2018年02月01日

【皆既月食】「奇跡の晴れ間!ブルームーン皆既月食観望報告☆」(2018年1月31日)



皆既月食「奇跡の晴れ間 !ブルームーン皆既月食観望報告☆」

「奇跡の晴れ間 !ブルームーン皆既月食観望報告☆」

2018年1月31日 皆既月食 観望&撮影レポート

日本全国で観察出来る好条件の「皆既月食」は
冬型の気圧配置が続いていた太平洋側でも雲が広がり
観察は絶望的な天気予報へと変わって行った

僅かな希望を胸に祈りつつ最小限の準備をして
仮眠を摂る事にした

2018年1月31日皆既月食観測ガイド
20:48 部分食開始
21:51 皆既食開始
22:29 食の最大
23:08 皆既終了
24:11 部分食終了
食の最大時 月の高度は約63度(東京)

部分食が始まる時刻の目覚ましで
窓の外を見ると意外と明るい 胸が高鳴る
奇跡の晴れ間!

IMG_2589.jpg

雲の切れ間では無く晴れていて雲は多め
明るく輝く月が少し欠け始め 月にはハロが架かっていた

IMG_2592t.jpg

急いで撮影の準備を進め 欠けて行く月を撮り続けた
皆既時間1時間17分と長い皆既月食だが欠けて行くのは早く
クローズアップするとフレーム内を大きく移動して行く

寒さも気にならず露出を調整しながら
星野に浮かぶ赤銅色の皆既の月を想像しながら

IMG_2627.jpg

こんなに晴れるなら赤道儀にビデオカメラをセットして
欠けて行く月の動画まで撮りたかったと後悔する

レンズの曇りが気になったが欠けて行くのが早いので諦めた
ベランダ観望なので曇り止めにドライヤー等も準備出来た筈である

IMG_2719t.jpg

地球昭も写し込みたいと露出を変えるが上手く行かないまま
針の様に細くなって行き皆既が始まった☆

星野に浮かぶ皆既月食ばかりを思い浮かべていた為か
シャッタースピードに頼り過ぎてしまった
三脚に固定しているので安易にスローシャッターを切っていた

IMG_2738t.jpg

このまま長い皆既時間が続くと楽観し
理想を描いていたコーヒー片手に双眼鏡で皆既の月を眺める
準備を始めたw

しかし物事はそこまで都合良くは進まず一気に雲が広がって来た
それでも欠け始めから皆既まで略雲に閉ざされる事無く
皆既月食を観望出来たのは あの天気予報からは奇跡的である

最後まで奇跡を信じて準備を進めるべきでしたw
その結果撮影出来た画像は低いレベルになってしまいましたが
久し振りに良いスターウォッチングとなりました♡

地球の影深く入った皆既月食は予想通りにかなり暗くなりましたが
肉眼で観えなくなる程ではありませんでした
次回の皆既月食は2018年7月28日皆既のまま沈んで行く
夏の薄明中となるので星野とのコラボレーションは望めませんが
地上の景色とのコラボレーションを狙いたいと思います

IMG_2751.jpg

☞【皆既月食】「今夜(2018年1月31日)はブルームーンの皆既月食!」観測ガイド☆

☞皆既月食はベランダから 〜皆既中の撮影は命懸け〜(2011年記事)

☞今夜(2015年4月4日)は皆既月食!夜桜と皆既月食のコラボ撮影テクニック☆

☞今夜(2014年10月8日)は皆既月食が観察できます☆観測ガイド

☞正月早々今年最大のスーパームーン!「川面に放つスーパームーンの神秘」(2018年1月2日)

写真の無断転載等はご遠慮願います


月刊星ナビ 2018年2月号

posted by ぷらちゃん at 13:15| 千葉 ☁| Comment(0) | スターウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

【皆既月食】「今夜(2018年1月31日)はブルームーンの皆既月食!」観測ガイド☆



皆既月食「ブルームーンの皆既月食!」観測ガイド☆

今夜(2018年1月31日)は全国で皆既月食が観察できます!
更に年明けにスーパームーンの満月が有りましたので
月に二度目の満月「ブルームーン」となります

皆既月食の観測条件も非常に良く
南中に近く皆既時間は1時間17分と長い時間に渡ります

残念ながら天気は太平洋側でも曇りの予報が多く
南関東では観れても雲の切れ間からとなりそうです

皆既月食は数年に一度は起きる現象なので
晴れ間を求めて遠征する程では無いのですが
地球の影に奥深く入り込む皆既月食なので
一般的にネット上では「赤銅(しゃくどう)色」と言われていますが
経験値から捜すのも困難な程暗くなるのでは無いかと予想されます
そうなると星空の中に皆既月食の月を写し込む絶好のチャンス!
とも言えます☆

近年のデジタルカメラは非常に優秀なので
三脚に固定すれば数秒で星像まで写し込めますが
プレセペ星団を点像となると赤道儀が欲しいところです
ここまで来るとやっぱり遠征かな!?
しかし完全に晴れの地域は少なく特定も不安定です

写真の被写体としては次回(2018年7月28日)が
皆既月食のまま沈んで行くので
地上の景色と皆既中の月を写し込めて面白いかも知れません

ちょっと待って!?良く考えるとこの時期だと薄明時間となり
皆既中の月が神秘的な色は難しそうですね ・ ・ 

2018年1月31日皆既月食観測ガイド

20:48 部分食開始
21:51 皆既食開始
22:29 食の最大
23:08 皆既終了
24:11 部分食終了

食の最大時 月の高度は約63度(東京)


アストロアーツさん シュミレーション



国立天文台 皆既月食解説動画

天候に恵まれなかったらw


ウェザーニュースさん ハワイから皆既月食の生中継

さあ天気予報は時間毎に悪化していますが
皆さんで晴れ間を祈りましょう♡

2011年12月10日土曜日 撮影画像

IMG_7133.JPG

かなり暗めでした☆
暗い程 満月なのに周りの星が観えますが
幻想的なのは 茶褐色から赤っぽいのが魅力的ですね♡

☞皆既月食はベランダから 〜皆既中の撮影は命懸け〜(2011年記事)

☞今夜(2015年4月4日)は皆既月食!夜桜と皆既月食のコラボ撮影テクニック☆

☞今夜(2014年10月8日)は皆既月食が観察できます☆観測ガイド

☞正月早々今年最大のスーパームーン!「川面に放つスーパームーンの神秘」(2018年1月2日)

参考になるWEBサイト!

☞アストロアーツ WEBサイト

☞国立天文台 WEBサイト

最近はスターウォッティングの遠征は行っていませんが
以前は 流星群 彗星 等の観察・撮影に遠征していましたw
トカラ列島に皆既日食の遠征も行っています
サイト立ち上げ当初で記事としてはお粗末ですが 過去ログを参照して下さい☆

CCF20120128_00002.jpg

参考写真 2001年 しし座流星雨 撮影地 長野 筆者撮影

☞しぶんぎ座流星群2014観測結果!【速報】

☞日本で皆既日食が最速で観測される島

写真の無断転載等はご遠慮願います


月刊星ナビ 2018年2月号

posted by ぷらちゃん at 15:32| 千葉 ☀| Comment(0) | スターウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

正月早々今年最大のスーパームーン!「川面に放つスーパームーンの神秘」(2018年1月2日)



正月早々今年最大のスーパームーン!

今年最大のスーパームーン!2018年1月2日(火)

IMG_1588t.jpg

満月の瞬間      1月2日(火)11:24
地球中心と月の最接近 1月2日(火) 6:49

学術的な定義の無い「スーパームーン」ですが
1年で一番地球からの距離が近く明るい満月でしょうか!?

暦の上での「満月」は今夜1月2日(火)になりますので
昨晩の「スーパームーン」を観逃してしまった方は
今夜の「スーパームーン」も大きく明るく輝く「満月」なので
観望してみて下さい♡

IMG_1602.jpg

「川面に放つスーパームーンの神秘」

IMG_1624t.jpg

月の大きさを比較するのは難しいのですが
鉄塔を入れてみました

IMG_1628t.jpg

「丘に沈むスーパームーン」

IMG_1642.jpg

肉眼で観た明るさに近い画像はこんな感じです

「初日の出」「スーパームーン」と
正月早々に「スターウォッチング」「アウトドア」イベントが
続きますが1月3日(水)から1月4日(木)に掛けて
1月4日(木)未明にピークを迎えるのは
三大流星群の「しぶんぎ座流星群」となります☆
但し流石に「スーパームーン」直後の明るい月が夜空を
照らしているので条件は最悪となります
夜明け前一時間空を眺めても10個観れたら良いと思われます
一月末には「皆既月食」も待ち受けています♡
「皆既月食」は改めて予告とレポートをお届け致しますので
お楽しみに♡

☞2015年9月「中秋の名月」&「スーパームーン」2日連続での「月」鑑賞♡

☞金環日食まであと4日!これが減光フィルターです(2012年記事)

☞ガチャピンの天気予報!何回観ても楽し過ぎるwお天気お姉さんも神対応♡

☞ふたご座流星群のピーク!(12月14日)「2015年は絶好の条件☆彡パーフェクトガイド!」

☞皆既月食はベランダから 〜皆既中の撮影は命懸け〜(2011年記事)

www.astroarts.co.jp/ (アストロアーツ)


月刊星ナビ 2018年2月号

posted by ぷらちゃん at 09:01| 千葉 ☀| Comment(0) | スターウォッチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする