONDAのロゴが
入ったセナが実際に使用していたヘルメットが
サプライズで贈られた!☆

声を詰まらせケースから取り出すルイス・ハミルトン
これは決勝で優勝して頂けないと
世界のセナファンとF1ファンに恨まれてしまいますね


アイルトン セナ AYRTON SENNA 1992年 鈴鹿 F1日本GP仕様 レプリカヘルメット Lサイズ(59-60cm)

☞2017F1第7戦カナダGP「セントローレンス川に壁を隔ててニューマシンが激走!☆」【放送日程】

☞2017F1GPレギュレーション変更点「ダウンフォース増加ラップ5秒短縮!?ガス欠でストップ!?」

☞2017F1GPエントリーリスト「メルセデスにボッタス!引退撤回のマッサ☆バンドーンはカーナンバー2」

☞2017F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「驚異のダウンフォースとワイドタイヤで激戦となる☆」

2017F1第7戦カナダGP予選 結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1’11.459
2 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  1’11.789
3 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  1’12.177
4 キミ・ライコネン     フェラーリ
  1’12.252
5 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  1’12.403
6 ダニエル・リカルド    レッドブル
  1’12.557
7 フェリッペ・マッサ    ウイリアムズ
  1’12.858
8 セルジオ・ペレス     フォースインディア
  1’13.018
9  エステバン・オコン   Fインディア
  1’13.135
10ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー
  1’13.271

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2017年 6/15号 第6戦モナコGP/インディ500特別編集号


AUTO SPORT 2017年 6/23号 No.1458 (佐藤琢磨INDY500優勝記念 特別両面センターピンナップ)


RALLY PLUS vol.13 (ラリープラス)


2017 スーパーGT公式ガイドブック


2017 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (GALS PARADISE)

posted by ぷらちゃん at 13:33| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする