2016年09月12日

2016スーパーフォーミュラ第5戦岡山国際サーキット決勝2「ポール野尻智紀にドライブスルー裁定!?」





SUPER FORMULA Rd.5 OKAYAMA2

2016 SUPER FORMULA Rd.5

OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT

9.10 SAT  9.11 SUN

2016シーズン「全日本スーパーフォーミュラ選手権」
第5戦 岡山国際サーキット

濃い2日間も最後の決勝レースを迎えた☆
オーバーテイクの難しい岡山国際サーキットだけに
単調となってしまうかと思いきや 想定外の展開に!?
開幕から決勝6レース全て優勝者が変わるスーパー
フォーミュラは素晴らし過ぎます♡

9月11日(日)決勝レース2
天候 晴れ 気温 32℃ 路面温度 42℃
湿度 45% 風速 2m/秒 風向 東南東(参考)
気圧 996.1hpa(現地気圧)
ドライコンディション

決勝レース2は51ラップ タイヤ交換義務有りで行われる
持ち込まれる横浜タイヤは190kmを走り切る事が可能と
される為グリッド後列では早いタイミングで交換が予想された

決勝レース1をスーパーフォーミュラ初優勝を飾った
ストフェル・バンドーン選手(DOCOMO TEAM
DANDELION RACING)は予選で安全確認違反の
3グリッド降格のペナルティを課せられ6番グリッドからの
スタートとなったが好スタートを切って一時4番手に!

3番グリッド ジェームス・ロシター選手(近藤レーシング)
が出遅れ 9番グリッド ベルトラン・バゲット選手
(中嶋レーシング)がエンジンストールでスタート出来ず
ピットに戻され最後尾に

ポールポジションスタート野尻智紀選手(DOCOMO
TEAM DANDELION RACING)が
トップで戻って来た!

1ラップの周回で早くも6台のマシンがピットレーンに入り
渋滞状態!?wその中に何と5番グリッドからスタートの
国本雄資選手(P.MU/CERUMO・INGING)が
混ざっていた!

他に1ラップでタイヤ交換のピットインは 中嶋一貴選手・
関口雄飛選手・山本尚貴選手・伊沢拓也選手・ウィリアム・
ブラー選手

アンドレ・ロッテラー選手(VANTELIN TEAM
TOM’S)は13番グリッドから6番手に浮上するが
2周回目にタイヤ交換のピットインへ

最初にタイヤ交換したマシンのラップタイムが速く トップの
野尻智紀選手が21ラップ後にタイヤ交換しコースインすると
国本雄資選手・中嶋一貴選手に先行された

ターニングポイントとなったのは30ラップ ナレイン・
カーティケヤン選手(SUNOCO TEAM LEMANS)が
2コーナーでスピン!コース内にマシンがストップしたままとなる

このタイミングに先頭を走行中の石浦宏明選手(P.MU/
CERUMO・INGING)がピットイン!
セーフティーカーも導入されピットレーン封鎖の危機に
立たされるが シグナルが赤になる前にコースイン!
その横を野尻智紀選手が通り過ぎて行って4番手に

残り17ラップで再スタートが切られ接近戦が始まる!
40ラップに野尻智紀選手にセーフティーカー中のイエロー
フラッグで石浦宏明選手の追い抜きが有ったとして
ドライブスルーペナルティーの裁定が下された!?

中嶋一貴選手(VANTELIN TEAM TOM’S)と
石浦宏明選手がオーバーテイクボタンを使い切る2番手争い
となると トップ国本雄資選手は少しだけ楽な展開に

オートポリス戦代替え戦として開催された岡山国際サーキット戦
決勝レース2は 5番グリッドから1ラップ目にピットインし
全マシンがタイヤ交換義務を消化後トップを守った
国本雄資選手(P.MU/CERUMO・INGING)が
国内トップフォーミュラ参戦6年目悲願の初優勝を飾った☆
ドライバーズポイントランキングでもトップに躍り出る!

2位には決勝レース1のスタート前にミスを犯してしまった
中嶋一貴選手(VANTELIN TEAM TOM’S)が
リベンジとなったか!?表彰台ポイント獲得

3位は国本雄資選手の優勝をサポートする形となった
石浦宏明選手(P.MU/CERUMO・INGING)

ポールポジション野尻智紀選手(DOCOMO TEAM
DANDELION RACING)はポイント圏外16位と
なってしまった
確かにスローモーションで確認する石浦宏明選手のコースイン
後にオーバーテイクとなっているが スピード差や流れでは!?
野尻智紀選手はストレートをもう少し速く通過していれば
ペナルティを受けなかったのでは無いだろうか?

2レース制!面白かったですね♡ 全レース2レース制になると
シリーズ戦は更に盛り上がるかも!?
しかし生中継観戦だけでもハードスケジュールなのでw
ドライバーにチーム関係者 運営スタッフも厳しかったでしょう
お疲れ様でした♡

2016スーパーフォーミュラ
第5戦 岡山国際サーキット 決勝2結果

1  2 国本雄資        1:11’31.812
2 37 中嶋一貴        +1.168
3  1 石浦宏明        +1.683
4 36 アンドレ・ロッテラー  +5.267
5 19 J・P・デ・オリベイラ +9.490
6 16 山本尚貴        +11.519
7 41 ストフェル・バンドーン +13.614
8 16 山本尚貴        +16.056


☞2016スーパーフォーミュラ第5戦岡山国際サーキット予選2「決勝1優勝のバンドーン安全確認違反!?」

☞2016スーパーフォーミュラ第5戦岡山国際サーキット1「波乱万丈!中嶋一貴ポールから最後尾に!?」

☞2016スーパーフォーミュラ第5戦岡山国際サーキット「2レース制ハードで熱い2日間!☆」【放送日程】

☞2016「全日本スーパーフォーミュラ選手権」開催スケジュール【日程】

☞2016モータースポーツスケジュール(四輪)「世界進出へのプロローグと国内戦への逆輸入☆」

☞SUPER FORMULA Official Website

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


AUTO SPORT(オートスポーツ) 2016年 9/23 号 [雑誌]


F1速報 2016年 9/23 号 [雑誌]


ル・マン24時間 2016 (SAN-EI MOOK)


RALLY PLUS Vol.10 2016年 7/23 号 [雑誌]: F1速報 増刊


GALS PARADISE―2016レースクイーンデビュー編 (SAN-EI MOOK)


posted by ぷらちゃん at 11:08| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック