2016年11月26日

WRC(世界ラリー選手権)2016最終戦ラリー・オーストラリア総集編「ミケルセン激走フィナーレ!☆」【動画】



WRC2016第14戦ラリー・オーストラリア総集編

WRC(世界ラリー選手権)2016シーズン
フォルクスワーゲン4連覇達成とWRC撤退発表
最後はアンドレアス・ミケルセン(フォルクス・ワーゲン)
の激走とワンツーフィニッシュで幕を閉じました

WRC 世界ラリー選手権 2016
第14戦 ラリー・オーストラリア(オーストラリア)

総走行距離:1040.51km
総ステージ走行距離:312.98km
SS数:23


ラリー・オーストラリア ハイライト/レビュー(WRC公式)

☞WRC(世界ラリー選手権)2016最終戦ラリー・オーストラリアDAY1「オット・タナク警察に御用!?☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2016最終戦ラリー・オーストラリアDAY2「トップとの差僅か2秒に詰め寄る!☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2016最終戦ラリー・オーストラリアDAY3「フォルクスワーゲン最後のステージ!☆」【動画】


ラリー・オーストラリア DAY3 (ヒュンダイモータースポーツ公式)


ラリー・オーストラリア ダスト(ヒュンダイモータースポーツ公式)


ラリー・オーストラリア レビュー(フォルクスワーゲンラリー公式)

初日ヤリマティ・ラトバラ(フォルクス・ワーゲン)が
橋の欄干に接触して順位を落としましたが最終日には
9位ポイント獲得まで順位を戻し
アンドレアス・ミケルセン(フォルクス・ワーゲン)は
トラブルを抱えながらも激走を続け
タイトル獲得後のセバスチャン・オジェ(フォルクス・
ワーゲン)はフォルクスワーゲン優勝で締め括る事を
優先し フォルクスワーゲンラリーチーム有終の美を
飾りました☆

WRC2016 第14戦ラリー・オーストラリア 総合順位

1 アンドレアス・ミケルセン(フォルクス・ワーゲン)
  2:46’05.7
2 セバスチャン・オジェ  (フォルクス・ワーゲン)
  +14.9
3 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  +1’12.6
4 ヘイデン・パッドン   (ヒュンダイ)
  +1’26.7
5 ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +1’28.3
6 マッズ・オストベルグ  (M・スポーツ・フォード)
  +1’41.5
7 オット・タナク     (DMACK・フォード)
  +3’04.3
8 エサペッカ・ラッピ   (シュコダ/WRC2)
  +7’32.3
9 ヤリマティ・ラトバラ  (フォルクス・ワーゲン)
  +7’56.9
10ロレンツォ・ベルテリ  (フォード FWRT)
  +8’00.1

☞WRC(世界ラリー選手権)2016最終戦ラリー・オーストラリア「土煙のカーテンで幕を閉じる☆」【放送日程】

☞2016年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)

☞ラリー・オーストラリア 公式サイト

☞WRC 公式サイト

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS(11) 2016年11/26 号 雑誌 (F1速報 増刊)


RALLYCAR Vol.14 (ラリーカーズ)


AUTO SPORT 2016年12/2号 NO.1444 (オートスポーツ)


F1速報 Rd20 ブラジルGP


GALS PARADISE 2016DVDスペシャル (ギャルズ・パラダイス)



posted by ぷらちゃん at 20:16| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック