2017年08月22日

2017スーパーフォーミュラ第4戦ツインリンクもてぎ総集編「F1への登竜門!ピエール・ガスリー初優勝☆」【動画】



SUPER FORMULA Rd.4 TWIN RING MOTEGI

2017スーパーフォーミュラ第4戦ツインリンクもてぎ
豪雨と落雷により予選Q1はアタックできないまま終了し
Q2Q3が日曜日の午前中にディレイされる大波乱!

決勝レースは新ソフトタイヤ導入の2スペックタイヤ制の
チーム戦略が見事に分裂し激しいオーバーテイクが
繰り広げられる素晴らしい日本のトップフォーミュラレース
となりました

2017 SUPER FORMULA Rd.4

TWIN RING MOTEGI

8.19 SAT  8.20 SUN


予選Q1

☞2017スーパーフォーミュラ第4戦ツインリンクもてぎ予選「予選開始直後豪雨!近藤采配でワンツー☆ 」

大波乱の予選でQ3に進出した8名のドライバーは
誰がトップになっても今シーズン初のポールポジション!
雨の予選Q1でもチーム戦略で2位のリザルトを刻んだ
山下健太選手が堂々のポールポジションを獲得した!

☞2017スーパーフォーミュラ第4戦ツインリンクもてぎ予選「正真正銘ルーキー4戦目山下健太ドライでも初ポール!☆ 」


山下健太 予選オンボード


予選Q2・Q3

2017スーパーフォーミュラ
第4戦 ツインリンクもてぎ 予選 Q3結果

1  4 山下健太        1’32.030
2 18 小林可夢偉       1’32.105
3 40 野尻智紀        1’32.112
4 15 ピエール・ガスリー   1’32.129
5  3 ニック・キャシディ   1’32.171
6  7 フェリックス・ローゼンクヴィスト1’32.264
7 41 伊沢拓也        1’32.360
8 64 中嶋大祐        1’32.721

☞2017スーパーフォーミュラ第4戦ツインリンクもてぎ決勝「初優勝目前!41秒リードの小林可夢偉に悲劇が!? 」

2種類のタイヤを使用する義務が有る決勝レースは
スタートタイヤの選択が真っ二つに割れ
グリッドトップ3は真ソフトタイヤスタート
その中でも小林可夢偉選手が最高のスタートを決め
スーパーフォーミュラでの初優勝が濃厚に思われた
ピット作業で痛恨のタイムロス!


決勝ハイライト

※動画追加しました お待たせして申し訳ございません

昨シーズンGP2チャンピオンでレッドブルの
スポンサーと共にスーパーフォーミュラへ参戦した
ピエール・ガスリー選手がミディアムタイヤスタートで
スーパーフォーミュラ初優勝を逆転で飾った!☆

石浦宏明選手のタイヤマネージメントでの逆襲や
塚越広大選手の2ストップ作戦等
今後のスーパーフォーミュラが最高に盛り上がりそうな
期待が膨らむツインリンクもてぎ戦でした☆

2017スーパーフォーミュラ
第4戦 ツインリンクもてぎ 決勝 結果

1 15 ピエール・ガスリー   1:24’26.817
2 18 小林可夢偉       +18.583
3  7 フェリックス・ローゼンクヴィスト+19.507
4  2 石浦宏明        +20.195
5  3 ニック・キャシディ   +26.089
6  4 山下健太        +39.339
7 36 アンドレ・ロッテラー  +40.898
8 40 野尻智紀        +47.104

☞2017スーパーフォーミュラ第4戦ツインリンクもてぎ「新ソフトタイヤ導入!天候も絡んだ頭脳戦に!? 」【放送日程】

☞2017「全日本スーパーフォーミュラ選手権」開催スケジュール【日程】BSフジ全レース決勝生中継!

☞SUPER FORMULA Official Website

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


AUTO SPORT 2017年 8/25号 No.1462


F1速報 2017年 8/31号 第11戦ハンガリーGP


2017 SUPER GT オフィシャル DVD vol.1


2017 スーパーGT公式ガイドブック


ギャルズパラダイス 2017 レースクイーンデビュー編

posted by ぷらちゃん at 19:17| 千葉 ☁| Comment(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: