2016年10月03日

2016F1第16戦マレーシアGP決勝「赤道直下アクシデント続出!?レッドブルのワンツー!☆」



2016F1第16戦マレーシアGP決勝

秋開催といえマレーシアは赤道直下!好天が維持されると
路面温度は50℃を超えドライバーとマシンにダメージを与える!

セパン・インターナショナル・サーキット
5.543km
コーナー数 15 時計回り
決勝 56Laps

クアラルンプールとの時差は−1時間

天候 晴れ 気温 33℃ 路面温度 52℃
湿度 53% 風速 5m/秒 風向 北西(参考)
気圧 1007.2hpa 
ドライコンディション

誰かこれ程の大波乱を予想しただろうか!?期待した部分は
有ったかも知れない!?観戦は最高に楽しませてくれたが
数多くのチームとドライバーには悪夢が襲い掛かった!

フォーメーションラップでスタート出来なかったのは10番
グリッドのフェリッペ・マッサ(ウイリアムズ)ピットレーン
スタートとなった

ポールポジションからルイス・ハミルトン(メルセデス)が順調に
スタートを切りニコ・ロズベルグ(メルセデス)はハミルトンの
背後に付け第1コーナーまで500mトップグループの攻防となる

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がイン側から攻めると
ニコ・ロズベルグに接触!セバスチャン・ベッテルは左フロント
サスペンションを破損マシンをコースサイドに止めリタイア!

ニコ・ロズベルグは大クラッシュは免れたが後ろ向きに最後尾
まで脱落!ルイス・ハミルトン優勝でニコ・ロズベルグのノー
ポイント!?シーズンが終わってしまった!?
挽回して少しでもポイントを加えて置くしかない ・ ・ 

ロマン・グロージャン(ハース)がブレーキトラブルでコースオフ!
オープニングラップに続いて10ラップまでに2度目のバーチャル
セーフティーカー導入となった!

バーチャルセーフティーカーを利用してタイヤ交換に入った
ニコ・ロズベルグは事実上の順位を上げて行く
パワーユニット入れ替え合計45グリッド降格で最後尾スタート
からフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)も順位を上げた☆

ピットインのタイミングからマックス・フェルスタッペン
(レッドブル)が先頭を走るがルイス・ハミルトンに対して
ピットイン時間のマージンを稼げるまで至らずハミルトンは
追い上げて再びトップはルイス・ハミルトンに!

5番手まで浮上したニコ・ロズベルグはキミ・ライコネン
(フェラーリ)と4位争いのバトルとなりイン側から
オーバーテイクするとフロントタイヤが僅かに接触!パーツが
吹き飛ぶ!そのまま2台は走り続ける!

ピットインを残すダニエル・リカルド(レッドブル)に
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が追い付き
ピットインが必要なルイス・ハミルトンとの差開きたく無い
フェルスタッペンだったがダニエル・リカルドは執拗に
ブロックを続けチームからのオーダーも無く
ルイス・ハミルトンの優勝とポイントリーダー逆転が見えて来た!

しかし赤道直下マレーシアの灼熱セパンは魔の手を振り翳した!
ルイス・ハミルトン(メルセデス)のエキゾーストからオレンジの
炎が噴き出される!!
エンジンブロー!?ペトロナスの本拠地で最悪のリタイアとなる

3度目のバーチャルセーフティーカー導入となりトップとなった
ダニエル・リカルドはピットイン マックス・フェルスタッペンも
続いてダブルピット(?)
そのまま走れば優勝だったのにレッドブルワンツーのチーム
オーダーが発令したか?

エステバン・グティエレス(ハース)の左フロントタイヤ脱落の
アクシデント!幸い大事には至らなかったがリタイアとペナルティ
でハーツは全滅に

ニコ・ロズベルグ(メルセデス)にはキミ・ライコネンとの接触
に対して10秒のペナルティが科され 見えないバトルとなる
しかしルイス・ハミルトンのトラブルも有りマシンを酷使するのは
致命的な結末を招き兼ねない!

19歳の誕生日を迎えたマックス・フェルスタッペンはダニエル
・リカルドに対して無理なバトルを避けレッドブルチームに
ワンツーフィニッシュを捧げ
ダニエル・リカルドはシーズン初優勝を飾った!☆

マクラーレンHONDAはフェルナンド・アロンソが最後尾から
追い上げての7位☆ジェンソン・バトンも9位☆のW入賞で
来週の鈴鹿開催日本GPに華を添える♡

ニコ・ロズベルグ(メルセデス)はキミ・ライコネン
(フェラーリ)に13秒のリードを築き3位表彰台を獲得し
ドライバーズポイントは23ポイントの差を開き
新チャンピオン誕生が現実味を帯びて胸騒ぎがする♡

来週はスーパーGT海外戦と日本GP鈴鹿が重なっているが
鈴鹿に向いたくなって来てしまったw

2016F1第16戦マレーシアGP決勝 結果

1 ダニエル・リカルド    レッドブル
  1:37’12.776
2 マックス・フェルスタッペンレッドブル
  +2.443
3 ニコ・ロズベルグ     メルセデス
  +25.516
4 キミ・ライコネン     フェラーリ
  +28.785
5 バルテリ・ボッタス    ウイリアムズ
  +1’01.582
6 セルジオ・ペレス     Fインディア
  +1’03.794
7 フェルナンド・アロンソ  マクラーレン
  +1’05.205
8 ニコ・ヒュルケンベルグ  Fインディア
  +1’14.062
9 ジェンソン・バトン    マクラーレン
  +1’21.816
10ジョリオン・パーマー   ルノー
  +1’35.466


☞2016F1第16戦マレーシアGP予選「逆バンクヘアピンに翻弄!?☆」

☞2016F1第16戦マレーシアGP「ペトロナスの本拠地で勇姿を魅せるのは!?☆」【放送日程】

☞2016F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「ルノーワークス参戦!ホンダの飛躍は!?」

☞2016モータースポーツスケジュール(四輪)「世界進出へのプロローグと国内戦への逆輸入☆」

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2016年 10/6 号 第15戦シンガポールGP号 (エフワン速報)


AUTOSPORT(オートスポーツ) 2016年 10/7 号 [雑誌]


GP CAR STORY Special Edition minardi (ジーピーカーストーリー)



posted by ぷらちゃん at 03:48| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック