2016年07月16日

2016スーパーフォーミュラ第3戦富士スピードウェイ予選「異次元!バンドーン初ポール獲得☆」





SUPER FORMULA Rd.3 FUJI SPEEDWAY

2016 SUPER FORMULA Rd.3

FUJI SPEEDWAY

7.16 SAT  7.17 SUN

富士スピードウェイ・レーシングコース
全長 4.563km ストレート1.475km
コーナー数 16 
コース幅 15〜25m 標高 545〜585m
決勝55Laps

天候 小雨 気温 21℃ 路面温度 22℃
湿度 94% 風速 5m/秒 風向 西南西(参考)
気圧 1011.0hpa 
ウェットコンディション

第2戦岡山では雨の荒天により決勝レースはセーフティーカー先導で
スタートしたものの赤旗終了となりましたが 第3戦富士スピードウェイも
雨混じりのウェットコンディションで予選が始まりました

第5戦に予定されていたオートポリス戦は既に中止が発表されていましたが
代替戦で同日に岡山国際サーキットで2レース制で開催される事が決まりました

チャンピオンを獲得する事が可能な有力ドライバーがノーポイントで並び
何としても富士でポイントを獲得したいだろう

富士スピードウェイ戦予選はQ1で圧倒的な速さでストフェル・
バンドーン選手がトップ通過 中嶋一貴選手がラストアタックで
滑り込みQ2進出となった

予選Q2では開幕戦優勝の山本尚貴選手 小林可夢偉選手らが振い落され
決勝スタートグリッドの決まる予選Q3で 異次元とも思える速さと
難しいコンディションで安定した走りを魅せたストフェル・バンドーン
選手がトップタイムを叩き出しポールポジション獲得!

来シーズンF1シートを略手中に収めストフェル・バンドーン選手は
GP2とスーパーフォーミュラのWタイトル獲得に向け
羊の皮を脱ぎ捨てたか!?
インタビューでも冷静沈着に既にF1パイロットの風格を魅せていた☆

日曜日決勝日も日差しは期待できないが降水確率は下がる
不安定な気象状況は混戦が予想されるが
ストフェル・バンドーン選手の初優勝は有るだろうか!?☆

生中継観戦では決勝日 終日富士スピードウェイより映像が届く!

☞2016スーパーフォーミュラ第3戦富士スピードウェイ「真夏の全開モータースポーツDay!」【放送日程】

2016スーパーフォーミュラ 第3戦 予選結果 (暫定)

1 41 ストフェル・バンドーン 1’40.778
2  1 石浦宏明        1’41.050
3 19 J・P・デ・オリベイラ 1’41.132
4 65 ベルトラン・バゲット  1’41.210
5 20 関口雄飛        1’41.238
6 37 中嶋一貴        1’41.240
7 36 アンドレ・ロッテラー  1’41.268
8 64 中嶋大祐        1’41.289

☞2016「全日本スーパーフォーミュラ選手権」開催スケジュール【日程】

☞2016モータースポーツスケジュール(四輪)「世界進出へのプロローグと国内戦への逆輸入☆」

☞SUPER FORMULA Official Website

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2016年 7/28 号


ル・マン24時間 2016 (SAN-EI MOOK)


AUTO SPORT(オートスポーツ) 2016年 7/22 号 [雑誌]


RALLY PLUS Vol.10 2016年 7/23 号 [雑誌]: F1速報 増刊


GALS PARADISE―2016レースクイーンデビュー編 (SAN-EI MOOK)



posted by ぷらちゃん at 18:13| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック