2017年08月02日

F1速報 第11戦ハンガリーGP号「どうする、ホンダ?ザウバー提携解消の実情と今後」明日8月3日発売日!



F1速報第11戦ハンガリーGP号

F1速報 第11戦ハンガリーGP号

    明日8月3日(木)発売日!

「どうする、ホンダ?ザウバー提携解消の実情と今後」

    予約受付中☆

FS0803.jpg

表紙は ザウバー提携解消で揺れるホンダパワーの
マクラーレン フェルナンド・アロンソのマシン
下部にはハンガリーGP1−2フィニッシュのフェラーリ
セバスチャン・ベッテル(右)とキミ・ライコネン(左)

F1速報 2017年 8/31号 第11戦ハンガリーGP
御注文はこちらをクリック☆

今直ぐ お急ぎ便で御注文すれば 発売日に届きます!

特集
森脇基恭✕浜島裕英 マクラーレンホンダへの3つの提言

別冊特別付録16ページ
夏休みはこれ1冊でF1博士!

ホンダの今後 来シーズンさえも心配になって来ましたが
ハンガリーGPでシーズン初のダブル入賞ポイント獲得!
良かったですね♡

ハンガリーGPのポイントはメルセデスチームの
ルイス・ハミルトンが提案したチームオーダーだと思うのですが
記事では深く掘り下げられているでしょうか?

☞2017F1第11戦ハンガリーGP決勝「フェラーリ撃墜失敗!ハミルトン順位返還の表彰台圏外!?☆」

☞2017F1第11戦ハンガリーGP予選「窮地のHONDAパワー2台がQ3進出!☆」

☞2017F1GPレギュレーション変更点「ダウンフォース増加ラップ5秒短縮!?ガス欠でストップ!?」

☞2017F1GPエントリーリスト「メルセデスにボッタス!引退撤回のマッサ☆バンドーンはカーナンバー2」

☞2017F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「驚異のダウンフォースとワイドタイヤで激戦となる☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2017年 8/31号 第11戦ハンガリーGP


AUTO SPORT 2017年 8/25号 No.1462


GP CAR STORY Vol.20 Ferrari F1-2000 (SAN-EI MOOK)


F1事件簿30年史 (F1速報25周年記念)


FORMULA 1 file (AUTOSPORT別冊)


RALLY PLUS vol.14


ギャルズパラダイス 2017 レースクイーンデビュー編

posted by ぷらちゃん at 16:32| 千葉 ☔| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

2017F1第11戦ハンガリーGP決勝「フェラーリ撃墜失敗!ハミルトン順位返還の表彰台圏外!?☆」



2017F1第11戦ハンガリーGP決勝

「THERE CAN ONLY BE ONE」

F1ハンガリーGPハンガロリンクのスタンドに掲げられた
巨大な横断幕に並ぶF1パイロット達☆

therecanonlybeone#F1.jpg

ハンガロリンク
4.381km
コーナー数 14 時計回り
決勝 70Laps

ブダペストとの時差は−7時間(サマータイム)

天候 晴れ 気温 30℃ 路面温度 55℃
湿度 36% 風速 3m/秒 風向 南南東(参考)
気圧 1001.5hpa 
ドライコンディション

路面温度が55℃に達する真夏のハンガロリンク
2017F1第11戦ハンガリーGP決勝レースは
オープニングラップから大混戦となった!

ダニエル・リカルド(レッドブル)がチームメイト
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)から
サイドポンツーンにバコーンと音がする激突をされ
ラジエター破損!噴き出した水でスピンしてストップ!
セーフティーカーが導入された

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)には10秒の
ペナルティが科された
レーシングアクシデントではあるが何故チームメイトに激突
してしまうのか!?
どうせなら◯◯◯◯ンを撃墜してくれれば良かったのにw
と思ったのは筆者だけだろうか?w

ポールポジションから逃げ切る筈のセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)は序盤からマシンのバランスが崩れた事を感じ
精彩を欠きキミ・ライコネン(フェラーリ)が追従し
先に行かせて欲しい事をチーム無線で遠回しに訴えていた

ルイス・ハミルトン(メルセデス)のマシンはチーム無線と
データの送信にトラブルを抱えている様だ

メルセデスも中盤からはルイス・ハミルトン(メルセデス)が
バルテリ・ボッタス(メルセデス)に先を譲らせ
フェラーリをオーバーテイクするとチームに訴える
何とこれをチームとバルテリ・ボッタスが受け入れ
ルイス・ハミルトンが先行する!

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)と
カルロス・サインツJr(トロロッソ)は同一周回でピットイン
長いバトルが続きやっとの事でフェルナンド・アロンソが
オーバーテイク

ストフェル・バンドーン(マクラーレン)はピットインで
オーバーシュート!タイムロスを喫し大きく順位を落としてしまう

ルイス・ハミルトン(メルセデス)はフェラーリを撃墜する
事は出来ずにファイナルラップでペースダウンし
バルテリ・ボッタス(メルセデス)に順位を戻した

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が何とか逃げ切り
ポールトゥウィン!フェラーリがモナコGP以来の
ワンツーフィニッシュ☆

マクラーレンHONDAはフェルナンド・アロンソ
(マクラーレン)6位 ストフェル・バンドーン
(マクラーレン)10位の今シーズン初のダブル入賞!

F1の世界でチームオーダーは必要だと思うのですが
メルセデスそれもルイス・ハミルトン(メルセデス)が
順位を戻すのは信じられなかったw
昨年まではあり得なかった
しかし露骨過ぎてイメージは良くなさそうだ
もう少し観客を意識して欲しいw

☞2017F1第11戦ハンガリーGP予選「窮地のHONDAパワー2台がQ3進出!☆」

☞2017F1第11戦ハンガリーGP「1ポイント差の因縁対決を見逃すな!☆」【放送日程】

☞2017F1GPレギュレーション変更点「ダウンフォース増加ラップ5秒短縮!?ガス欠でストップ!?」

☞2017F1GPエントリーリスト「メルセデスにボッタス!引退撤回のマッサ☆バンドーンはカーナンバー2」

☞2017F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「驚異のダウンフォースとワイドタイヤで激戦となる☆」

2017F1第11戦ハンガリーGP決勝 結果

1 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  1:21’27.430
2 キミ・ライコネン     フェラーリ
  +0.908
3 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +12.462
4 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  +12.885
5 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  +13.276
6 フェルナンド・アロンソ  マクラーレン
  +1’11.223
7 カルロス・サインツJr  トロロッソ
  +1Lap
8 セルジオ・ペレス     フォースインディア
  +1Lap
9 エステバン・オコン    フォースインディア
  +1Lap
10ストフェル・バンドーン  マクラーレン
  +1Lap

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2017年 8/3号 第10戦イギリスGP


GP CAR STORY Vol.20 Ferrari F1-2000 (SAN-EI MOOK)


F1事件簿30年史 (F1速報25周年記念)


FORMULA 1 file (AUTOSPORT別冊)


AUTO SPORT 2017年 8/4号 No.1461


RALLY PLUS vol.14


ギャルズパラダイス 2017 レースクイーンデビュー編

posted by ぷらちゃん at 16:28| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

2017F1第11戦ハンガリーGP予選「窮地のHONDAパワー2台がQ3進出!☆」



2017F1第11戦ハンガリーGP予選

「THERE CAN ONLY BE ONE」

F1ハンガリーGPハンガロリンクのスタンドに掲げられた
巨大な横断幕に並ぶF1パイロット達☆

therecanonlybeone#F1.jpg

中央には1ポイント差でドライバーズタイトル首位を守る
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
この並びが物語っているのは!?

ハンガロリンク
4.381km
コーナー数 14 時計回り
決勝 70Laps

ブダペストとの時差は−7時間(サマータイム)

天候 晴れ 気温 26℃ 路面温度 57℃
湿度 31% 風速 1m/秒 風向 南東(参考)
気圧 1001.7hpa 
ドライコンディション

フェリッペ・マッサ(ウイリアムズ)が体調不良により
予選欠場となりリザーブドライバーのポール・ディ・レスタが
代役で出場となった

ザウバーとの来シーズンの契約が白紙撤回となり揺れる
ホンダパワーユニット!マクラーレンから見放されない為には
テクニカルコースのハンガロリンクで結果を残す必要が有る!?

予選Q1からマシンセッティングが定まらない
ルイス・ハミルトン(メルセデス)あわやQ2敗退かと
思わせながらトップタイムで通過するも
予選Q3ではフェラーリの2台と バルテリ・ボッタス
(メルセデス)にも及ばず予選4位
ポールポジション記録は次戦以降に持ち越しとなった

ルイス・ハミルトン(メルセデス)と裏腹にフリー走行から
好調のフェラーリがモナコGP以来の予選ワンツーとなり
フロントロー独占!セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
がポールポジション獲得!
過去ポールトゥウィンはルイス・ハミルトンのみという
リザルトを払拭し巨大な横断幕通りの結果を残すか!?

窮地に立たされたとも言えるHONDAパワーユニットは
2台がQ3進出!フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)と
ストフェル・バンドーン(マクラーレン)の組み合わせでは
今シーズン初のQ3進出となり
予選7位のニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)がギアボックス
交換の5グリッド降格ペナルティを受ける為
決勝グリッドではマクラーレンHONDAが4列目に並ぶ事になる

今夜の2017F1第11戦ハンガリーGP決勝レースも
楽しみな決勝グリッドとなりましたね♡
決勝レース生中継は20:30〜です☆

☞2017F1第11戦ハンガリーGP「1ポイント差の因縁対決を見逃すな!☆」【放送日程】

☞2017F1GPレギュレーション変更点「ダウンフォース増加ラップ5秒短縮!?ガス欠でストップ!?」

☞2017F1GPエントリーリスト「メルセデスにボッタス!引退撤回のマッサ☆バンドーンはカーナンバー2」

☞2017F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「驚異のダウンフォースとワイドタイヤで激戦となる☆」

2017F1第11戦ハンガリーGP予選 結果

1 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  1’16.276
2 キミ・ライコネン     フェラーリ
  1’16.444
3 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  1’16.530
4 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1’16.707
5 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  1’16.797
6 ダニエル・リカルド    レッドブル
  1’16.818
7 ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー
  1’17.468
8 フェルナンド・アロンソ  マクラーレン
  1’17.549
9 ストフェル・バンドーン  マクラーレン
  1’17.894
10カルロス・サインツJr  トロロッソ
  1’18.912


☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2017年 8/3号 第10戦イギリスGP


GP CAR STORY Vol.20 Ferrari F1-2000 (SAN-EI MOOK)


F1事件簿30年史 (F1速報25周年記念)


FORMULA 1 file (AUTOSPORT別冊)


AUTO SPORT 2017年 8/4号 No.1461


RALLY PLUS vol.14


ギャルズパラダイス 2017 レースクイーンデビュー編

posted by ぷらちゃん at 11:26| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする