2017年10月02日

2017F1第15戦マレーシアGP決勝「チャンピオン獲得への盤石な走りと阻止する執念が交錯!☆」



2017F1第15戦マレーシアGP決勝

19年の歴史に幕を閉じたセパン・インターナショナル
・サーキット マレーシアグランプリ
チャンピオン獲得への盤石な走りと阻止する執念が交錯した
灼熱の戦いが繰り広げられた

セパン・インターナショナル・サーキット
5.543km
コーナー数 15 時計回り
決勝 56Laps

クアラルンプールとの時差は−1時間

天候 曇り 気温 31℃ 路面温度 47℃
湿度 62% 風速 5m/秒 風向 北北西(参考)
気圧 1008.7hpa 
ドライコンディション

最後のマレーシアGPは決勝レース前にスコールが有ったが
コースはドライコンディションまで回復した

前戦シンガポールGPスタート直後のクラッシュで自力での
チャンピオン獲得が無くなったセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)はフリー走行でパワーユニットトラブルから
予選までに4基目のエンジンに載せ替えたが予選Q2でターボ
トラブル発生!予選でラップタイムを刻めず最後尾スタート確定
グリッド降格ペナルティを受け多くのコンポーネントをプールし
リフレッシュされたパワーユニットで最後尾からスタートする

予選2位でフロントローを獲得したキミ・ライコネン(フェラーリ)
はダミーグリッドに向う直前にマシントラブル発生!?
リアカウルを外そうとしたがピットレーン閉鎖まで時間は無く
レコノサンスラップをパワーダウンしながら走りグリッド上での
修復を試みたがピットクルーによってガレージに押し戻されてしまう
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)と同じトラブルだったの
だろうか

フロントローから単独スタートとなったルイス・ハミルトン
(メルセデス)2列目にはレッドブルの2台が並ぶ
レッドブルがルイス・ハミルトンの優勝を阻止し前でフィニッシュ
する事でチャンピオンシップ争いに僅かに望みを残す
一方ルイス・ハミルトン(メルセデス)は完走でポイントを残せば
良い展開が更に楽になった形か

しかし決勝レースがスタートするとソフトタイヤで逆の戦略を採った
最後尾スタートのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は
驚異の大逆襲でスーパーソフトのマシンをオーバーテイクして行く!

先頭では4ラップ目にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が
ルイス・ハミルトン(メルセデス)をオーバーテイクしトップに
ルイス・ハミルトンは無理なブロックをせずに譲った感じも伺える

バルテリ・ボッタス(メルセデス)はセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)をブロックしルイス・ハミルトン(メルセデス)の
タイヤ交換ピットインを援護すると
トップグループのタイヤ交換が一巡した時点でセバスチャン・ベッテル
は4位まで浮上する

昨日二十歳の誕生日を迎えたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)
が体力を消耗し脱水症状を伺わせながら2度目の優勝
2017シーズン5人目の優勝ドライバーとなった☆

シーズン途中のマレーシアGPでF1レースデビューが急遽決定
日本のスーパーフォーミュラ参戦中のピエール・ガスリー
(トロロッソ)は完走を果たし14位フィニッシュ☆

ホンダとの提携が今年限りとなったマクラーレンHONDAは
ストフェル・バンドーン(マクラーレン)はスタート後5位まで
順位を上げる場面もあり自身最高の7位フィニッシュ☆
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)は11位で完走

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は4位でフィニッシュ後
スローダウンラップでランス・ストロール(ウイリアムズ)と
接触 左リアのサスペンションが曲がりタイヤがマシンの上で
横になる程のクラッシュ!審議対象となった
ランス・ストロールのマシンの振り方に問題が有った様に見えるが
次戦鈴鹿GPまで日数も少なく トランスミッション交換とも
なればペナルティが課されセバスチャン・ベッテルには何も良い
事は無い それに最後尾から4位まで大進撃する最高の組み合わせ
になったマシンを傷付けない様に慎重に労わって欲しかったですね

ドイツ人ドライバーパスカル・ウェーレイン(ザウバー)の
サイドポンツーンに横乗りしてメインストレートまで戻って
来たが この行為に制裁が下りない事を祈りますw

次戦は今週末の鈴鹿サーキット日本グランプリとなります
スーパーGT海外戦と重なり更にWRC(世界ラリー選手権)が
開催される嬉し過ぎでとてもハードな週末になりますがw
御一緒に楽しみましょう♡

【速報】2017F1第15戦マレーシアGP予選「フェラーリベッテルピンチ!マシントラブルQ1タイム未計測☆」

2017F1第15戦マレーシアGP「ピエール・ガスリーがトロロッソから急遽参戦決定!☆」【放送日程】

☞2017F1GPレギュレーション変更点「ダウンフォース増加ラップ5秒短縮!?ガス欠でストップ!?」

☞2017F1GPエントリーリスト「メルセデスにボッタス!引退撤回のマッサ☆バンドーンはカーナンバー2」

☞2017F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「驚異のダウンフォースとワイドタイヤで激戦となる☆」

2017F1第15戦マレーシアGP決勝 結果

1 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  1:30’01.290(56Laps)
2 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  +12.770
3 ダニエル・リカルド    レッドブル
  +22.519
4 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  +37.362
5 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +56.021
6 セルジオ・ペレス     フォースインディア
  +1’18.630
7 ストフェル・バンドーン  マクラーレン
  +1Lap
8 ランス・ストロール    ウイリアムズ
  +1Lap
9 フェリッペ・マッサ    ウイリアムズ
  +1Lap
10エステバン・オコン    フォースインディア
  +1Lap

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2017年 10/5号 第14戦 シンガポールGP


AUTO SPORT 2017年 10/6号 No.1465


GP CAR STORY Vol.20 Ferrari F1-2000 (SAN-EI MOOK)


F1事件簿30年史 (F1速報25周年記念)


FORMULA 1 file (AUTOSPORT別冊)


RALLY PLUS vol.14


ギャルズパラダイス 2017 トップレースクィーン編

posted by ぷらちゃん at 13:12| 千葉 ☁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: