2016年05月02日

2016F1第4戦ロシアGP決勝「マクラーレンHONDAソチでW入賞!ポイント獲得☆」





2016F1第4戦ロシアGP決勝

ニコ・ロズベルグ(メルセデス)2戦連続でポールポジションを
獲得するがルイス・ハミルトン(メルセデス)はマシントラブル
発生で10番グリッド セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は
5グリッド降格の7番グリッドスタートの決勝レースは
オープニングラップで激しく入り乱れた!   

ソチ・オリンピックパーク・サーキット
5.848km
コーナー数 19 時計回り
決勝 53Laps

ソチとの時差は−6時間

天候 晴れ 気温 17℃ 路面温度 41℃
湿度 62%  
ドライコンディション

ギアボックス交換で5グリッド降格7番グリッドスタートの
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はロケットスターを魅せ
ロングストレートをターン2に向けてインを突きフルブレーキング
するが 周囲の中段ドライバーは合わせて行けず!?
後方からダニール・クビアト(レッドブル)に追突される

地元ロシア出身のダニール・クビアト(レッドブル)なので
応援してあげたいところなのでしたが 有ろう事か
駄目押しのプッシングでセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は
バランスを失いスピン!フェンスに激突し右フロントサスペンションが
折れ曲がる大破!第4戦ロシアGPをリタイアしてしまう

マーシャルを後ろに乗せバイクを自らドライブしてピットに戻る
光景が見られたが そのマーシャルは何と羨ましい事かw

ダニール・クビアト(レッドブル)には10秒のストップアンドゴー
ペナルティが科されたが ペナルティとしては妥当と思うが
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)としては損失は大き過ぎた
こんな事なら予選Q3走らずにピットスタートでソフトタイヤで
スタートした位で表彰台を狙えたかも知れない
シリーズポイント争いでノーポイントはF1ファンの楽しみが
激減してしまう ダニール・クビアトは世界中凄まじい数を敵に
回してしまった可能性がある

この混乱を避け好スタートを切れたのは不運続きのルイス・ハミルトン
(メルセデス)4番手に付け中盤までにバルテリ・ボッタス
(ウイリアムズ)とキミ・ライコネン(フェラーリ)を料理して
メルセデスのワンツー体制に しかしハミルトンとしては
何としてもトップ ニコ・ロズベルグ(メルセデス)に追い付き
撃退したいところだろう
しかし負の連鎖は止まらなかった ・ ・ 

ルイス・ハミルトン(メルセデス)は予選Q2でパワーユニット
トラブルで失速 Q3を走れずに終わり 予選後マシン隔離の
パルクフォルメから帰って来た後短時間で予備で用意していた
開幕戦オーストラリアGP使用のパワーユニットに載せ替え
決勝グリッドに着いたが オイルのプレッシャーが下がり
オーバーヒートの可能性が発生!若干のペースダウンを
余儀無くされ2位でチェッカーを受けた
トップ ロズベルグにも3番手キミ・ライコネン(フェラーリ)にも
十数秒のインターバルが有ったが ペースをコントロールして
順位を落とさずマシンも壊さずにフィニッシュしたのは
素晴らしいと思うしハミルトン変わったなぁと思いましたw

またしても余裕でポールトゥウィンのニコ・ロズベルグ
(メルセデス)はファーステストラップもマークしての
決勝レース自身初のグランドスラム達成!☆
ライバル達が不運に見舞われる中 実力以上に運に恵まれ過ぎ
シリーズ100ポイントに到達!通算7連勝となった

マクラーレンHONDAはフェルナンド・アロンソ6位
ジェンソン・バトン10位で其々シーズン初ポイントを獲得し
完走W入賞となった!次は予選Q3進出の好グリッドからの
上位入賞だ!☆

F1ロシアGP一番感動したのは プーチン大統領の表彰式控室の
出迎えだったw アイスマン ライコネンに声を掛けw
ライコネンも流石に塩対応はしていなかったw
決勝スタート時には大統領の姿が見えなかったので 今年は賢覧
無しかなと思っていました テレビ中継では今頃来たと言っていましたが
国家の大統領が素晴らしい対応です☆
表彰式プレゼンターまで買って出ました トロフィーを渡したのは
ロズベルグとコンストラクター代表だけでした 1番だけというのも
流石ですw

日本では自動車メーカーの不祥事も発覚し国際的にも印象を落として
いるだけに ここは国際映像の流れるF1で国のトップが
パフォーマンスを魅せて 汚名返上するのも良いのでは無いでしょうか!?
今は熊本の災害も有りゴールデンウィークのGTでは逆にパッシング
されてしまいますが 秋のWECやF1鈴鹿では期待したいところです☆ 


F1GP2016第4戦ロシアGP決勝 結果

1 ニコ・ロズベルグ     メルセデス  
  1:32’41.997
2 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  +25.022
3 キミ・ライコネン     フェラーリ
  +31.988
4 バルテリ・ボッタス    ウイリアムズ
  +50.217
5 フェリッペ・マッサ    ウイリアムズ
  +1’14.427
6 フェルナンド・アロンソ  マクラーレン
  +1Lap
7 ケビン・マグヌッセン   ルノー
  +1Lap
8 ロマン・グロージャン   ハース
  +1Lap
9 セルジオ・ペレス     Fインディア
  +1Lap
10ジェンソン・バトン    マクラーレン
  +1Lap


☞2016F1第4戦ロシアGP予選「ルイス・ハミルトン負の連鎖断ち切れずQ3走れず!」

☞2016F1第4戦ロシアGP「ロングストレート対応のフェラーリに注目!☆」【放送日程】

☞2016F1第3戦 中国GP決勝「大波乱!フロントウィング散乱とタイヤバースト!☆」

☞2016F1第3戦 中国GP予選「ルイス・ハミルトンQ1脱落!決勝最後尾スタート」

☞2016F1第2戦バーレーンGP決勝「フォーメーションラップにエンジンブローの白煙!?☆」

☞2016F1第2戦バーレーンGP予選「新予選でハミルトンが魅せ場を創った!☆」

☞2016F1開幕戦オーストラリアGP決勝「アロンソ空中分解大クラッシュ!!」

☞2016F1開幕戦オーストラリアGP予選「一瞬のミスが命取り新システム予選☆」【速報】

☞2016モータースポーツスケジュール(四輪)「世界進出へのプロローグと国内戦への逆輸入☆」

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2016年 5/9 号 [雑誌]


AUTO SPORT(オートスポーツ) 2016年 5/6 号 [雑誌]


RALLY CARS Vol.12 PEUGEOT 306 MAXI (サンエイムック)


RALLY PLUS(9) 2016年 3/15 号


GALS PARADISE 2016東京オートサロン編 (SANーEI MOOK)



posted by ぷらちゃん at 14:08| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437443125
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック