2016年05月16日

南こうせつ 25th「GREEN PARADISE」日比谷野外音楽堂(セットリスト)





25th「GREEN PARADISE」日比谷野外音楽堂

25周年となる「グリーンパラダイス」野音は晴天に恵まれ
豪華ゲストを迎えて 華やかに開催されました☆

南こうせつ 25th GREEN PARADISE

       日比谷野外音楽堂

     2016年5月14日(土) 晴れ
     
       − セットリスト −


1.  歌って笑って
2.  青春
3.  妹
4.  湯布院
5.  愛よ急げ
6.  うちのお父さん
7.  心の虹

ゲスト コロッケ ☆ものまね   

    (田原俊彦・中居正広・和田アキ子・堀内孝雄・コブクロ・
     北島三郎・徳永英明・長渕剛・五木ひろし・志村けん)   

☞コロッケ オフィシャルブログ


コロッケ アコースティック ものまねライブ [DVD]

    (500マイル)
8.  微笑みに出会うために


ゲスト 黒柳徹子 ☆トークショー    
    「You are my sunshine」    

    ☞徹子の部屋 テレビ朝日

    ☞ジェネリック医薬品の東和薬品「ワタシの、センタク。」


『徹子の部屋』40周年Anniversary Book (ぴあMOOK)

    http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/05/14/0009083935.shtml
    デイリースポーツOnline

ゲスト 森山良子 ☆スペシャルゲストライブ

    「この広い野原いっぱい」
    「涙そうそう」
    「Sing My Life」
    「さよならの夏」 森山良子+南こうせつ

    ☞森山良子 オフィシャルウェブサイト


Touch Me




9.  マキシ―の為に
10. ポロシャツの頃    
11. からたちの小径
12. 神田川
13. 君といっしょなら
14. 緑の旅人
15. あの日の空よ 〜阿蘇が好きだよ〜

16. ひとりきり
17. 満天の星
18. 元気でね

※敬称は省略させて頂きました


微笑みに出会うために/元気でね

南こうせつさんは大分県出身です 九州を襲った震災は
心も揺さ振れたに違いありません
会場で販売されたグッズ売上金を熊本の義援金として寄付する事を
ステージで告げられました

熊本と九州の早期復興と被災者の皆様の御健康を祈ります♡

☞南こうせつ 24th「GREEN PARADISE」日比谷野外音楽堂(セットリスト)

☞南こうせつ 23rd「GREEN PARADISE」日比谷野外音楽堂(セットリスト)

☞南こうせつ 22nd「GREEN PARADISE」日比谷野外音楽堂(セットリスト)

☞南こうせつ 21st GREEN PARADISE(セットリスト)

☞20th〜グリーンパラダイス〜全曲集

☞南こうせつ サマーピクニック Love&Peace 大阪万博記念公園【セットリスト】



サマーピクニック Love&Peace 【CD2枚組】 







最後の一曲だけ あの曲ならば ・ ・ ・

25周年!四半世紀ですw続けた高節さんは立派ですが
全て足を運んだ者も表彰して欲しいですw
選曲もアレンジも演奏もパワーもカリスマ性も
始まった頃と変わってしまい あれだけ騒いだ仲間は ・ ・ ・

年に一度くらいは選曲が?でも聴いてあげようよと思うのですが

今年は25回目の区切りだけで無く 4月に発生した熊本の地震が有り
九州へのメッセージを込めたライブになると信じていました

大分県出身 南こうせつさんは九州を綴った曲が多いのですが
オープニングには是非「ひとりきり」と熱望していました☆

残念ながら1曲目は大きく外れましたが 何となく良い感じで
曲が進み 4曲目の「湯布院」一応知らない曲なのですがw
会場前に話題に上がっていたので驚きですw
亡くなられたお兄さんに捧げられた曲の様です

ここで九州の地震に関してのMCが入りました

今年のゲストは大御所でしたが少なかったですね
客席には著名人が数名みえていた様ですが
壇上に呼ばれる事は有りませんでした

以前の様に これから売れ始める新人を紹介して
ヒットしてくれるのが嬉しかったりするのですが

何時もと似た選曲で進み 最後の曲は(アンコールの前w)
「あの日の空よ」サマーピクニックのテーマソング
歌詞には九州は出て来ませんが九州を歌った曲です!
そして中盤では 〜阿蘇が好きーだよ〜 と振り替えするのでした

坊中キャンプ場や沢水キャンプ場が浮かぶのでした
産山は過酷過ぎてw余りイメージが残っていませんw

短めのインターバルでアンコールが始まるのですが
ここで流れて来たイントロが 「ひとりきり」
この組み合わせはパーフェクト!☆
実家「勝光寺」の在る「竹中」を唄った曲です
トンネルや郵便局が思い浮かぶのでした

アンコール2曲目は定番の「満天の星」
振り付けや小道具が蔓延して受け入れ難くなっていましたが
素直に曲に入って行けたのは初めてかも知れませんw

アンコールの最後は ・ ・ ・ 
ツアーには行っていませんが「時は流れて風が吹く」や
日比谷野音のラストに一番映える「おまえが大きくなった時」を
歌っているらしいのですが 何で野外でやんないの!?(怒)

九州へのエールは送れたので 納得は出来た一日でしたが
最後の一曲だけ ちゃんと出来れば
前半に何が有っても 帳消しに成る最高のコンサートと
なったのに もうひと息です

生音で聴いた「愛する人へ」は最高でしたが
最後の曲が終わると同時に一斉に客席後方へ流れて来るのは
悲し過ぎました
ちょっとだけは良かったのだから 少しは余韻に浸って
出て来なくてもコールを送れば良いのにと ・ ・





posted by ぷらちゃん at 17:09| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437901117
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック