2017年07月11日

2017F1第9戦オーストリアGP決勝「1000分の1秒フライングギリギリでボッタス初ポールトゥウィン!☆」



2017F1第9戦オーストリアGP決勝

2017F1第9戦オーストリアGP決勝レース

スタートはバルテリ・ボッタス(メルセデス)が肉眼では
フライングしたのでは無いかと思われる好スタート!
審議となったがレギュレーション上では1000分の1秒
で対象外!恐ろしい動体視力と身体能力!?それとも幸運?

レッドブル・リンク
4.318km
コーナー数 10 時計回り
決勝 71Laps

オーストリアとの時差は−7時間(サマータイム)

天候 晴れ時々曇り 気温 28℃ 路面温度 48℃
湿度 28% 風速 1m/秒 風向 西北西(参考)
気圧 993.9hpa 
ドライコンディション

スタート直後の接触アクシデントでレッドブル・リンクの
スタンドをオランダカラーオレンジ色に染めたマックス・
フェルスタッペン(レッドブル)とマクラーレンHONDA
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)がスピンを喫し
マシンを止めた

ギアボックス交換で5グリッド降格8番グリッドから
予選10位以内でQ2最速のタイヤ使用スタート義務の中で
唯一ワンランク固めのスーパーソフトタイヤスタートの
ルイス・ハミルトン(メルセデス)が徐々に順位を上げて行く

レース中は大きなアクシデントも無くセーフティーカーも
入らないレースは燃費的にはギリギリとなる
高い路面温度のコースはタイヤにもブリスターが発生している

雨も心配されたが終盤にウエザークルーから降って来るとの
情報が入ったがドライコンディションでファイナルラップを
迎えた

ファイナルラップでのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が
逆転優勝を狙うトップ争いとルイス・ハミルトン(メルセデス)が
表彰台まで追い上げる3位争いは白熱のバトルでしたが
何れもオーバーテイクを許しませんでした

バルテリ・ボッタス(メルセデス)が初のポールトゥウィンで
2回目の優勝!

☞2017F1第9戦オーストリアGP予選「高低差の複雑コーナーに潜む黄色いカマボコの餌食!?☆」

☞2017F1第9戦オーストリアGP「標高差と超高速コーナーサーキットで真のバトル!☆」【放送日程】

☞2017F1GPレギュレーション変更点「ダウンフォース増加ラップ5秒短縮!?ガス欠でストップ!?」

☞2017F1GPエントリーリスト「メルセデスにボッタス!引退撤回のマッサ☆バンドーンはカーナンバー2」

☞2017F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「驚異のダウンフォースとワイドタイヤで激戦となる☆」

2017F1第9戦オーストリアGP決勝 結果

1 バルテリ・ボッタス    メルセデス
  1:21’48.523
2 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  +0.658
3 ダニエル・リカルド    レッドブル
  +6.012
4 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  +7.430
5 キミ・ライコネン     フェラーリ
  +20.370
6 ロマン・グロージャン   ハース
  +1’13.160
7 セルジオ・ペレス     フォースインディア
  +1Lap
8 エステバン・オコン    フォースインディア
  +1Lap
9 フェリッペ・マッサ    ウイリアムズ
  +1Lap
10ランス・ストロール    ウイリアムズ
  +1Lap

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2017年 7/13号 第8戦アゼルバイジャンGP


GP CAR STORY Vol.20 Ferrari F1-2000 (SAN-EI MOOK)


F1事件簿30年史 (F1速報25周年記念)


FORMULA 1 file (AUTOSPORT別冊)


AUTO SPORT 2017年 7/21号 No.1460


RALLY PLUS vol.14


ギャルズパラダイス 2017 レースクイーンデビュー編

posted by ぷらちゃん at 17:51| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック