2015年09月20日

2015SUPER GT 第6戦 スポーツランド菅生 GT500決勝「ピットロードを魔物が封鎖!」





2015SUPER GT 第6戦 スポーツランド菅生 GT500決勝

予選から決勝レース序盤まで菅生の魔物は鳴りを潜めていた・・
しかし 突如として出現!
大暴れは無かったが 小物が大量出現し大混戦となった
そしてボスはピットロードを封鎖してしまったのである

SUPER GT SUGO GT 300KM RACE
9月19日(土)予選 9月20日(日)決勝

天候 晴れ 気温 26℃ 路面温度 38℃
湿度 60% 風速 2m/秒 風向 北北東(参考)
ドライコンディション

秋晴れに恵まれた スーパーGT9月開催のスポーツランド菅生
ススキが揺らぎトンボが舞う穏やかな決勝日 スタートを待っていた

PETRONAS TOM’S RC F 36号車は4基目のエンジン搭載で
10秒ストップのペナルティが科されていたが 制限時間にピットアウト出来ず
ピットスタートとなった

パレードラップとフォーメーションラップが終わりローリングスタート
ポールポジションS−Road MOLA GT−R 46号車を
先頭に菅生としては珍しい程に一列で綺麗にスタートして行った
S−Road MOLA GT−R 46号車スタートドライバー
本山哲史選手はリードを広げて行った・・

DENSO KOBELCO SARD RC F 39号車
平手晃平選手オーバーテイクで外側に膨らみ 縁石に乗り上げ
段差でマシンが跳ねあがり ZENT SERUMO RC F
38号車 立川祐路選手に接触してしまう

D’station ADVAN GT−R 24号車 ミハエル・クルム選手を
ENEOS SUSTINA RC F 6号車 大嶋和也選手が
オーバーテイク WedsSport ADVAN RC F 19号車
関口雄飛選手にも抜かれてしまう

3番手走行の Epson NSX CONCEPT−GT 64号車
ベルトラン・バゲット選手 マシン後部から白煙を上げるがメインストレート
を通過し 1周回してピットイン タイヤを交換タイヤにはダメージは無かった
エンジン始動が遅れたがピットアウトして行った

MOTUL AUTECH GT−R 1号車 松田次生選手がスピン!
これを引き金に魔物が目を覚ましてしまう!!

ZENT SERUMO RC F 38号車 立川祐路選手と
DENSO KOBELCO SARD RC F 39号車
平手晃平選手が再び接触 39号車はコースアウト フェンスに弾かれると
逆サイドのバリアまで飛ばされ激突!マシン大破!
平手選手は放心状態であったがけがは無い模様である

セーフティカーが入り トップのリードは消滅してしまう
そしてピット内が慌ただしくなる このタイミングでルーティンピットイン
ドライバー交代をしてしまうのである ピットレーンはクローズ
31周目ピットレーンオープンとなると 周回遅れの
PETRONAS TOM’S RC F 36号車 ジェームス・ロシター選手以外
全車がピットロードに流れ込んで来る

菅生はピットが狭い為に前後同時にピット作業をする為には
マシンを斜めに止める必要が有り 略全マシンが斜めに並ぶ
作業が終わるとピットロード出口に向かうが 瞬時に大渋滞が発生し
出口付近でマシンの切り返しに詰まり ピットレーン上は麻痺状態と
なってしまう!更にセーフティーカーが離れレース再開となると
ピットレーン出口はレッドシグナルとなり 数珠繋ぎとなった
ピットレーンに取り残されたマシンは足止め状態となり明暗が分かれる

S−Road MOLA GT−R 46号車 柳田真孝選手の
ペースが落ちる ピットインが早まった為に硬めのタイヤを選択したと
思われたが RAYBRIG NSX CONCEPT−GT
100号車 伊沢拓也選手にオーバーテイクを許してしまう

この後 接触とピット作業違反でペナルティが続出する・・
カルソニック IMPUL GT−R 12号車には 20秒と30秒の
2回に渡るピットストップペナルティが科される

ZENT SERUMO RC F 38号車には接触による
ドライビングスルーペナルティが科され
KeePer TOM’S RC F 37号車には ピット作業で
アンドレア・カルダレッリ選手がタイヤ交換時にニュートラルに入らず
タイヤを回転させてしまい ドライビングスルーペナルティ
MOTUL AUTECH GT−R 1号車にも 
カルソニック IMPUL GT−R 12号車との接触による
ドライビングスルーペナルティが科され 何れも対象ドライバーから
交代後にペナルティを代理で受ける状態となった

PETRONAS TOM’S RC F 36号車は
マシントラブル マシンをガレージに収めてしまう
カルソニック IMPUL GT−R 12号車
ARTA NSX CONCEPT−GT 8号車から
次々とマシン後部から白煙が上がる??

ENEOS SUSTINA RC F 6号車 国本雄資選手と
D’station ADVAN GT−R 24号車 佐々木大樹選手の
3位争いが勃発していたが 最後は24号車 佐々木大樹選手が
ストレートエンドでオーバーテイク!

RAYBRIG NSX CONCEPT−GT 100号車
伊沢拓也選手が逃げ切り ホンダNSXがシーズン初勝利を挙げた!
伊沢拓也選手と山本尚貴選手のコンビでの優勝は初
インタビューでは2人共涙を堪えていました
高橋国光監督もインタビューには声を詰まらせ
少年時代に現役高橋国光選手を応援していた身としては込み上げる物があったw

D’station ADVAN GT−R 24号車も表彰台に上り
魔物に振り回された物の 当サイト的にも良い形で
スーパーGT2015 スポーツランド菅生戦は幕を閉じた☆


SUPER GT 第6戦SUGO GT 300KM RACE GT500 決勝結果

1 100RAYBRIG NSX CONCEPT−GT
     1:51’43.118(81Laps)
2 46 S−Road MOLA GT−R
     +2.689
3 24 D’station ADVAN GT−R
     +38.585
4  6 ENEOS SUSTINA RC F
     +42.564
5 19 WedsSport ADVAN RC F
     +42.968
6  1 MOTUL AUTECH GT−R
     +48.812
7 15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT−GT
     +1’25.080
8 17 KEIHIN NSX CONCEPT−GT
     +1’05.955
9 37 KeePer TOM’S RC F
     +1Lap
1038 ZENT SERUMO RC F
     +2Laps
1112 カルソニック IMPUL GT−R
     +3Laps
12 8 ARTA NSX CONCEPT−GT
     +6Laps
1336 PETRONAS TOM’S RC F
     +10Laps
  39 DENSO KOBELCO SARD RC F
     +56Laps
  64 Epson NSX CONCEPT−GT
     +56Laps

※17号車KEIHIN(塚越広大選手)セーフティーカー中追い越し
 ドライビングスルーペナルティ相当として決勝結果に37秒加算
 

☞2015SUPER GT 第6戦 スポーツランド菅生 GT500予選「全車レコードタイム更新!」

☞2015SUPER GT 第6戦 スポーツランド菅生 GT300予選「マシンを選ばず速い佐々木孝太86参戦!」

☞2015SUPER GT 第6戦 スポーツランド菅生「魔物が9月に牙を剥く!」【放送日程】

☞2015SUPER GTスケジュール「国際色高まる一流ドライバーが集結!注目のGTレース最高峰☆」

☞2015モータースポーツスケジュール(四輪)「日本メーカー世界を震撼!国内戦も熱い☆」

☞スポーツランドSUGO WEBサイト

☞SUPER GT公式HP

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡



2015スーパーGT公式ガイドブック 2015年 5/24 号 [雑誌]: AUTOSPORT(オートスポーツ) 増刊


AUTOSPORT(オートスポーツ) 2015年 10/2号 [雑誌]


F1速報 2015年 9/25 号 [雑誌]


RALLY PLUS(6) 2015年 7/26 号 (F1速報 増刊)


GALS PARADISE 2015 トップレースクィーン (SAN-EI MOOK)


ギャルズパラダイス スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック 2015 (SAN-EI MOOK)



posted by ぷらちゃん at 19:01| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック