2016年07月05日

WRC(世界ラリー選手権)2016第7戦ラリー・ポーランド総集編「主役はオット・タナク☆」【動画】





WRC2016第7戦ラリー・ポーランド総集編

73RD PZM RALLY POLAND
30 JUN − 03 JUL 2016

WRC 世界ラリー選手権 2016
第7戦 ラリー・ポーランド

総走行距離:1253.29km
総ステージ走行距離:306.10km
SS数:21


ラリー・ポーランド レビュー/ハイライト(WRC公式)

最終日のパワーステージを前にパンクチャーでWRC初優勝を
逃してしまったオット・タナク(DMACK)だったが
終始ラリーをリードし総SS21本中8ステージ
金曜日の午後には3連続でステージトップタイムを記録し首位に
躍り出たオット・タナクが2016ラリー・ポーランドの
主役だった事は世界が認めるだろう♡
Mスポーツ(フォード)のマルコム・ウィルソン監督もフォードの
活躍を喜んでいた


ラリー・ポーランド サマリー(フォルクスワーゲンラリー公式)

天候が崩れた最終日に圧倒的な強さを魅せたフォルクスワーゲン勢
オット・タナク(DMACK)を追い詰めパンクチャーを誘発
させた!?アンドレアス・ミケルセンがWRC通算2勝目を獲得した!

第一子誕生で良い所を魅せたかったセバスチャン・オジェだったが
先頭スタートが続き苦戦を強いられた パワーステージでは渾身の
走りを魅せトップタイム!3ポイントを追加している☆


ラリー・ポーランド DAY3 (ヒュンダイモータースポーツ公式)

アルゼンチン戦でWRC初優勝を飾った後不運が続いたヘイデン・パッドン
だが ポーランドのステージを無事に走り切り3位表彰台を獲得!
続いて4位には前戦イタリアでWRC2勝目となったティエリー・ヌービル
が入りヒュンダイはマニュファクチャラーポイントを加算した☆ 

☞ラリー・ポーランド 公式サイト(ポーランド語)

☞WRC 公式サイト

WRC2016 第7戦ラリー・ポーランド 総合順位

1 アンドレアス・ミケルセン(フォルクス・ワーゲン)
  2:37’34.4
2 オット・タナク     (DMACK・フォード)
  +26.2
3 ヘイデン・パッドン   (ヒュンダイ)
  +28.5
4 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  +29.3
5 ヤリマティ・ラトバラ  (フォルクス・ワーゲン)
  +33.8
6 セバスチャン・オジェ  (フォルクス・ワーゲン)
  +40.3
7 クレイグ・ブリーン   (PHスポール・シトロエン)
  +2’01.4
8 マッズ・オストベルグ  (M・スポーツ・フォード)
  +3’04.6
9 ステファン・ルフェーブル(アブダビトタル・シトロエン)
  +5’12.0
10エリック・カミリ    (M・スポーツ・フォード)
  +5’23.1


☞WRC(世界ラリー選手権)2016第7戦ラリー・ポーランドDAY4「タナク無念のパンク!初優勝を逃す☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2016第7戦ラリー・ポーランドDAY3「タナク初優勝へ向け独走!☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2016第7戦ラリー・ポーランドDAY1・2「初日タナク首位浮上!☆」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2016第7戦ラリー・ポーランド「超高速グラベルを駆け抜ける!☆」【放送日程】無料放送有り☆

☞2016年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)

☞2016モータースポーツスケジュール(四輪)「世界進出へのプロローグと国内戦への逆輸入☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS Vol.10 2016年 7/23 号 [雑誌]: F1速報 増刊


RALLY CARS Vol.12 PEUGEOT 306 MAXI (サンエイムック)


AUTOSPORT(オートスポーツ) 2016年 7/8 号


F1速報 2016年 7/7 号 [雑誌]


GALS PARADISE―2016レースクイーンデビュー編 (SAN-EI MOOK)



posted by ぷらちゃん at 15:38| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック