2017年09月18日

2017F1第14戦シンガポールGP決勝「フェラーリF1史上初オープニングラップ消滅!」



2017F1第14戦シンガポールGP決勝

シンガポールGP決勝レーススタート直前に降り始める雨
2017シーズンを決定付けてしまうスタートでの複合
クラッシュ!

シンガポール市街地サーキット
5.065km
コーナー数 23 反時計回り
決勝 61Laps

シンガポールとの時差は−1時間

天候 雨/曇り 気温 28℃ 路面温度 32℃
湿度 76% 風速 4m/秒 風向 南南東(参考)
気圧 1010.2hpa 
ウェットコンディション

降水確率100%スタート直前に降り出した雨
スタートグリッド3列目までがインターミディエイト
以降レインタイヤとインターミディエイトの装着が分かれ
濡れた路面でスタートシグナルを待った

シグナルがブラックアウト!フロントロー2番グリッドの
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がやや出遅れると
2列目4番グリッドのキミ・ライコネン(フェラーリ)が
外側からロケットスタートを魅せるが ポールポジションの
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がフェルスタッペンを
牽制してマシンを外側に振ると行き場を失った
フェルスタッペンとライコネンが接触クラッシュ!
キミ・ライコネンのマシンは勢いでセバスチャン・ベッテル
のマシンに激突!
セバスチャン・ベッテルはサイドポンツーンにダメージを負い
ながらトップを走り続ける
キミ・ライコネンとマックス・フェルスタッペンはリタイア
2番手に躍り出たのは不調のメルセデス3列目5番グリッド
からのルイス・ハミルトン(メルセデス)

トップグループの混乱を受けて後続でもクラッシュが続出!
マクラーレンHONDA2台が予選Q3に進出し8番グリッド
からスタートしたフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
が好スタート3番手まで躍り出たのが仇となってクラッシュに
巻き込まれマシンが宙を舞うがコースに復帰し走行を続ける

トップのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がダメージを
避けられずに単独スピン!壁に激突するとフロントノーズを
捥ぎ取られマシンストップ!
フェラーリの2台がオープニングラップで姿を消すのは
F1史上初めての事だと言う

マシンの不調から順位を一つでも上げられればと語っていた
ルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップに立つ

2017シーズン最悪のスタートアクシデントと思われたが
今年のチャンピオンシップを決定付けてしまったとすると
F1史上でも最悪のスタートアクシデントとも言える

その後はレインタイヤ勢がインターミディエイトタイヤに
交換するタイミング 更にはドライタイヤ選択を模索する
展開となるが

ダニール・クビアト(トロロッソ)のフェンス激突
マーカス・エリクソン(ザウバー)のスピンで
3回に渡ってセーフティーカーが導入され
リードを広げる度にルイス・ハミルトン(メルセデス)と
2番手ダニエル・リカルド(レッドブル)との差は消え
ダニエル・リカルドが先にドライタイヤに交換すると
略無傷の3番手でアウトラップし2位の順位を取り戻す

セーフティーカー導入で2時間の枠が使い切られ
58ラップでルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝!
ノーポイントに終わったセバスチャン・ベッテル
(フェラーリ)にドライバーズタイトルポイントで
28ポイントのアドバンテージを獲得した

マクラーレンHONDAはフェルナンド・アロンソ
(マクラーレン)はマシンダメージを隠せずにリタイア
ストフェル・バンドーン(マクラーレン)がシーズンベストの
7位入賞6ポイントを獲得した

カルロス・サインツJr(トロロッソ)が自己最上位4位で
フィニッシュ!ジョリオン・パーマー(ルノー)が6位初入賞
となった

2017シーズンのF1は残り6戦となるが消化試合と
なってしまうのか!?
それとも大どんでん返しのシナリオが待ち受けているのか
日本GP鈴鹿サーキットまで一ヶ月を切った☆

☞2017F1第14戦シンガポールGP予選「アドレナリン噴出!激しい壁走りは異次元の神業!☆」マクラーレンHONDA2台Q3進出!

☞2017F1第14戦シンガポールGP「照明に浮かぶナイトレースてエンジンが鳴き叫ぶ!☆」【放送日程】

☞2017F1GPレギュレーション変更点「ダウンフォース増加ラップ5秒短縮!?ガス欠でストップ!?」

☞2017F1GPエントリーリスト「メルセデスにボッタス!引退撤回のマッサ☆バンドーンはカーナンバー2」

☞2017F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「驚異のダウンフォースとワイドタイヤで激戦となる☆」

2017F1第14戦シンガポールGP決勝 結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  2:03’23.544(58Laps)
2 ダニエル・リカルド    レッドブル
  +4.507
3 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +8.800
4 カルロス・サインツJr  トロロッソ
  +8.800
5 セルジオ・ペレス     フォースインディア
  +25.359
6 ジョリオン・パーマー   ルノー
  +27.259
7 ストフェル・バンドーン  マクラーレン
  +30.388
8 ランス・ストロール    ウイリアムズ
  +41.696
9 ロマン・グロージャン   ハース
  +43.282
10エステバン・オコン    フォースインディア
  +44.795

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2017年 9/21号 第13戦イタリアGP


GP CAR STORY Spesial Edition Lotus 1977-1979 チャップマンの空力革命 (サンエイムック)


AUTO SPORT 2017年 9/22号 No.1464


ギャルズパラダイス 2017 レースクイーンデビュー編

posted by ぷらちゃん at 09:39| 千葉 ☁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: