2017年06月19日

ル・マン24時間(WEC世界耐久選手権2017第3戦)決勝「大波乱!独走首位のポルシェもストップ?」





WEC世界耐久選手権2017第3戦ル・マン24時間

日本時間日曜日の朝ル・マン24時間深夜に
トヨタを相次いで襲ったアクシデント
小林可夢偉がドライビング中の7号車がセーフティーカー
解除後にレーシングモードに入らずピットへも戻れず
直後に9号車も接触からバーストし出火を伴いリタイア
残るはマシントラブルから2時間のピット作業を要した
中嶋一貴の8号車のみとなった

LMP1ハイブリッドはポルシェ1号車が単独独走となり
1時間のピットストップでポルシェ2号車が2番手
続いてトヨタ8号車の3台のみとなり
残りの12時間 完走を祈るばかりだった


TOYOTA GAZOO Racing highlights from the 2017 Le Mans 24 Hours.

残り4時間となったところで望んでいない出来事が
快走を続けていたポルシェ1号車がスローダウン!
ドライバーはアンドレ・ロッテラーだ
無線から流れる聞きなれた声が虚しく響いた

トヨタの7号車9号車ポルシェ1号車何れも第1コーナー
付近でのトラブル発生!13キロのコースを周回して
ピットまで戻って来ることが出来ずにリタイアとなった


24 Hours of Le Mans − FULL RACE HIGHLIGHTS

クラス首位となったポルシェ2号車は総合トップの
LMP2クラスマシンまで3ラップ遅れだったが
残り1時間LMP2クラストップに追い付き
ル・マン24時間のフィニッシュを迎えた

ポルシェはル・マン24時間通算19勝目3連覇を
達成した☆

トヨタ8号車は総合9位 LMP1ハイブリッド2位
総合の表彰台に立つことは出来ず
LMP1クラス2組のみ完走のクラス表彰に
豊田章男社長と上がった

昨年は優勝を目前にした悲劇だったが
天候に恵まれたル・マン24時間でトップカテゴリーの
全マシンがトラブルに見舞われ
1時間のピットストップを要したマシンが総合優勝する
と言う 過去にも稀な劇的に過酷なル・マン24時間
だった

☞ル・マン24時間(WEC世界耐久選手権2017第3戦)「真夜中のル・マン サルトサーキットに悪夢が蘇る!」

☞ル・マン24時間(WEC世界耐久選手権2017第3戦)予選「小林可夢偉コースレコード2秒短縮!ポールポジション☆」【動画】

☞ル・マン24時間(WEC世界耐久選手権2017第3戦)「トヨタのルマン初制覇を今年こそ見届けよう♡」【放送日程】

☞ル・マン24時間「撃沈!初制覇目前に消えたトヨタ・・」(WEC世界耐久選手権2016第3戦)

☞ル-マン24時間(WEC世界耐久選手権2015第3戦)「ポルシェ27年振りの優勝!」【動画】

☞ル・マン24時間(WEC世界耐久選手権2014第3戦)決勝ハイライト「アウディ逆転劇5連覇!」【動画集】

☞WEC世界耐久選手権2017第2戦スパ・フランコルシャン6時間「ルマン前哨戦トヨタがワンツーで2連勝!☆」【動画】

☞WEC世界耐久選手権2017開幕戦シルバーストン6時間「トヨタ優勝&クラッシュ!痛い幕開け」【動画】

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2017年 6/29号 第7戦カナダGP


AUTO SPORT 2017年 6/23号 No.1458 (佐藤琢磨INDY500優勝記念 特別両面センターピンナップ)


RALLY PLUS vol.13 (ラリープラス)


2017 スーパーGT公式ガイドブック


2017 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (GALS PARADISE)

posted by ぷらちゃん at 12:28| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック