2017年08月31日

2017スーパーGT第6戦 鈴鹿1000KM 総集編「マシンと体が精根尽き果てた最後の鈴鹿1000キロ!☆」【動画】



2017SUPER GT 第6戦 鈴鹿1000KM 総集編

「最後の鈴鹿1000KM!」感動と思い出をありがとう

2017 AUTOBACS SUPER GT Round6
46TH INTERNATIONAL SUZUKA 1000KM
SUZUKA CIRCUIT
2017.8.26 sat− 27 sun

suzuka1000.jpg


2017 AUTOBACS SUPER GT Round 6
第46回 インターナショナル SUZUKA 1000km
GT300#25


2017 AUTOBACS SUPER GT Round 6

「最後の鈴鹿1000KM」やはりドラマが凝縮されていました☆
サーキット観戦だとリアルタイムで何が起きているか解らない
ことが多いのですがwやっぱり鈴鹿で感動を分かち合いたかったな

中嶋レーシング10年ぶりの優勝が「最後の鈴鹿1000KM」
ですよ☆
独走しちゃうのかなと思わせたKEIHIN NSX−GT 17号車
やはり1000kmは一筋縄では行かなかった
それでもGT500クラスは全車完走扱いだから凄いですよね☆

脱水症状の山本尚貴選手とタイヤが限界だった平手晃平選手の
バトルも後からジワジワ来るモノがありますよね

終盤2位走行中のVivaC 86 MC 25号車の
横転クラッシュはショッキングでしたね
松井孝允選手の怪我が無くて良かったです
マシンの外装は激しく壊れてしまいましたがモノコックは
無事だった様でタイ海外戦の船積みまでに急ピッチで
復旧作業が行われている様です

IMG_7170t.jpg

来シーズンは第5戦の富士スピードウェイが500マイル
約800kmのレースになります!
「最後の鈴鹿1000KM」の伝統を引き継ぐ
激戦を期待したいと思います♡

☞2017スーパーGT第6戦 鈴鹿1000KM 300クラス予選「快挙!マザーシャシー86トップ3独占!☆」

☞2017スーパーGT第6戦 鈴鹿1000KM 500クラス予選「神懸かり!コースレコードJPポール獲得!☆」

☞2017スーパーGT第6戦 鈴鹿1000KM 300クラス決勝「VivaC86最終スティント表彰台を目前に横転クラッシュ!☆」


☞2017スーパーGT第6戦 鈴鹿1000KM 500クラス決勝「エプソン中嶋レーシング10年振りGT優勝で幕を降ろす!☆」


☞2017スーパーGT第6戦 鈴鹿1000KM「最後の鈴鹿1000キロバトンと可夢偉も参戦!☆」【放送日程】

IMG_8103h.jpg


Super GT 2017 Rd.6(Suzuka) Race Day Digest
(日産自動車株式会社)


Super GT 2017 Rd.6(Suzuka) Qualify Day Digest
(日産自動車株式会社)


SUBARU BRZ GT300 2017 SUPER GT Rd.6
鈴鹿サーキット 決勝ダイジェスト
(SUBARU On―Tube)


SUBARU BRZ GT300 2017 SUPER GT Rd.6
鈴鹿サーキット 予選ダイジェスト
(SUBARU On―Tube)


IMG_7180t.jpg


※掲載写真はサイト管理者撮影による富士スピードウェイの
 画像です 無断転載等はご遠慮願います

2017 SUPER GT 第6戦 SUZUKA 1000KM GT500 決勝結果

1 64 Epson Modulo NSX−GT
     5:51’16.244(171Laps)
2 23 MOTUL AUTECH GT−R
     +12.150
3 100RAYBRIG NSX−GT
     +15.737
4 19 WedsSport ADVAN LC500
     +32.852
5 24 フォーラムエンジニアリングADVAN GT−R
     +34.089
6 37 KeePer TOM’S LC500
     +36.330
7  6 WAKO’S 4CR LC500
     +37.012
8  8 ARTA NSX−GT
     +1’58.410
9 36 au TOM’S LC500
     +1Lap
1038 ZENT CERUMO LC500
     +2Laps
1112 カルソニック IMPUL GT−R
     +2Laps
1216 MOTUL MUGEN NSX−GT
     +2Laps
13 1 DENSO KOBELCO SARD LC500
     +3Laps
1446 S Road CRAFTSPORTS GT−R
     +16Laps
1517 KEIHIN NSX−GT
     +25Laps

2017 SUPER GT 第6戦 SUZUKA 1000KM GT300 決勝結果

1 65 LEON CVSTOS AMG
     5:51’17.191(158Laps)
2 88 マネパ ランボルギーニ GT3
     +36.319
3 87 ショップチャンネル ランボルギーニ GT3
     +36.959
4 60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
     +39.463
5 10 GAINER TANAX triple A GT‐R
     +39.517
6 51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3
     +40.722
7 61 SUBARU BRZ R&D SPORT
     +43.128
8  9 GULF NAC PORSCHE 911
     +1’01.393
9 11 GAINER TANAX AMG GT3
     +1’11.676
1033 D’station Porsche
     +1’18.273

☞2017スーパーGT第5戦 富士GT300キロレース総集編「真夏の富士はオレンジに染まった!☆」【動画】

☞恒例!「2017スーパーGT第5戦富士GT300キロ☆スタートグリッド写真集☆」GT500編

☞2017SUPER GTスケジュール「オートポリス復活に最後の鈴鹿1000km」

☞SUPER GT公式HP

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


AUTO SPORT 2017年 9/8号 No.1463


F1速報 2017年 9/7号 第12戦ベルギーGP


2017 SUPER GT オフィシャル DVD vol.2 (<DVD>)


2017 スーパーGT公式ガイドブック


ギャルズパラダイス 2017 レースクイーンデビュー編

posted by ぷらちゃん at 16:37| 千葉 ☔| Comment(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

2017スーパーGT第6戦 鈴鹿1000KM 300クラス決勝「VivaC86最終スティント表彰台を目前に横転クラッシュ!☆」



2017 SUPER GT 第6戦 鈴鹿1000KM 決勝

スーパーGT真夏の3連戦!最後を飾るのは
これで観納め「最後の鈴鹿1000KM!」

2017 AUTOBACS SUPER GT Round6
46TH INTERNATIONAL SUZUKA 1000KM
SUZUKA CIRCUIT
2017.8.26 sat− 27 sun

天候 晴れ 気温 30℃ 路面温度 47℃
湿度 51% 風速 1.3m/秒 風向 東南東(参考)
気圧 1015.4hpa
ドライコンディション

トップドライバーの参戦でGT500クラスに注目が
集まったが GT300クラスではウエイトハンディを
跳ね除けた予選リザルトから決勝ではトップグループに
相次ぐアクシデントで波乱の展開となった!

☞2017スーパーGT第6戦 鈴鹿1000KM 300クラス予選「快挙!マザーシャシー86トップ3独占!☆」

スタートグリッド先頭から3台をマザーシャシーの86が
独占する中で一時トップを走行していた
UPGARAGE BANDOH 86 18号車だったが
セーフティーカー導入のピットレーン閉鎖中にペナルティ
覚悟のピットイン!一度ガレージにマシンを収めた

ARTA BMW M6 GT3 55号車がピットロードに
入る直前にプッシュされてしまいスピンクラッシュ!

TOYOTA PRIUS apr GT 31号車は
130Rでマシンコントロールを失いバリアに激突クラッシュ!

ウエイトハンディも有りトップは奪われてしまったが
2位完走へ向けて走行していたVivaC 86 MC
25号車がマシンを横転させてバリアに激突!
松井孝允選手は自力でマシンを降りた模様

第1スティントを1ラップ消化で終了しピットイン
混雑を避けタイヤと燃費の温存を強いられる作戦で
長い1000kmの祭儀にはトップに躍り出た
LEON CVSTOS AMG 65号車が
最後の鈴鹿1000KM GT300クラス優勝!

IMG_7180t.jpg

我らがマネパ ランボルギーニ GT3 88号車
織戸学選手も大きなトラブル無く走り切り
応援の甲斐あってw2位表彰台となった♡
スパークリングファイトでは美味しそうに
一気飲みする姿が印象的でした

※掲載写真はサイト管理者撮影による富士スピードウェイの
 画像です 無断転載等はご遠慮願います

☞2017スーパーGT第6戦 鈴鹿1000KM 500クラス決勝「エプソン中嶋レーシング10年振りGT優勝で幕を降ろす!☆」

☞2017スーパーGT第6戦 鈴鹿1000KM 500クラス予選「神懸かり!コースレコードJPポール獲得!☆」

☞2017スーパーGT第6戦 鈴鹿1000KM「最後の鈴鹿1000キロバトンと可夢偉も参戦!☆」【放送日程】

☞2017SUPER GTスケジュール「オートポリス復活に最後の鈴鹿1000km」

2017 SUPER GT 第6戦 SUZUKA 1000KM GT300 決勝結果

1 65 LEON CVSTOS AMG
     5:51’17.191(158Laps)
2 88 マネパ ランボルギーニ GT3
     +36.319
3 87 ショップチャンネル ランボルギーニ GT3
     +36.959
4 60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
     +39.463
5 10 GAINER TANAX triple A GT‐R
     +39.517
6 51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3
     +40.722
7 61 SUBARU BRZ R&D SPORT
     +43.128
8  9 GULF NAC PORSCHE 911
     +1’01.393
9 11 GAINER TANAX AMG GT3
     +1’11.676
1033 D’station Porsche
     +1’18.273

☞鈴鹿サーキット WEBサイト

☞SUPER GT公式HP

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


AUTO SPORT 2017年 9/8号 No.1463


F1速報 2017年 8/31号 第11戦ハンガリーGP


2017 SUPER GT オフィシャル DVD vol.2 (<DVD>)


2017 スーパーGT公式ガイドブック


ギャルズパラダイス 2017 レースクイーンデビュー編

posted by ぷらちゃん at 14:24| 千葉 ☁| Comment(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

2017スーパーGT第6戦 鈴鹿1000KM 500クラス決勝「エプソン中嶋レーシング10年振りGT優勝で幕を降ろす!☆」



2017 SUPER GT 第6戦 鈴鹿1000KM 決勝

スーパーGT真夏の3連戦!最後を飾るのは
これで観納め「最後の鈴鹿1000KM!」

2017 AUTOBACS SUPER GT Round6
46TH INTERNATIONAL SUZUKA 1000KM
SUZUKA CIRCUIT
2017.8.26 sat− 27 sun

天候 晴れ 気温 30℃ 路面温度 47℃
湿度 51% 風速 1.3m/秒 風向 東南東(参考)
気圧 1015.4hpa
ドライコンディション

「鈴鹿1000KM」はやはりドラマが詰まっていました☆

序盤からトップに立ったKEIHIN NSX−GT 17号車が
リードを広げ2度に渡るセーフティーカー導入でリードが帳消しに
なっても更にトップを独走して1000kmを逃げ切ってしまうと
思われました

3ワイドでエスケープゾーンに挟まれてしまいリアウイングを含む
パーツを吹き飛ばしてしまったのは
S Road CRAFTSPORTS GT−R 46号車
千代勝正選手

ジェンソン・バトンに交代したMOTUL MUGEN NSX−GT
16号車だったが リリースで300クラスマシンと交錯!
ドライブスルーペナルティが課された

レクサス3台のバトルではZENT CERUMO LC500
38号車 立川祐路選手がスピン!
コースオフするもグラベルで止まらず絶妙にバリアにも当たらず
コースに復帰

MOTUL AUTECH GT−R 23号車が松田次生選手に
交代するとここでもアンセーフリリース!
しかし裁定が遅れセーフティーカー導入後の間隔が縮まった所で
ドライブスルーペナルティが課され順位を落としてしまう

au TOM’S LC500 36号車 ジェームス・ロシター選手
をカルソニック IMPUL GT−R 12号車ヤン・マーデンボロー
選手がプッシュ au TOM’S36号車はグラベルに止まって
しまうがFROが救出 カルソニック12号車にもダメージが有り
オレンジボールが出される 更にドライブスルーペナルティが課される

4度目のピットイン ドライバー交代が終わるとトップに躍り出たのは
Epson Modulo NSX−GT 64号車 ベルトラン・
バゲット選手

MOTUL AUTECH GT−R 23号車ロニー・クインタレッリ
選手も逆襲!順位を挽回して行く

最後のピットインを目前にトップを奪い返そうとしていた
KEIHIN NSX−GT 17号車 塚越広大選手だったが
左リアタイヤがバースト!
リアカウルを破壊しながらコースアウトしバリアにも激突!
リアウイングも吹き飛ばし万事休す

RAYBRIG NSX−GT 100号車の追い上げを
抑えていたDENSO KOBELCO SARD LC500
平手晃平選手だったが3位の座を明け渡すと
タイヤを使い切ったか コースオフしバリアにマシンを突き刺す 

RAYBRIG NSX−GT 100号車の山本尚貴選手は
各スティントで激しい追い上げを魅せ3位でフィニッシュするも
脱水症状で表彰台には遅れて登壇した

Epson Modulo NSX−GT 64号車 松浦孝亮選手
が逃げ切って 中嶋レーシングに10年振りのGT優勝を
最後の鈴鹿1000KMで捧げた!☆

IMG_8103h.jpg

※掲載写真はサイト管理者撮影による富士スピードウェイの
 画像です 無断転載等はご遠慮願います

☞2017スーパーGT第6戦 鈴鹿1000KM 500クラス予選「神懸かり!コースレコードJPポール獲得!☆」

☞2017スーパーGT第6戦 鈴鹿1000KM「最後の鈴鹿1000キロバトンと可夢偉も参戦!☆」【放送日程】

☞2017SUPER GTスケジュール「オートポリス復活に最後の鈴鹿1000km」

2017 SUPER GT 第6戦 SUZUKA 1000KM GT500 決勝結果

1 64 Epson Modulo NSX−GT
     5:51’16.244(171Laps)
2 23 MOTUL AUTECH GT−R
     +12.150
3 100RAYBRIG NSX−GT
     +15.737
4 19 WedsSport ADVAN LC500
     +32.852
5 24 フォーラムエンジニアリングADVAN GT−R
     +34.089
6 37 KeePer TOM’S LC500
     +36.330
7  6 WAKO’S 4CR LC500
     +37.012
8  8 ARTA NSX−GT
     +1’58.410
9 36 au TOM’S LC500
     +1Lap
1038 ZENT CERUMO LC500
     +2Laps
1112 カルソニック IMPUL GT−R
     +2Laps
1216 MOTUL MUGEN NSX−GT
     +2Laps
13 1 DENSO KOBELCO SARD LC500
     +3Laps
1446 S Road CRAFTSPORTS GT−R
     +16Laps
1517 KEIHIN NSX−GT
     +25Laps

☞鈴鹿サーキット WEBサイト

☞SUPER GT公式HP

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


AUTO SPORT 2017年 9/8号 No.1463


F1速報 2017年 8/31号 第11戦ハンガリーGP


2017 SUPER GT オフィシャル DVD vol.2 (<DVD>)


2017 スーパーGT公式ガイドブック


ギャルズパラダイス 2017 レースクイーンデビュー編

posted by ぷらちゃん at 01:56| 千葉 ☁| Comment(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする