2016年09月25日

2016スーパーフォーミュラ第6戦スポーツランドSUGO決勝「スーパー関口!に脱帽☆」



SUPER FORMULA Rd.6 SPORTSLAND SUGO

SUPER FORMULA Rd.6

SPORTSLAND SUGO

9.24 SAT  9.25 SUN

2016シーズン「全日本スーパーフォーミュラ選手権」
第6戦スポーツランドSUGO
9月25日(土)決勝

天候 曇り 気温 27℃ 路面温度 34℃
湿度 78% 風速 1m/秒 風向 東南東(参考)
気圧 1018.6hpa
ドライコンディション

予選ピットロードの接触で1グリッド降格3番グリッド
スタートとなった中嶋一貴選手(TOM’S)が好スタートを
切ってポールポジション関口雄飛選手(インパル)の後に付いたが
ギアトラブル発生!?順位を落として行く

リードを広げる関口雄飛選手だったが チームメイトである
J・P・デ・オリベイラ選手(インパル)のコースオフで
セーフティーカー導入!
あろう事か関口雄飛選手がコントロールラインを通過し
2番手野尻智紀選手(ダンデライアン)以降がピットインして行き
関口雄飛選手だけがセーフティーカーの後ろで唯一ピットインを
消化しない状況になってしまった
流石に優勝は逃したと誰もが思っただろう

2番手となった中嶋大祐選手(中嶋レーシング)はシーズン
初表彰台とトップフォーミュラ初優勝を賭けて走り続けるが
関口雄飛選手は燃料が減り軽くなるマシンでファーステストラップを
叩き出しながらリードを広げて行き
30秒のマージンを稼ぐと3番手野尻智紀選手の前に出れる計算だが
まだ走り続ける!

34秒まで中嶋大祐選手を引き離しピットイン!
ピットアウト!中嶋大祐選手はまだメインストレートに姿が無い!
関口雄飛選手は自力でセーフティーカーの不運からトップを守った!
更に酷使したタイヤは四輪がスライドする状態でアタックを続け
トップチェッカーを受けた!

今シーズン初の2勝目を飾るドライバーとなった!☆
星野監督からはF1に行かせるとまで言わせた走りは
誰も止められない状態か!?

関口雄飛ファンが増えたか?敵を増やしたか!?w
中嶋大祐選手は初優勝を逃し2位表彰台を喜べず
3位野尻智紀選手も同じだった
表彰式シャンパンファイトは険悪なムードが流れた?

☞2016スーパーフォーミュラ第6戦スポーツランド菅生「脇坂寿一監督召喚!☆」【放送日程】

2016スーパーフォーミュラ
第6戦スポーツランドSUGO 決勝

1 20 関口雄飛        1:22’26.480
2 64 中嶋大祐        +14.278
3 40 野尻智紀        +18.885
4 37 中嶋一貴        +19.331
5 36 アンドレ・ロッテラー  +20.225
6 41 ストフェル・バンドーン +23.101
7 34 小暮卓史        +23.990
8  3 ジェームス・ロシター  +27.401

☞2016スーパーフォーミュラ第6戦スポーツランドSUGO予選「ピットレーンでクラッシュ続出!?」

☞2016「全日本スーパーフォーミュラ選手権」開催スケジュール【日程】

☞2016モータースポーツスケジュール(四輪)「世界進出へのプロローグと国内戦への逆輸入☆」

☞SUPER FORMULA Official Website

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


AUTOSPORT(オートスポーツ) 2016年 10/7 号 [雑誌]


F1速報 2016年 10/6 号 第15戦シンガポールGP号 (エフワン速報)


GALS PARADISE―2016トップレースクイーン編 (SAN-EI MOOK)



posted by ぷらちゃん at 19:04| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック