2016年04月27日

2016スーパーフォーミュラ開幕戦鈴鹿サーキット総集編「混乱の予選と独走の決勝!☆」【動画】





SUPER FORMULA Rd.1 SUZUKA CIRCUIT

2016 SUPER FORMULA Rd.1
SUZUKA CIRCUIT
SUZUKA 2&4 RACE
4.23 SAT  4.24 SUN

「全日本スーパーフォーミュラ選手権」と改め開幕した
日本のトップフォーミュラレース!
タイヤ供給メーカー変更は大波乱の展開を巻き起こした!?☆


予選ダイジェスト

☞2016スーパーフォーミュラ開幕戦鈴鹿サーキット予選「新規タイヤ導入でスピン続出!赤旗中断大波乱の予選☆」

新規導入のヨコハマタイヤで 予選各セッションはスピンが続出!
タイヤ特性の違いはベテラントップドライバーの熟成された感覚に
牙を剥いた!
黄旗赤旗によりタイムアタック中のタイムが抹消され
決勝スタートのグリッド順は前代未聞のシャッフル状態に!?


2016スーパーフォーミュラ 第1戦 予選結果

1 16 山本尚貴        1’37.459
2  2 国本雄資        1’37.820
3 20 関口雄飛        1’37.952
4 41 ストフェル・バンドーン 1’37.962
5 40 野尻智紀        1’37.964
6 34 小暮卓史        1’38.179
7 10 塚越広大        1’38.367
8  8 小林可夢偉       1’38.842



決勝ダイジェスト

☞2016スーパーフォーミュラ開幕戦鈴鹿サーキット決勝「山本尚貴開幕戦完全優勝!☆」

決勝レースは大きな混乱も無く 山本尚貴選手の独走となり
タイヤ無交換を選択すると後続は交換を選択する余地が無くなった!
決勝を走り切れるタイヤは 第2戦以降気温上昇で変化は有るのか!?
注目のストフェル・バンドーン選手もデビュー戦を3位表彰台で纏めた☆


2016スーパーフォーミュラ 第1戦 決勝結果

1 16 山本尚貴        1:17’52.551
2  2 国本雄資        +11.710
3 41 ストフェル・バンドーン +13.194
4 34 小暮卓史        +16.758
5 10 塚越広大        +23.270 
6  3 ジェームス・ロシター  +25.199
7 36 アンドレ・ロッテラー  +30.052
8 65 ベルトラン・バゲット  +31.040


☞2016スーパーフォーミュラ開幕戦鈴鹿サーキット「F1ポイント獲得のバンドーン参戦!」【放送日程】

☞2016「全日本スーパーフォーミュラ選手権」開催スケジュール【日程】

☞2016モータースポーツスケジュール(四輪)「世界進出へのプロローグと国内戦への逆輸入☆」

☞SUPER FORMULA Official Website

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


AUTO SPORT(オートスポーツ) 2016年 5/6 号 [雑誌]


F1速報 2016年 5/9 号 [雑誌]


RALLY CARS Vol.12 PEUGEOT 306 MAXI (サンエイムック)


RALLY PLUS(9) 2016年 3/15 号


GALS PARADISE 2016東京オートサロン編 (SANーEI MOOK)



posted by ぷらちゃん at 17:24| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック