2017年10月31日

WRC(世界ラリー選手権)2017第12戦ラリー・グレートブリテン(イギリス)DAY4「出身地ウェールズでエバンスが独走!WRC初優勝を飾る☆」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2017第12戦ラリー・グレートブリテンDAY4

「出身地ウェールズでエバンスが独走!WRC初優勝を飾る☆」

WRC(世界ラリー選手権)ウェールズ・ラリー・GB
雨と霧 泥に塗れた4日間
英国人の新しいウイナーと今年のチャンピオンが決定した☆

WRC 世界ラリー選手権 2017
第12戦 ウェールズ・ラリー・グレートブリテン(イギリス)

総走行距離:1470.35km
総ステージ走行距離:306.98km
SS数:20

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第12戦ラリー・グレートブリテン(イギリス)DAY1・2「地元英国人エバンス初勝利に向け絶好調!☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第12戦ラリー・グレートブリテン(イギリス)DAY3「3輪ブレーキでナイトステージに臨むオジェ!☆」【動画】


WRC - Dayinsure Wales Rally GB 2017: Highlights Stages 15-18


WRC - Dayinsure Wales Rally GB 2017: Highlights SS18


WRC - Dayinsure Wales Rally GB 2017: Highlights Stages 19-21

ウェールズ・ラリー・グレートブリテン(イギリス)最終日
残されたステージは5つのSS合計41.17km
短い距離だが二人のドライバーにとっては長い一日となった

今までプライベーターに供給されていたDMACKタイヤが
ウェールズの泥のステージにマッチングし過ぎて
地元英国人ドライバーが築いた53秒のアドバンテージは
最早チャンピオンドライバーでさえもタイヤの違いを
認めざるを得なかった

6位に後退してしまったオット・タナク(Mスポーツ)は
セバスチャン・オジェ(Mスポーツ)と同じチームも有り
チャンピオンに僅かの望みを懸けてアタックするのは
ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)だけとなった

セバスチャン・オジェ(Mスポーツ)は確実にフィニッシュ
する為にペースダウン ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)
に2位の座を明け渡す事になり
最終SSのパワーステージの結果でチャンピオンが決定する
か最終戦に持ち越されるかが決まる!

オット・タナク(Mスポーツ)は最終SSの最後に
マシントラブルが発生したかの様なペースコントロールを
行って インタビューではオジェがパワーステージのポイント
を1ポイントでも多く採る為だとあからさまに語ったw

ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)に残されたのは
総合2位とパワーステージでトップの5ポイントだったが
走行順が先のセバスチャン・オジェ(Mスポーツ)が
総合3位とパワーステージでのポイント獲得を確定して
フィニッシュした為に2017シーズンのドライバーズ
タイトルが決定!

セバスチャン・オジェ(Mスポーツ)がマシンとチームが
変わっても5年連続のチャンピオンの座を手にした☆

トヨタGazooレーシング ヤリマティ・ラトバラ
(トヨタ)はパワーステージ3番手タイムを叩き出すも
アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)に逆転を許し
総合5位

ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)は執念とも思える
アタックでパワーステージのトップタイムで幕を閉じた

エルフィン・エバンス(Mスポーツ)は無事にフィニッシュ
した事で地元イギリスの出身地であるウェールズで
WRC(世界ラリー選手権)初優勝を飾った!

余りにもチャンピオン決定にWRC初優勝が埋もれてしまって
いたので記事タイトルは「エバンスWRC初優勝」にしました♡

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第12戦ラリー・グレートブリテン(イギリス)「雨と霧380馬力WRカーが泥に塗れ激走!☆」【放送日程】

☞トヨタGazooレーシングWRC(世界ラリー選手権)参戦2年目に「オット・タナク」起用!☆

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ウェールズ・ラリー・GB 公式サイト

☞WRC 公式サイト

WRC2017 第12戦ラリー・グレートブリテン DAY4
SS21後 総合順位

1 エルフィン・エバンス  (Mスポーツ・フォード)
  2:57’00.6
2 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  +37.3
3 セバスチャン・オジェ  (Mスポーツ・フォード)
  +45.2
4 アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイ)
  +49.8
5 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +50.3
6 オット・タナク     (Mスポーツ・フォード)
  +1’02.3
7 クリス・ミーク     (シトロエン)
  +1’20.5
8 ヘイデン・パッドン   (ヒュンダイ)
  +2’16.3
9 エサペッカ・ラッピ   (トヨタ)
  +2’46.5
10ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +3’50.5

☞WRC(世界ラリー選手権)2017トヨタ復帰ドライバーズラインナップ発表!「ラトバラはマキネンの元チャンピオンへ☆」

☞2017年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「380馬力マシンが世界を駆け巡る!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS -ラリープラス- vol.15


RALLY CARS Vol.18 SUZUKI IGNIS/SWIFT S1600 (サンエイムック)


AUTO SPORT 2017年 11/4号 No.1467


F1速報 2017年 11/2号 第17戦アメリカGP

posted by ぷらちゃん at 17:31| 千葉 ☁| Comment(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: