2017年08月28日

2017F1第12戦ベルギーGP決勝「フォース・インディア亀裂!砕けるウイングと千切れるタイヤ☆」



2017F1第12戦ベルギーGP予選

F1カレンダー最長且つ高速コーナーサーキットは
高低差100mにスパウェザーが牙を剥く!

スパ・フランコルシャン・サーキット
7.004km
コーナー数 19 時計回り
決勝 44Laps

ベルギーとの時差は−7時間(サマータイム)

天候 晴れ時々曇り 気温 22℃ 路面温度 34℃
湿度 59% 風速 1.0m/秒 風向 北北西(参考)
気圧 1011.7hpa 
ドライコンディション

スパウェザーの洗礼は無くドライコンディションで
決勝レースを迎え
フロントローにはルイス・ハミルトン(メルセデス)と
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が並び緊張が走る!

☞2017F1第12戦ベルギーGP予選「ハミルトン68回目ポール獲得!シューマッハの記録に並ぶ☆」

繰り上げで10番グリッドからスタートのフェルナンド・
アロンソ(マクラーレン)はスタートで7番手まで順位を
上げるが パワー不足を訴えながら順位を落とし
アロンソの意思でリタイアを選択する

トップの二人より一触即発状態だったのはフォース・インディア
のセルジオ・ペレスとエステバン・オコンだったが
オールージュを下る直前にペレスがオコンをブロックする為に
壁に寄り接触!オコンのフロントウイングは砕け散り
ペレスの右リアタイヤは切り裂かれホイールから外れ暴走!
セーフティーカー導入となった

セーフティーカー先導のスタートでは再び緊張が走る!
ルイス・ハミルトン(メルセデス)ソフトタイヤに対して
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)スーパーソフト!
接近戦が勃発するがセーフティーカー明けの2ラップは
DRSが使用出来ずにベッテルも苦戦する

ルイス・ハミルトン(メルセデス)が逃げ切って
ポールトゥウィン!F1200戦目を優勝で飾った☆

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)も逆転は無かったが
決勝レースの戦いに満足した雰囲気だった

☞2017F1第12戦ベルギーGP「夏休み明けオールージュで目覚めよ!☆」【放送日程】

☞2017F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「驚異のダウンフォースとワイドタイヤで激戦となる☆」

2017F1第12戦ベルギーGP決勝 結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  1:24’42.820
2 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  +2.358
3 ダニエル・リカルド    レッドブル
  +10.791
4 キミ・ライコネン     フェラーリ
  +14.471
5 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  +16.456
6 ニコ・ヒュルケンベルグ  ルノー
  +28.087
7 ロマン・グロージャン   ハース
  +31.553
8 フェリッペ・マッサ    ウイリアムズ
  +36.649
9 エステバン・オコン    フォースインディア
  +38.154
10カルロス・サインツJr  トロロッソ
  +39.447

☞Formula1レジスタードマーク The Official

☞2017F1GPレギュレーション変更点「ダウンフォース増加ラップ5秒短縮!?ガス欠でストップ!?」

☞2017F1GPエントリーリスト「メルセデスにボッタス!引退撤回のマッサ☆バンドーンはカーナンバー2」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2017年 8/31号 第11戦ハンガリーGP


GP CAR STORY Vol.20 Ferrari F1-2000 (SAN-EI MOOK)


F1事件簿30年史 (F1速報25周年記念)


FORMULA 1 file (AUTOSPORT別冊)


AUTO SPORT 2017年 9/8号 No.1463


RALLY PLUS vol.14


ギャルズパラダイス 2017 レースクイーンデビュー編

posted by ぷらちゃん at 11:02| 千葉 ☁| Comment(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: