2017年09月30日

【速報】2017F1第15戦マレーシアGP予選「フェラーリベッテルピンチ!マシントラブルQ1タイム未計測☆」



2017F1第15戦マレーシアGP予選

19年の歴史に幕を閉じるセパン・インターナショナル
・サーキット マレーシアグランプリ
日本のスーパーフォーミュラ参戦中のピエール・ガスリー
がトロロッソから急遽参戦!

セパン・インターナショナル・サーキット
5.543km
コーナー数 15 時計回り
決勝 56Laps

クアラルンプールとの時差は−1時間

天候 曇り 気温 31℃ 路面温度 47℃
湿度 82% 風速 5m/秒 風向 北北西(参考)
気圧 1008.7hpa 
ドライコンディション

フリー走行からマシンの不調が有ったセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)は予選Q1コースインしたがピットに戻り
残り時間ギリギリのタイムアタックに出る仕草を見せたが
タイム計測される事は無く予選Q1敗退
シンガポールGPでのアクシデントに続いて致命的な結果に

日本のスーパーフォーミュラ参戦中のピエール・ガスリー
(トロロッソ)は予選Q1を8位通過!
Q2はタイム伸ばせずに予選15位

ホンダとの提携が今年限りとなったマクラーレンHONDA
はストフェル・バンドーン(マクラーレン)が予選Q2を9位
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)はトラフィックに
不満を訴えながらもラストアタックでギリギリ10位で
2戦連続2台がQ3進出!

予選Q3ラストアタックはキミ・ライコネン(フェラーリ)
とのバトルとなったがルイス・ハミルトン(メルセデス)が
シーズン9度目通算70回マレーシアGP4連続5回目の
ポールポジションを獲得した

二十歳の誕生日を迎えたマックス・フェルスタッペン
(レッドブル)は予選を3位で飾った☆

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のマシンから降りた
対応を見ると マシントラブルは予選までに解消されずに
パワーユニット交換のペナルティ覚悟で最後尾スタートが
決まっていた様に感じます

2017F1第15戦マレーシアGP「ピエール・ガスリーがトロロッソから急遽参戦決定!☆」【放送日程】

☞2017F1GPレギュレーション変更点「ダウンフォース増加ラップ5秒短縮!?ガス欠でストップ!?」

☞2017F1GPエントリーリスト「メルセデスにボッタス!引退撤回のマッサ☆バンドーンはカーナンバー2」

☞2017F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「驚異のダウンフォースとワイドタイヤで激戦となる☆」

2017F1第15戦マレーシアGP予選 結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1’30.076
2 キミ・ライコネン     フェラーリ
  1’30.121
3 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  1’30.541
4 ダニエル・リカルド    レッドブル
  1’30.595
5 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  1’30.758
6 エステバン・オコン    フォースインディア
  1’31.478
7 ストフェル・バンドーン  マクラーレン
  1’41.582
8 ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー
  1’41.607
9 セルジオ・ペレス     フォースインディア
  1’28.658
10フェルナンド・アロンソ  マクラーレン
  1’41.704

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2017年 10/5号 第14戦 シンガポールGP


AUTO SPORT 2017年 10/6号 No.1465


GP CAR STORY Vol.20 Ferrari F1-2000 (SAN-EI MOOK)


F1事件簿30年史 (F1速報25周年記念)


FORMULA 1 file (AUTOSPORT別冊)


RALLY PLUS vol.14


ギャルズパラダイス 2017 トップレースクィーン編

posted by ぷらちゃん at 19:40| 千葉 ☁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: