2018年01月02日

正月早々今年最大のスーパームーン!「川面に放つスーパームーンの神秘」(2018年1月2日)



正月早々今年最大のスーパームーン!

今年最大のスーパームーン!2018年1月2日(火)

IMG_1588t.jpg

満月の瞬間      1月2日(火)11:24
地球中心と月の最接近 1月2日(火) 6:49

学術的な定義の無い「スーパームーン」ですが
1年で一番地球からの距離が近く明るい満月でしょうか!?

暦の上での「満月」は今夜1月2日(火)になりますので
昨晩の「スーパームーン」を観逃してしまった方は
今夜の「スーパームーン」も大きく明るく輝く「満月」なので
観望してみて下さい♡

IMG_1602.jpg

「川面に放つスーパームーンの神秘」

IMG_1624t.jpg

月の大きさを比較するのは難しいのですが
鉄塔を入れてみました

IMG_1628t.jpg

「丘に沈むスーパームーン」

IMG_1642.jpg

肉眼で観た明るさに近い画像はこんな感じです

「初日の出」「スーパームーン」と
正月早々に「スターウォッチング」「アウトドア」イベントが
続きますが1月3日(水)から1月4日(木)に掛けて
1月4日(木)未明にピークを迎えるのは
三大流星群の「しぶんぎ座流星群」となります☆
但し流石に「スーパームーン」直後の明るい月が夜空を
照らしているので条件は最悪となります
夜明け前一時間空を眺めても10個観れたら良いと思われます
一月末には「皆既月食」も待ち受けています♡
「皆既月食」は改めて予告とレポートをお届け致しますので
お楽しみに♡

☞2015年9月「中秋の名月」&「スーパームーン」2日連続での「月」鑑賞♡

☞金環日食まであと4日!これが減光フィルターです(2012年記事)

☞ガチャピンの天気予報!何回観ても楽し過ぎるwお天気お姉さんも神対応♡

☞ふたご座流星群のピーク!(12月14日)「2015年は絶好の条件☆彡パーフェクトガイド!」

☞皆既月食はベランダから 〜皆既中の撮影は命懸け〜(2011年記事)

www.astroarts.co.jp/ (アストロアーツ)


月刊星ナビ 2018年2月号

posted by ぷらちゃん at 09:01| 千葉 ☀| Comment(0) | スターウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

「迎春」「初日の出」2018今年も「趣味はベランダから」サイトをよろしくお願い申し上げます



「迎春」2018

「迎春」

2018年今年も「趣味はベランダから」サイトを
よろしくお願い申し上げます♡

IMG_1533.jpg

2018年元旦

「初日の出」を千葉県九十九里海岸に参詣しました☆

太平洋大海原の水平線からとは行きませんでしたが
水平線に低く這う雲の切れ間から朱色に輝く「初日の出」を
参拝し撮影して来ました

初日の出に足を運んだのは何年振りでしょうか!?w

モータースポーツが中心となっていますが
多趣味を広く紹介して行けたらと新年に願います♡

姉妹サイト「ぷらちゃんの気まぐれ天気とイベント情報!☆」
http://kimagureweather.seesaa.net/
も よろしくお願い申し上げます


posted by ぷらちゃん at 10:05| 千葉 ☀| Comment(0) | スターウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

ふたご座流星群のピーク!(12月14日)「比較的好条件で二夜にチャンス!☆」2017年





双子座流星群のピーク!

2017年12月13日(水)〜
2017年12月14日(木)
双子座流星群 ピーク
極大予想時刻 14日 16時頃

今夜は月齢24.6の細い月が夜中に昇って来ますが
流星群観察には比較的良い条件と言えます
三大流星群の一つ「ふたご座流星群」は明るい流星も多く
街明かりに負けない流星が観測できるでしょう♡

昨年は全国的に天候に恵まれませんでしたが
今年は西高東低の冬型気圧配置で太平洋側では
流星群観察が可能でしょう❤

ふたご座流星群ピークは明日日中となります
確実に数も観測するには明日の未明をお勧めします
希望的観測と傾向と経験から予言するとw
明日14日の日没後夕焼けの中を「火球」が飛ぶ
可能性は低く無いと思います☆


ふたご座流星群のステラナビゲータシミュレーション
(アストロアーツ)

☞アストロアーツ


月刊星ナビ 2017年12月号

※駐車場での観察は大変危険です気を使い無灯火で移動する車が
 有るかも知れません また車で観測地へ移動する場合は
 出来るだけ明るい内に停車して準備する様にお願い致します

CCF20120128_00002.jpg

2001年 しし座流星雨 撮影地 長野

星を点像に撮影するためには赤道儀と言う機材が必要になります
現在のデジタルカメラは優秀なので短い時間でも固定撮影すれば
天の川まで写る可能性が有りますが流れ星は一瞬で方向も
バラバラです 広角に暗い方角に必ず三脚にセットして
カメラが撮影可能な長時間露光を行えば 星像が弧を描く中に
流星が幾つか写るかも知れません♡
暗い夜景を画面の下部に取り入れると感動的な1枚になるかも!?

暗い夜景は昼間は見える山等でOK!(2分程度露光可能なら)
街灯や車のライトが入るのはNG! 最悪カメラが壊れます!!

☞ふたご座流星群のピーク!(12月14日)「2015年は絶好の条件☆彡パーフェクトガイド!」

☞しぶんぎ座流星群2014観測結果!【速報】

☞2014双子座流星群観察報告!「推定HR50 明るい個体少ないが例年並みか!?」




posted by ぷらちゃん at 16:39| 千葉 ☀| Comment(0) | スターウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする