2017年06月30日

WRC(世界ラリー選手権)2017第8戦ラリー・ポーランドDAY1「雷雨でセレモニー中止!不振のチャンピオンに恵みの雨となるか!?」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2017第8戦ラリー・ポーランドDAY1

WRC(世界ラリー選手権)2017第8戦
74回目を数える伝統のラリー・ポーランド

木曜日に予定されていたセレモニアルスタートが
キャンセルになる程の雷雨となったが
SS1のスーパースペシャルステージが始まるまでに
雨は止み 路面はウェットコンディションで幕を開けた☆

WRC 世界ラリー選手権 2017
第8戦 ラリー・ポーランド

総走行距離:1422.63km
総ステージ走行距離:326.64km
SS数:23


ORLEN 74th Rally Poland 2017: Shakedown Highlights


Rally Poland 2017: Shakedown ONBOARD Latvala


Rally Poland 2017: Shakedown ONBOARD Ogier

ラリーは本番前のテスト走行となるシェイクダウンで始まります

正確にはその前にコドライバー(ナビゲーター)が読み上げる
コースの詳細をペースノートに纏めるレッキという作業から
始めますがこの時点ではラリーを戦うWRカーは使用されません



2台並走のスーパーSS(SS1)はまだ公式の動画がアップ
されていないので「Enduro Justin Poland」
さんの動画を掲載しました

スーパーSS(SS1)はアスファルトとグラベルのミックス
路面で2.5kmの短いステージでしたがエルフィン・エバンス
(Mスポーツ・フォード)が0.8秒の差を付けてトップタイム!

金曜日のステージも雨が予想されウェットコンディションの
ステージで スタート順が早いマシンに不利となる路面の
掃除役から解放され 苦戦が続いているチャンピオン
セバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)に
有利に働くのでしょうか!?

サービスパーク:ラリー期間中制限時間内に整備を行う拠点
のWEB配信(無料)も始まっています♡

Servicepark Live
http://www.wrc.com/en/wrc/livecenter/page/4175----.html
サービスパークから生配信!
※緑の帯「Servicepark Live」をクリックして下さい

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリー・ポーランド 公式サイト

☞WRC 公式サイト

WRC2017 第8戦ラリー・ポーランド DAY 1
SS1後 総合順位

1 エルフィン・エバンス  (Mスポーツ・フォード)
  1’44.4
2 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)    
  +0.8
3 セバスチャン・オジェ  (Mスポーツ・フォード)
  +0.9
4 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +1.3
5 オット・タナク     (Mスポーツ・フォード)
  +1.4
6 エサペッカ・ラッピ   (トヨタ)
  +1.5
7 ヘイデン・パッドン   (ヒュンダイ)
  +1.5
8 ステファン・ルフェーブル(シトロエン)
  +1.5  
9 アンドレアス・ミケルセン(シトロエン)
  +1.6
10ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +1.8

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第8戦ラリー・ポーランド「トヨタと相性が良い超高速グラベル!☆」【放送日程】

☞WRC(世界ラリー選手権)2017トヨタ復帰ドライバーズラインナップ発表!「ラトバラはマキネンの元チャンピオンへ☆」

☞2017年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「380馬力マシンが世界を駆け巡る!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS vol.14


AUTO SPORT 2017年 7/7号 No.1459


F1速報 2017年 7/13号 第8戦アゼルバイジャンGP


2017 スーパーGT公式ガイドブック


ギャルズパラダイス 2017 レースクイーンデビュー編



posted by ぷらちゃん at 15:16| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック