2017年10月23日

2017F1第17戦アメリカGP決勝「ライコネン表彰台控室でフェルスタッペンをオーバーテイク!☆w」



2017F1第17戦アメリカGP決勝

2017シーズンF1は鈴鹿の日本グランプリを終え
アメリカ大陸へドライバーズタイトルが59ポイント差に広がり
ワールドチャンピオン決定の瞬間もカウントダウンに入る!☆

サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
5.470km
コーナー数 20 反時計回り
決勝 59Laps

オースティンとの時差は−14時間(サマータイム)

天候 晴れ 気温 25℃ 路面温度 35℃
湿度 52% 風速 1.1m/秒 風向 西南西(参考)
気圧 999.8hpa 
ドライコンディション

※気象データは参考ですが正確に近付ける為に
 予告無しに更新する場合が有ります

2017F1第17戦アメリカGP予選「テキサスの風に乗りハミルトン全セクショントップでポール獲得!☆」

2017F1第17戦アメリカGP決勝レース
フロントローに並んだポールポジションのルイス・ハミルトン
(メルセデス)とセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
アジアラウンドで連続してマシントラブルに泣いたセバスチャン
・ベッテルはグリッドに着いた時点でマシンのトラブルを
漂わせていた

息を呑む決勝スタートはセカンドグリッドから直線にインを突いて
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がホールショット!

しかし6ラップ目にルイス・ハミルトン(メルセデス)は
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)をオーバーテイクし
トップを奪い返す

ルイス・ハミルトン(メルセデス)はピットインのコースイン
でセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の前に出るが
追い詰めるものの逆転は出来ず

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はバルテリ・ボッタス
(メルセデス)のピットインに合わせてタイヤ交換
順位を落とし上位が走り切った場合は下位に
しかしバルテリ・ボッタスをオーバーテイクし
3番手のキミ・ライコネン(フェラーリ)には「後ろから
ベッテルが来る」とチーム無線で暗黙のチームオーダー

ファイナルラップにマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
がキミ・ライコネン(フェラーリ)をオーバーテイク!あーっ
3位に滑り込んで久し振りのフェラーリW表彰台が消えた

しかし表彰台の控室に表れたのはキミ・ライコネン(フェラーリ)
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は連れ戻され
控室でのオーバーテイク!wマックス・フェルスタッペンは
インをカットしてコース外走行のオーバーテイクで5秒の
ペナルティが課されてギリギリ順位が戻りました

ルイス・ハミルトン(メルセデス)がF1史上最多タイとなる
50回目のポールトゥウィンでアメリカGP4連覇!☆

メルセデスはアメリカGPでコンストラクターズタイトルの
4連覇を決めた☆

F1デビューとなったブレンドン・ハートレー(トロロッソ)は
13位で完走 ルノーに移籍したカルロス・サインツJr(ルノー)
は7位入賞を果たしルノーチームはカルロス・サインツJrの
移籍前倒しを正解だったと喜んでいる

マクラーレンHONDAとして残り4戦となったフェルナンド
・アロンソ(マクラーレン)は8番グリッドスタートだったが
25ラップ目マシントラブルでリタイア
ストフェル・バンドーン(マクラーレン)は午前中に
パワーユニット不調で交換 グリッド降格は30となり
最後尾からのスタートだったが11位で完走している

ドライバーズタイトルのポイント差は66に広がったが
タイトルの決定は次戦メキシコGP以降に持ち越された

表彰台のインタビューが終わるとNET回線のCSですが
画面が乱れ始め受信状況の不良で録画停止し放送も停止
数分後停電しました 何とも絶妙なタイミングでのトラブル発生!
皆様は台風21号の被害は有りませんでしたか?

2017F1第17戦アメリカGP「台風直撃に備えて生中継観戦対策を!☆」【放送日程】

☞2017F1GPレギュレーション変更点「ダウンフォース増加ラップ5秒短縮!?ガス欠でストップ!?」

☞2017F1GPエントリーリスト「メルセデスにボッタス!引退撤回のマッサ☆バンドーンはカーナンバー2」

☞2017F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「驚異のダウンフォースとワイドタイヤで激戦となる☆」

2017F1第17戦アメリカGP決勝 結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  1:35’50.991(56Laps)
2 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  +10.143
3 キミ・ライコネン     フェラーリ
  +15.779
4 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  +16.768
5 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +34.967
6 エステバン・オコン    フォースインディア
  +1’30.980
7 カルロス・サインツJr  ルノー 
  +1’32.944
8 セルジオ・ペレス     フォースインディア
  +1Lap
9 フェリッペ・マッサ    ウイリアムズ
  +1Lap
10ダニール・クビアト    トロロッソ
  +1Lap

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2017年 10/26号 第16戦日本GP


AUTO SPORT 2017年 11/4号 No.1467


GP CAR STORY Vol.20 Ferrari F1-2000 (SAN-EI MOOK)


F1事件簿30年史 (F1速報25周年記念)


FORMULA 1 file (AUTOSPORT別冊)


RALLY PLUS vol.14


ギャルズパラダイス 2017 トップレースクィーン編

posted by ぷらちゃん at 11:36| 千葉 ☔| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: