2016年11月19日

WRC(世界ラリー選手権)2016最終戦ラリー・オーストラリアDAY1「オット・タナク警察に御用!?☆」【動画】



WRC2016第14戦ラリー・オーストラリアDAY1

晴れが続いて気温も上昇!オーストラリアらしい
ダスティーなグラベルラリーが始まった!

WRC 世界ラリー選手権 2016
第14戦 ラリー・オーストラリア(オーストラリア)

総走行距離:1040.51km
総ステージ走行距離:312.98km
SS数:23


シェイクダウン

ドライバーズタイトル4連覇チャンピオンに輝いた
セバスチャン・オジェ(フォルクス・ワーゲン)も
スタート順に苦しむ展開となるが


SS1−5 

優勝候補ヤリマティ・ラトバラ(フォルクス・ワーゲン)は
SS1で橋の欄干に接触!左リアサスペンションを破損
ロードセクションで応急処置をするが大幅に順位を落としてしまう


SS6−9

オーストラリアでも好タイムを刻んで上位を狙っていた
オット・タナク(DMACK・フォード)だったが
ロードセクションで警察のスピード取り締まりに合い
SS10のスタートに4分降着で40秒のペナルティが加算
されてしまう

アンドレアス・ミケルセン(フォルクス・ワーゲン)が
SS6までの5本でトップタイムを叩き出し初日をリード
午後のループで挽回したセバスチャン・オジェ(フォルクス
・ワーゲン)が15秒差で2位に続き
ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)とヘイデン・パッドン
(ヒュンダイ)が3番手争い
7位までが1分以内に犇めく2日目以降も目が離せない
南半球グラベルの熱い闘いが繰り広げられる☆

LIVE STREAM
https://plus.wrc.com/live-stages/live/
サービスパークから生配信!

☞ラリー・オーストラリア 公式サイト

☞WRC 公式サイト

WRC2016 第14戦ラリー・オーストラリア DAY 1
SS11後 総合順位

1 アンドレアス・ミケルセン(フォルクス・ワーゲン)
  57’16.7
2 セバスチャン・オジェ  (フォルクス・ワーゲン)
  +15.4
3 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  +22.5
4 ヘイデン・パッドン   (ヒュンダイ)
  +23.7
5 マッズ・オストベルグ  (M・スポーツ・フォード)
  +38.8
6 エリック・カミリ    (M・スポーツ・フォード)
  +46.6
7 ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +50.2
8 オット・タナク     (DMACK・フォード)
  +1’30.6
9 エサペッカ・ラッピ   (シュコダ/WRC2)
  +2’20.3
10ロレンツォ・ベルテリ  (フォード FWRT)
  +2’24.7


☞WRC(世界ラリー選手権)2016最終戦ラリー・オーストラリア「土煙のカーテンで幕を閉じる☆」【放送日程】

☞WRC(世界ラリー選手権)2015第10戦ラリー・オーストラリア総集編「土煙と激闘の3日間!」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2016第13戦ラリー・グレートブリテン総集編「VWマニファクチャラー4連覇!☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2016第12戦ラリー・デ・エスパーニャ総集編「オジェ連続優勝タイトル決定!☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2016第11戦ラリー・ド・フランス総集編「オジェWRC4連覇に向け独走!☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2016前期 総集編!「激熱!優勝者6名大混戦シーズン!☆」【動画】

☞2016年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)

☞2016モータースポーツスケジュール(四輪)「世界進出へのプロローグと国内戦への逆輸入☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS(11) 2016年11/26 号 雑誌 (F1速報 増刊)


RALLYCAR Vol.14 (ラリーカーズ)


AUTO SPORT 2016年12/2号 NO.1444 (オートスポーツ)


F1速報 Rd20 ブラジルGP


GALS PARADISE―2016トップレースクイーン編 (SAN-EI MOOK)



posted by ぷらちゃん at 13:38| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック