2017年06月15日

WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリア総集編「トヨタ3台完走!全車入賞ポイント獲得☆」【動画】



WRC2017第7戦ラリー・イタリア総集編

WRC2017第7戦ラリー・イタリア
サルディニア島のラフグラベルを闘い抜き
オット・タナク(Mスポーツ・フォード)が悲願の
WRC(世界ラリー選手権)初優勝を飾った!☆


Rally Italia Sardegna 2017: Highlights / Review Clip

WRC 世界ラリー選手権 2017
第7戦 ラリー・イタリア

総走行距離:1495.36km
総ステージ走行距離:312.66km
SS数:19

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリアDAY4「祝!オット・タナク悲願のWRC初優勝☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリアDAY3「暑さのラフグラベルは波乱の展開!?」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリアDAY1・2「首位ミーク横転!ロールゲージ致命傷リタイア」【動画】

トヨタは3台体制で臨んだ2戦目にして
ヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)2位表彰台を筆頭に
3台全てがラフなコンディションを完走し
全車入賞ポイント獲得となった☆
中でもWRカー参戦2戦目となるエサペッカ・ラッピ
(トヨタ)は4位という鯉の滝登りの如くリザルトを刻んだ☆

ラフなイベントながらトラブルの少なかったトヨタは後半戦
表彰台独占やマニファクチャラータイトルも雲の上の話では
無くなって来たのではないか!?♡

追記:トヨタのトラブルは決して少なくは無かった 詳細は
☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト
を参照して欲しい
しかしトラブルを最小限に致命的なアクシデントに
させないチームとマシンそれをコントロールしたドライバー
のバランスは復帰参戦初年度とは信じられない素晴らしさだ☆


Rally Italia Sardegna Best Of: Mechanics


The 2017 Rally Italia Sardegna highlights by Citroën Racing


Congrats Ott Tänak M−Sport Winning WRC Rally Italia Sardegna 2017’


WRC 2 − Rally Italia Sardegna 2017: WRC 2 Event Highlights

WRC2クラスにTOYOTA GAZOO Racing
ラリーチャレンジプログラムで参戦中の勝田貴元選手が
ラリー・イタリアでクラス3位表彰台ポイント獲得となった☆
配信動画には僅かしか登場しないのが残念だw

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリア「ラフグラベルとジャンプ!サルディニア島決戦☆」【放送日程】

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリー・イタリア・サルディニア 公式サイト

☞WRC 公式サイト

WRC2017 第7戦ラリー・イタリア 総合順位

1 オット・タナク     (Mスポーツ・フォード)
  3:25’15.1
2 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +12.3
3 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)    
  +1’07.7
4 エサペッカ・ラッピ   (トヨタ)
  +2’12.9
5 セバスチャン・オジェ  (Mスポーツ・フォード)
  +3’25.3
6 ユホ・ハンニネン    (トヨタ)
  +3’38.5
7 マッズ・オストベルグ  (Mスポーツ・フォード)
  +6’31.8
8 アンドレアス・ミケルセン(シトロエン)
  +8’07.8
9 エリック・カミリ    (M・スポーツ/)
  +11’15.8
9 ヤン・コペッキー    (シュコダ/WRC2)
  +11’21.4

トヨタはラリーイタリアでも快挙を挙げているのに
GAZOO Racingは木曜日の時点でも動画が
「coming soon」となっているのは残念だw
今週末はル・マン24時間参戦も控えているので
致し方ないかw

☞WRC(世界ラリー選手権)2017トヨタ復帰ドライバーズラインナップ発表!「ラトバラはマキネンの元チャンピオンへ☆」

☞2017年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「380馬力マシンが世界を駆け巡る!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


本日発売日!(6月15日)
F1速報 2017年 6/29号 第7戦カナダGP


AUTO SPORT 2017年 6/23号 No.1458 (佐藤琢磨INDY500優勝記念 特別両面センターピンナップ)


RALLY PLUS vol.13 (ラリープラス)


2017 スーパーGT公式ガイドブック


2017 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (GALS PARADISE)



posted by ぷらちゃん at 13:27| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

F1速報 第7戦カナダGP号「完全復活!ルイス・ハミルトン メルセデス今季初1−2」明日6月15日発売日!



F1速報第7戦カナダGP号/インディ500特別編集号

F1速報 第7戦カナダGP号

    明日6月15日(木)発売日!

「完全復活!ルイス・ハミルトン メルセデス今季初1−2」

    予約受付中☆

FS0615.jpg

表紙は (下部)2017シーズン初のワンツーフィニッシュ
となったメルセデス 優勝ルイス・ハミルトン(右)
2位バルテリ・ボッタス(左)

F1速報 2017年 6/29号 第7戦カナダGP
御注文はこちらをクリック☆

今直ぐ お急ぎ便で御注文すれば 発売日に届きます!

特集 2017テクニカルトレンド最前線
開幕からのアップデートで優位に立ったチームはどこだ??

ポールポジジョン獲得回数が通算65回でアイルトン・セナに
並んだルイス・ハミルトン(メルセデス)に贈られた
アイルトン・セナの黄色いヘルメットとのショットが
表紙になると期待していましたが残念でしたw

アイルトン・セナのヘルメットとの写真は記事内でも2カット?
でした

時差の影響か表紙も記事も用意されていた感がありますが
その分テクニカル面の情報が凝縮されています☆

巻頭はキター!何とスーパーGT
鈴鹿1000kmに参戦するジェンソン・バトンの
公式テスト走行の記事です☆

今週末はル・マン24時間!モードを切り替える前に
F1速報で整理して置きましょう♡

☞2017F1第7戦カナダGP決勝「3ラップの密約?ピンクのマシンがチーム内バトル!☆」

☞2017F1第7戦カナダGP予選「通算65回ポールポジション獲得!セナの記録にハミルトンが並ぶ☆」

☞2017F1GPレギュレーション変更点「ダウンフォース増加ラップ5秒短縮!?ガス欠でストップ!?」

☞2017F1GPエントリーリスト「メルセデスにボッタス!引退撤回のマッサ☆バンドーンはカーナンバー2」

☞2017F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「驚異のダウンフォースとワイドタイヤで激戦となる☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2017年 6/29号 第7戦カナダGP


F1速報 2017年 6/15号 第6戦モナコGP/インディ500特別編集号


AUTO SPORT 2017年 6/23号 No.1458 (佐藤琢磨INDY500優勝記念 特別両面センターピンナップ)


RALLY PLUS vol.13 (ラリープラス)


2017 スーパーGT公式ガイドブック


2017 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (GALS PARADISE)

posted by ぷらちゃん at 17:09| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017F1第7戦カナダGP決勝「3ラップの密約?ピンクのマシンがチーム内バトル!☆」



2017F1第7戦カナダGP決勝

2017F1第7戦カナダGPジル・ビルヌーブ・サーキット
通算65回目のポールポジションを獲得し
アイルトン・セナの記録に並んだルイス・ハミルトン

ジル・ビルヌーブ・サーキット
4.361km
コーナー数 13 時計回り
決勝 70Laps

モントリオールとの時差は−13時間(サマータイム)

天候 晴れ 気温 28℃ 路面温度 41℃
湿度 44% 風速 4m/秒 風向 西北西(参考)
気圧 1016.5hpa 
ドライコンディション

2017F1第7戦カナダGP決勝は スタートで
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が
5番グリッドからインをこじ開け2番手に
この時にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の
フロントウイングを踏み潰して破損させている
これが決勝のリザルトを決定付けてしまった様だ!?

後方ではカルロス・サインツJr(トロロッソ)と
フェリッペ・マッサ(ウイリアムズ)のクラッシュで
オープニングラップからのセーフティーカー導入となった

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は11ラップ目に
マシントラブルでストップ!マシン撤去の為にバーチャル
セーフティーカー導入となる

終始バトルを繰り広げていたのはピンクのマシン
セルジオ・ペレス(フォースインディア)と
エステバン・オコン(フォースインディア)のチーム内バトル
無線では3ラップの密約が交わされた様だが
ファイナルラップまで接触ギリギリの攻防が続いた

フロントローからスタートのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
は6ラップ目にタイヤとフロントノーズ交換でピットインし
18位まで順位を落としたが追い上げ
キミ・ライコネン(フェラーリ)はブレーキにトラブルを抱え
セバスチャン・ベッテルに先行を許し
フォースインディアの2台もクリアしたが表彰台を逃す4位で
フィニッシュした

インディ500から帰ったフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
はシーズン初入賞完走を目前に67ラップ目にマシンストップ

地元カナダ出身ランス・ストロール(ウイリアムズ)はデビューイヤーで
母国グランプリを9位で初入賞ポイント獲得した☆

国際映像にスタートシーンしか映らなかったのではと思われる
ルイス・ハミルトン(メルセデス )がポールトゥウィンで
独走の優勝☆
予選でアイルトン・セナのヘルメットを贈られたハミルトンだけに
普段は応援していないがw無事に優勝でホッとしているw
フェラーリとのバトルを征していれば予選を含めて祝福したかも

時差13時間のカナダGP深夜(早朝)の観戦お疲れ様でした♡
レポートが遅くなってしまい申し訳ありませんw

☞2017F1第7戦カナダGP予選「通算65回ポールポジション獲得!セナの記録にハミルトンが並ぶ☆」

☞2017F1第7戦カナダGP「セントローレンス川に壁を隔ててニューマシンが激走!☆」【放送日程】

☞2017F1GPレギュレーション変更点「ダウンフォース増加ラップ5秒短縮!?ガス欠でストップ!?」

☞2017F1GPエントリーリスト「メルセデスにボッタス!引退撤回のマッサ☆バンドーンはカーナンバー2」

☞2017F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「驚異のダウンフォースとワイドタイヤで激戦となる☆」

2017F1第7戦カナダGP予選 結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1:33’05.154
2 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +19.783
3 ダニエル・リカルド    レッドブル
  +35.297
4 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  +35.907
5 セルジオ・ペレス     フォースインディア
  +40.476
6 エステバン・オコン    フォースインディア
  +40.716
7 キミ・ライコネン     フェラーリ
  +58.632
8 ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー
  +1’00.374
9 ランス・ストロール    ウイリアムズ
  +1Lap
10ロマン・グロージャン   ハース
  +1Lap


☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2017年 6/29号 第7戦カナダGP


AUTO SPORT 2017年 6/23号 No.1458 (佐藤琢磨INDY500優勝記念 特別両面センターピンナップ)


RALLY PLUS vol.13 (ラリープラス)


2017 スーパーGT公式ガイドブック


2017 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (GALS PARADISE)

posted by ぷらちゃん at 15:38| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする