2017年06月12日

WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリアDAY4「祝!オット・タナク悲願のWRC初優勝☆」【動画】



WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリアDAY4

サルディニア島のラリー・イタリアはラフグラベルで
土曜日まで大波乱第コンセントなり
大きなマシントラブルの無いトヨタは5位までに3台を
連ね最終日に臨んだ☆

WRC 世界ラリー選手権 2017
第7戦 ラリー・イタリア

総走行距離:1495.36km
総ステージ走行距離:312.66km
SS数:19

ヒュンダイの2台が相次いで脱落するとトップに立ったのは
オット・タナク(Mスポーツ・フォード)
2位のヤリマティ・ラトバラ(トヨタ)に24秒の差を築き
セバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)も後退して
しまった為激しい猛追からも解放され
初優勝に向けタイヤとマシンを労りセルフコントロールのみとなった


RALLY Italia Sardegna 2017: Highlights Stages 15-17


RALLY Italia Sardegna 2017: Highlights Power Stage SS19

最終SSパワーステージではダニ・ソルド(ヒュンダイ)が
基準となるトップタイムを刻むとWRカー参戦2戦目となる
エサペッカ・ラッピ(トヨタ)はイタリアでSS5本でトップ
タイムを叩き出していたが ダニ・ソルドを0.4秒クリア!
暫定1位!セバスチャン・オジェ(Mスポーツ・フォード)も
届かず3位 トヨタのトップドライバー ヤリマティ・ラトバラ
(トヨタ)は総合2位表彰台を確定するもパワーステージでミス
エサペッカ・ラッピ(トヨタ)に負けた悔しさを露わにした

首位オット・タナク(Mスポーツ・フォード)はパワーステージで
完全にペースコントロールしフィニッシュ!
喜びを余り表現していなかったが 沼に落ち火災に巻き込まれ
何度もチャンスをパンクに見舞われ優勝を逃して来たが
悲願のWRC初優勝を挙げた☆☆☆

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリアDAY3「暑さのラフグラベルは波乱の展開!?」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリアDAY1・2「首位ミーク横転!ロールゲージ致命傷リタイア」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2017第7戦ラリー・イタリア「ラフグラベルとジャンプ!サルディニア島決戦☆」【放送日程】

☞TOYOTA GAZOO Racing 公式サイト

☞ラリー・イタリア・サルディニア 公式サイト

☞WRC 公式サイト

WRC2017 第7戦ラリー・イタリア DAY 4
SS19後 総合順位

1 オット・タナク     (Mスポーツ・フォード)
  3:25’15.1
2 ヤリマティ・ラトバラ  (トヨタ)
  +12.3
3 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)    
  +1’07.7
4 エサペッカ・ラッピ   (トヨタ)
  +2’12.9
5 セバスチャン・オジェ  (Mスポーツ・フォード)
  +3’25.3
6 ユホ・ハンニネン    (トヨタ)
  +3’38.5
7 マッズ・オストベルグ  (Mスポーツ・フォード)
  +6’31.8
8 アンドレアス・ミケルセン(シトロエン)
  +8’07.8
9 エリック・カミリ    (M・スポーツ/)
  +11’15.8
9 ヤン・コペッキー    (シュコダ/WRC2)
  +11’21.4

☞WRC(世界ラリー選手権)2017トヨタ復帰ドライバーズラインナップ発表!「ラトバラはマキネンの元チャンピオンへ☆」

☞2017年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)「380馬力マシンが世界を駆け巡る!☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


AUTO SPORT 2017年 6/23号 No.1458 (佐藤琢磨INDY500優勝記念 特別両面センターピンナップ)


F1速報 2017年 6/15号 第6戦モナコGP/インディ500特別編集号


RALLY PLUS vol.13 (ラリープラス)


2017 スーパーGT公式ガイドブック


2017 スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック (GALS PARADISE)

posted by ぷらちゃん at 15:47| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック