2015年10月12日

2015F1第15戦ロシアGP決勝「最終ラップの激しいバトルがメルセデスのタイトルを決めた!」





2015F1第15戦ロシアGP決勝

2年目を迎えたF1ロシアGP 冬季オリンピックパークに設営された
ソチ・オートドローム プーチン大統領を迎えての決勝レースが開催!

2015F1 第15戦 ロシアGP 決勝

ソチ・オリンピックパーク・サーキット
5.872km
コーナー数 19 時計回り
決勝 52Laps

ソチとの時差は−5時間

天候 曇り 気温 18℃ 路面温度 27℃
湿度 47% 風速 2m/秒 風向 東(参考)
ドライコンディション

初開催の昨年に続いて今年もプーチン大統領が訪問のF1ロシアGP
国家プロジェクトなのが羨ましい限りである
同日日本ではWEC世界耐久選手権が開催されているが
トヨタが参戦し 日本のパーツメーカー 技術が活躍し
全世界に配信される映像は コンサートの閲覧よりは遥かに
経済効果が有ると思うのだが・・・

オイルの散乱 雨 そしてクラッシュにより思うようにフリー走行が
出来ない状況で行われた予選 メルセデスがソフト系のタイヤでも
内圧の問題を克服し!?圧倒的速さでフロントローを独占した

フリー走行で大クラッシュのカルロス・サインツJrは何と決勝レースの
グリッドに並んでいる!w 予選タイム無しで最後尾で有るが
現在のゲジゲジ眉毛ターミネーター恐るべし!www

金曜日から外れに外れたソチの天気予報w 日曜日の決勝レースは
降水確率0%の曇り空 ドライコンディションでスタートが切られる

ニコ・ロズベルグ(メルセデス)のスタートに注目が集まるが!?
何とかルイス・ハミルトン(メルセデス)を抑えてトップを守る
後方ではニコ・ヒュルケンベルグ(Fインディア)がスピン!
マーカス・エリクソン(ザウバー)が避け切れずに追突!
オープニングラップからセーフティーカー導入となる

4ラップセーフティーカーが解除され再スタートが切られるが
トップのニコ・ロズベルグ(メルセデス)がマシンの不調を訴える!
アクセルペダルが正常に戻らない様だ・・
6ラップ ハミルトンにトップを奪われると7ラップにはスローダウン
ボッタス ライコネン ベッテルに抜かれピットイン マシンを降りた

12ラップ ロマン・グロージャン(ロータス)がターン3で
バランスを失い右リアをフェンスに激突!大きくスピンしながらクラッシュ!
グロージャンは自力でマシンから降りて無事の様です
2度目のセーフティーカー導入となり このタイミングでタイヤ交換に
向かうマシンが多いのですが トップグループはピットインを見送っています

スーパーソフトでスタートした多くのマシンはセーフティーカーの導入で
タイヤの摩耗も少なく オーバーカット タイヤ交換のピットインを
遅らせる傾向にある様です

7番手まで順位を上げた 不死身のカルロス・サインツJr(トロロッソ)
でしたが ブレーキが厳しい様でスピン! 48ラップに2度目の
スピンを喫するとフェンスに接触 リアウイング破損でマシンを
コースサイドに止めレースを終えました

トップを快走するのはルイス・ハミルトン(メルセデス)
続いてセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
激しいのは3位争い セルジオ・ペレス(Fインディア)が
母国グランプリ メキシコ戦に向けて凱旋としたいところだが
最終ラップ バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)
キミ・ライコネン(フェラーリ)と立て続けにオーバーテイク
されてしまう

バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)を激しく追走する
キミ・ライコネン(フェラーリ)最終ラップのターン4で
ボッタスのイン側にライコネンが突入するが
ボッタスのマシン右サイドにライコネンのフロントが激突!
バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)は弾き飛ばされ
コースアウト! キミ・ライコネン(フェラーリ)は
サスペンションアームが折れた状態でチェッカーを受け
5位でフィニッシュした・・

メルセデスチームにはコンストラクターズタイトルが懸かっていたが
ニコ・ロズベルグがリタイアした事で フェラーリがこの順位だと
ロシアGPでの獲得は見送りとなってしまうが
バルテリ・ボッタスとキミ・ライコネンの接触には審議が掛けられ
キミ・ライコネン(フェラーリ)には30秒のタイムペナルティが科され
リザルトは8位に これによりメルセデスチームに昨年と同じ
ロシアGPで コンストラクターズタイトルが決定した☆

2台がポイント圏内でチェッカーを受けたメクラーレンHONDA
9位がジェンソン・バトン入賞! 10位でフィニッシュした
フェルナンド・アロンソにはターン16の走行制限違反で
5秒のペナルティが科され 残念ながら11位のリザルトとなってしまう
しかし2戦連続で2台完走し来年に向けて大きくステップアップしたと
喜びたい♡

比較的に単調で終わった鈴鹿の日本GPに対して 余りにも激しい
ドラマが繰り広げられたロシアGPでした
次戦は太平洋を越えてアメリカGPとなります☆


F1GP2015 第15戦 ロシアGP 決勝 結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス
 1:37’11.024
2 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  +5.953
3 セルジオ・ペレス     Fインディア
  +28.918
4 フェリッペ・マッサ    ウイリアムズ
  +38.831
5 ダニール・クビアト    レッドブル
  +47.566
6 フェリペ・ナッサー    ザウバー
  +56.508
7 パストール・マルドナド  ロータス
  +1’01.088
8 キミ・ライコネン     フェラーリ
  +1’12.358
9 ジェンソン・バトン    マクラーレン
  +1’19.467
10マックス・フェルスタッペントロロッソ
  +1’28.424


☞2015F1第15戦ロシアGP予選「サインツJrフリー走行で大クラッシュ!予選欠場」

☞2015F1第15戦ロシアGP「ソフトタイヤでもメルセデスは完全復調か!?」【放送日程】

☞2015F1第14戦日本GP決勝「晴天の鈴鹿でジェンソン・バトン(マクラーレンHONDA)も完走☆」

☞2015F1第14戦日本GP予選「Q3クビアト大クラッシュ!赤旗終了」

☞2015F1第13戦シンガポールGP決勝「コース内の闇に乱入者!2度のセーフティーカー導入」

☞2015F1第13戦シンガポールGP予選「崩れ落ちたメルセデス伝説!」

☞2015F1第12戦イタリアGP決勝「常勝メルセデスの2台に何が起きたのか!?」

☞2015F1第12戦イタリアGP予選「真紅のマシンが嘶きを上げる!」

☞2015F1前期10戦インデックス「歴史を刻むのはメルセデスだけでは無い!」

☞2015F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「HONDA復帰で勢力図が変わる!?」

☞2015モータースポーツスケジュール(四輪)「日本メーカー世界を震撼!国内戦も熱い☆」

☞Formula1レジスタードマーク 

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2015年 10/15 号 [雑誌]


AUTOSPORT(オートスポーツ) 2015年 10/16 号 [雑誌]



posted by ぷらちゃん at 13:39| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック