2016年04月24日

2016スーパーフォーミュラ開幕戦鈴鹿サーキット決勝「山本尚貴開幕戦完全優勝!☆」





SUPER FORMULA Rd.1 SUZUKA CIRCUIT

2016 SUPER FORMULA Rd.1
SUZUKA CIRCUIT
SUZUKA 2&4 RACE
4.23 SAT  4.24 SUN

2016シーズン「全日本スーパーフォーミュラ選手権」
第1戦 鈴鹿サーキット 予選は大波乱の展開となりました
新しい統一タイヤでの初めてのロングラン決勝レースの展開は!?

鈴鹿サーキット 5.807km
天候 曇り 気温 24℃ 路面温度 34℃
湿度 22% 風速 4m/秒 風向 北西(参考)
気圧 1009hpa 
ドライコンディション

マシンセッティングに苦しみ決勝当日のフリー走行では
最下位のタイムに沈んだポールポジションの山本尚貴選手は
決勝レースでは好スタートを切りリードを広げました
燃料積載を軽くしたと思いましたが31周まで独走で引っ張り
給油時間も特に長くはなかったので燃料積載量で無く
普通に速かった様です☆
タイヤも無交換でアウトラップもトップを譲らず
オーバーテイクボタンを3つ残してポールトゥウィンの完全優勝!
トップフォーミュラ3勝目を挙げました☆

大きなクラッシュや接触は有りませんでしたが 小林可夢偉選手は
タイヤ交換を行いましたがアウトラップで挙動が乱れ
右リアタイヤが外れるトラブル 1ラップをスロー走行でピットに戻り
ピットストップ10秒のペナルティも科されました
チームメイトとなったナレイン・カーティケヤン選手はピットインで
準備がされていないコミュニケーションミス!アウトラップで
コースオフを喫しリタイアとなりました
今年応援する事となるチームルマンですが今夜は反省会ですね ・ ・ 

セカンドローから優勝を狙うスタートを見ていて下さいと啖呵を切った
関口雄飛選手はフォーメーションラップで発進出来ず
皮肉にもスタートで注目を浴びてしまい スタート手順違反で
10秒のピットストップペナルティも科されました

注目のストフェル・バンドーン選手は4番グリッドから順位を1つ
上げる事に成り トップ3はそのままの順位で表彰台へ
日本のトップフォーミュラデビュー戦でバンドーンが表彰台を獲得し
GP2とのWタイトルでF1へとステップアップするのでしょうか!?

山本尚貴選手がタイヤ無交換だった以降は交換する訳に行かない
状況が生まれてしまいました
気象条件も変わって来るとしても決勝レースを無交換で走れる事を
証明されたヨコハマタイヤ☆ 短期間の開発で素晴らしい
パフォーマンスを魅せてくれました
もう少し予選寄りのタイヤに仕上げて頂けないと
2016シーズンとトップフォーミュラの盛り上がりに欠けてしまい
そうですね

2016スーパーフォーミュラ 第1戦 決勝結果(暫定)

1 16 山本尚貴        1:17’52.551
2  2 国本雄資        +11.710
3 41 ストフェル・バンドーン +13.194
4 34 小暮卓史        +16.758
5 10 塚越広大        +23.270 
6  3 ジェームス・ロシター  +25.199
7 36 アンドレ・ロッテラー  +30.052
8 65 ベルトラン・バゲット  +31.040


☞2016スーパーフォーミュラ開幕戦鈴鹿サーキット予選「新規タイヤ導入でスピン続出!赤旗中断大波乱の予選☆」

☞2016スーパーフォーミュラ開幕戦鈴鹿サーキット「F1ポイント獲得のバンドーン参戦!」【放送日程】

☞2016「全日本スーパーフォーミュラ選手権」開催スケジュール【日程】

☞2016モータースポーツスケジュール(四輪)「世界進出へのプロローグと国内戦への逆輸入☆」

☞SUPER FORMULA Official Website

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


AUTO SPORT(オートスポーツ) 2016年 5/6 号 [雑誌]


F1速報 2016年 5/9 号 [雑誌]


RALLY CARS Vol.12 PEUGEOT 306 MAXI (サンエイムック)


RALLY PLUS(9) 2016年 3/15 号


GALS PARADISE 2016東京オートサロン編 (SANーEI MOOK)



posted by ぷらちゃん at 18:51| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック