2019年06月12日

F1速報 2019F1第7戦カナダGP号「痛恨のワンミス トップチェッカーのベッテル、勝利を失う」明日6月13日発売日!



F1速報 2019年第7戦カナダGP号

F1速報 2019年 第7戦カナダGP号

    明日6月13日(木)発売日!

「痛恨のワンミス」

トップチェッカーのベッテル、勝利を失う
ペナルティ裁定後ハミルトンを離せず

    予約受付中☆

91Sg24VyqHL.jpg

表紙は トップチェッカーを受けながら5秒ペナルティーで
2位のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)と
観客からブーイングを受けるルイス・ハミルトン(メルセデス)

下段はポールポジションからトップで走り抜けるセバスチャン・
ベッテル(フェラーリ)スタートシーン
上段右囲みには赤旗で予選Q2敗退を喫したマックス・
フェルスタッペン(レッドブル)

F1速報 2019年 6/27号 第7戦 カナダ GP
御注文はこちらをクリック☆

今直ぐ お急ぎ便で御注文すれば 発売日に届きます!

「痛恨のワンミス」
トップチェッカーのベッテル、勝利を失う
ペナルティ裁定後ハミルトンを離せず

HONDA F1 3台入賞
不運のQ2落ちフェルスタッペン
追い上げるも5位にとどまる

[インタビュー]
ピエール・ガスリー
「苦戦? とんでもない!」

[特集]
“真実”を貫き続けた男
追悼:ニキ・ラウダ

日本時間早朝を震撼させた5秒ペナルティー
全てのインシデントを平等に裁定するのは不可能で有り
今までルーズな裁定が下され続けて来たのだから
メルセデスが勝利を独占しているシーズンでは
レーシングインシデントで見送るのが妥当であり
F1の威厳を維持する選択だったと思います

☞【抗議!】2019F1第7戦カナダGP決勝「消え去るポールトゥウィン重篤な仮想の5秒間机の上で決定した優勝!?」

☞2019F1第7戦カナダGP予選「ベッテル驚異の大逆転!メルセデス連続を阻止し1年振りのポール獲得!☆」

☞2019F1第7戦カナダGP「超高速サーキットでメルセデスを打ち砕くのはフェラーリか?それとも!?」【放送日程】

☞2019F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「ドライバー変更に沸くF1は年間21戦☆熱いシーズンは最終戦12月へ突入!」

☞2019F1GPチーム&ドライバーラインナップ「劇的大シャッフルで下剋上は起きるか!?」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2019年 6/27号 第7戦 カナダ GP


auto sport - オートスポーツ - 2019年 6/21号 No.1508


Racing on - レーシングオン - No. 500 セナと中嶋の時代 (ニューズムック)


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.21


ギャルズパラダイス 2019 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 15:34| 千葉 ☁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

【抗議!】2019F1第7戦カナダGP決勝「消え去るポールトゥウィン重篤な仮想の5秒間机の上で決定した優勝!?」



2019F1第7戦カナダGP決勝

【抗議!】「消え去るポールトゥウィン重篤な仮想の5秒間机の上で決定した優勝!?」

ストップアンドゴーの高速サーキットで速さを魅せ
ポールポジションを獲得したセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)は決勝レースも首位を守ってフィニッシュするが
僅かなミスが審議となりペナルティが科せられた!?

☞2019F1第7戦カナダGP予選「ベッテル驚異の大逆転!メルセデス連続を阻止し1年振りのポール獲得!☆」

ジル・ビルヌーブ・サーキット
4.361km
コーナー数 13 時計回り
決勝 70Laps

モントリオールとの時差は−13時間(サマータイム)

決勝のスタートは現地時間14時10分
(日本時間27時10分)となります

天候 晴れ 気温 28.4℃ 路面温度 51.1℃
湿度 19.1% 風速 2.0m/秒 風向 南南西(参考)
気圧 1019.2hpa 
ドライコンディション

開幕戦からメルセデスの独壇場で7戦目にして初めて
ポールポジションの座がフェラーリに入れ替わった!

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はポールポジション
スタートからトップを走りワンストップとなったタイヤ交換後も
ルイス・ハミルトン(メルセデス)の前をキープしていたが
48ラップ目にハミルトンの追撃からコースをカットして
芝生の上を通過バランスを崩しながらコースへ戻ったが
ルイス・ハミルトンの行き場が失う状態となった

ルイス・ハミルトン(メルセデス)はチームラジオで進路を
妨げられたと訴えると審議対象となり
時間を置いて5秒ペナルティが科され
トップでフィニッシュしたセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)のポールトゥウィンは消え去り
ルイス・ハミルトンが3連勝のシーズン5勝目メルセデスが7戦
を全て優勝している

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はフィニッシュ後
マシンをポディウム前まで移動せずピットまで手押しして
抗議に向い(?)メルセデスのピットを通過し表彰式に向かう

マシンの前に掲げられた順位ボードを44のマシンから1と2を
空車となったスペースに挿げ替えた
いやあベッテル君それは大人気無いよwと思いましたが
表彰式で3位に入ったシャルル・ルクレール(フェラーリ)と
共にシャンパンファイトは行わなかった

恐らく表彰式の手順とボードの移動の件では罰金が科せられると
思われますが リザウトを剥奪される位の講義を行っても
良かったと感じている

年間21戦にも膨らんだF1グランプリの中でメルセデスが
開幕から一人勝ちでタイトル争いは面白味を欠いている中で
やっとフェラーリが元気を魅せてくれて
逆転は厳しいとしても追い上げを楽しめるシーズンになった
筈だったのに

レーススチュアートは5秒ペナルティを科し2019年F1の
残りシーズンを詰まらなくしてしまった

コースオフのミスを犯してしまったのは否めませんが
接触は無かったし回避するためにブレーキングや無理な
ハンドリングを行っていればトップ争いの2台は
大クラッシュに至っていた可能性が有ります!
このペナルティはそちらが正しいと受け止められます

年間21戦のF1をリスペクトするファンが
もうF1は面白く無い 観たく無いと一瞬でも思わせてしまう
重篤な仮想の5秒間だったと感じます

決勝レースのレポートは追記すると思いますが
日本時間の早朝に少しでも共感が得られればとアップしました
同感されたら抗議の拡散お願い致します

☞2019F1第7戦カナダGP「超高速サーキットでメルセデスを打ち砕くのはフェラーリか?それとも!?」【放送日程】

☞2019F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「ドライバー変更に沸くF1は年間21戦☆熱いシーズンは最終戦12月へ突入!」

☞2019F1GPチーム&ドライバーラインナップ「劇的大シャッフルで下剋上は起きるか!?」

2019F1第7戦カナダGP決勝結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  1:29’07.084(70Laps)
2 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  +3.658
3 シャルル・ルクレール   フェラーリ 
  +4.696
4 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +51.043
5 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  +57.655
6 ダニエル・リカルド    ルノー
  +1Lap
7 ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー
  +1Lap
8 ピエール・ガスリー    レッドブル
  +1Lap
9 ランス・ストロール    レーシングポイント
  +1Lap
10ダニール・クビアト    トロロッソ
  +1Lap

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2019年 6/13号 第6戦 モナコ GP + インディ500 号


auto sport - オートスポーツ - 2019年 6/21号 No.1508


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.21


ギャルズパラダイス 2019 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 07:48| 千葉 ☔| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

2019F1第7戦カナダGP予選「ベッテル驚異の大逆転!メルセデス連続を阻止し1年振りのポール獲得!☆」



2019F1第7戦カナダGP予選

「ベッテル驚異の大逆転!メルセデス連続を阻止し1年振りのポール獲得!☆」

壁に激突の大クラッシュ!赤旗でレッドブルホンダの
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が予選Q2敗退
波乱の予選をセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が
開幕から続いたメルセデス連続ポールを阻止した☆

ジル・ビルヌーブ・サーキット
4.361km
コーナー数 13 時計回り
決勝 70Laps

モントリオールとの時差は−13時間(サマータイム)

決勝のスタートは現地時間14時10分
(日本時間27時10分)となります

天候 晴れ 気温 21.6℃ 路面温度 46.9℃
湿度 22% 風速 1.5m/秒 風向 南南東(参考)
気圧 1019.1hpa 
ドライコンディション

メルセデス勢はハイスピードサーキットに合わせスペック2
エンジンを4台のマシンに導入したが予選日午前中のフリー走行
でメルセデスエンジン搭載レーシングポイントのランス・
ストロール(レーシングポイント)のマシン後部から白煙を上げ
炎が上がり不安が過ぎった 

路面の埃が拭われ切れない予選Q1でウッドチャックがコース
サイドに顔を覗かせる中w残念な事にキミ・ライコネン
(アルファロメオ)が2015年のオーストリアGP以来の予選
Q1敗退となった

母国グランプリとなるランス・ストロールはスペック1エンジン
に載せ替えて予選に間に合わせたがQ1敗退となっている

カナダGPに持ち込まれたタイヤはモナコGPと同じく柔らかい
側のC3・C4・C5の3種類
予選Q3に進む10代の決勝スタートタイヤが決まる予選Q2で
トップチームはミディアムタイヤを選択したが
ピエール・ガスリー(レッドブル)はソフトタイヤでQ1進出

しかしマックス・フェルスタッペン(レッドブル)はミディアム
タイヤのアタックでトラフィックに阻まれタイムを刻めず
ソフトタイヤに履き替えてQ2ラストアタックに入ったが
残り時間が無くなると同時にケビン・マグヌッセン(ハース)が
チャンピオンズウォールにリアをヒットさせるとマシンは
弾き飛ばされ反対側の壁に激突する大クラッシュ!
赤旗終了となりマックス・フェルスタッペンは予選Q2敗退と
なってしまった

ホンダパワーはトロロッソホンダの2台も予選Q2敗退となり
ルノーエンジンの4台がシーズン初のQ3進出となった

予選Q3最初のアタックでバルテリ・ボッタス(メルセデス)
がハーフスピンを喫しあわや壁に激突を避けたが予選6位に
留まりピエール・ガスリー(レッドブル)が自己ベストの
予選5位となった

予選Q3ラストアタックはルイス・ハミルトン(メルセデス)
がセクター1・2でベストタイムを刻んで行き
続くセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はセクター1・2を
自己ベスト止まりのタイムでメルセデスの連続ポールポジション
と思われたがセバスチャン・ベッテルはセクター3を驚異の
タイムで駆け抜け大逆転ポールポジション獲得!
昨シーズンドイツGP以来のポールポジション獲得で喜びが
チームラジオから溢れ出していたw

ホンダパワー勢は残念でした決勝レースではピエール・ガスリー
(レッドブル)の活躍とマックス・フェルスタッペン
(レッドブル)の逆襲に期待しましょう♡

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のポールポジションに
シャルル・ルクレール(フェラーリ)の予選3位でフェラーリの
メルセデス大進撃阻止も楽しみに深夜(早朝)の決勝レースを
応援しましょう♡

☞2019F1第7戦カナダGP「超高速サーキットでメルセデスを打ち砕くのはフェラーリか?それとも!?」【放送日程】

☞2019F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「ドライバー変更に沸くF1は年間21戦☆熱いシーズンは最終戦12月へ突入!」

☞2019F1GPチーム&ドライバーラインナップ「劇的大シャッフルで下剋上は起きるか!?」

2019F1第7戦カナダGP予選結果

1 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  1’10.240
2 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1’10.446
3 シャルル・ルクレール   フェラーリ
  1’10.920
4 ダニエル・リカルド    ルノー
  1’11.071
5 ピエール・ガスリー    レッドブル
  1’11.079
6 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  1’11.101
7 ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー
  1’11.324
8 ランド・ノリス      マクラーレン
  1’11.863
9 カルロス・サインツjr  マクラーレン
  1’13.981
10ケビン・マグヌッセン   ハース
  DNS

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2019年 6/13号 第6戦 モナコ GP + インディ500 号


auto sport - オートスポーツ - 2019年 6/21号 No.1508


RALLY PLUS - ラリープラス - vol.21


ギャルズパラダイス 2019 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (サンエイムック)

posted by ぷらちゃん at 19:52| 千葉 ☁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする