2015年09月12日

WRC(世界ラリー選手権)2015第10戦ラリー・オーストラリアDAY1「オジェも苦しむスーパーグラベル!」【動画】





WRC2015 第10戦ラリー・オーストラリア DAY1

南半球オーストラリアで開催の世界ラリー選手権
オーストラリア東部の日本との時差は1時間
日本より早く朝を迎えている為 現在既に2日目が
リアルタイムに戦われています

WRC 世界ラリー選手権 2015
第10戦 ラリー・オーストラリア

総走行距離:1023.70km
総ステージ走行距離:311.36km
SS数:17

赤い土埃を上げて激走するWRカー 以前のラリー・オーストラリアは
滑り易い路面でボールベアリングロードと呼ばれていましたが
映像を観ると同様の細かな石が路面を覆っているのが散見されます
特に走行順が早く午前中1回目の走行は路面の掃除役となってしまう
グラベルラリー特有の走行順の不利が最も影響するラリー・オーストラリアです


SS1−4

前戦ラリー・ドイチェランドの屈辱を跳ね返すかの様に
クリス・ミーク(シトロエン)が SS3までを3連続トップタイム
絶好調のダニ・ソルド(ヒュンダイ)を逆転し午前のループ1位に


SS5−8

怪我で欠場のマッズ・オストベルク(シトロエン)に代り
WRカーで初のグラベルを戦うステファン・ルフェーブル(シトロエン)は
9番手に着けていたがDAY1最終ステージSS8で岩にヒット
デイリタイアとなってしまう

チャンピオン セバスチャン・オジェ(フォルクス・ワーゲン)としても
流石にラリー・オーストラリアはスタート順トップの路面の掃除役に
苦戦している様だ それでも3番手まで浮上して来た

午後のループで3連続トップタイムを叩き出したヤリマティ・ラトバラ
(フォルクス・ワーゲン)が大逆転し初日トップに躍り出た!


WRC2015 第10戦ラリー・オーストラリア DAY1
SS8後 総合順位

1 ヤリマティ・ラトバラ  (フォルクス・ワーゲン)
  1:15’29.1
2 クリス・ミーク     (シトロエン)
  +2.0
3 セバスチャン・オジェ  (フォルクス・ワーゲン)
  +4.6
4 アンドレアス・ミケルセン(フォルクス・ワーゲン)
  +12.9
5 ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +15.9
6 ヘイデン・パッドン   (ヒュンダイ)
  +25.5
7 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  +37.2
8 オット・タナク     (M・スポーツ・フォード)
  +40.2
9 エルフィン・エバンス  (Mスポーツ・フォード) 
  +2’21.8
10ロレンツォ・ベルテリ  (フォード FWRT)
  +3’37.9


☞WRC(世界ラリー選手権)2015第10戦ラリー・オーストラリア「赤い土埃のグラベルステージ!」【放送日程】

☞WRC(世界ラリー選手権)2015第9戦ラリー・ドイチェランド総集編「フォルクスワーゲン母国ドイツ初優勝!」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2015第8戦ラリー・フィンランド総集編「フライングフィン伝説復活!」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2015第7戦 ラリー・ポーランド総集編「王者オジェ5勝目!」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2015前期 総集編!「水没から初優勝まで!」【動画】

☞2015年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)

☞2015モータースポーツスケジュール(四輪)「日本メーカー世界を震撼!国内戦も熱い☆」

☞ラリーオーストラリア 公式サイト

☞WRC 公式サイト

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY CARS Vol.09 (SAN-EI MOOK)


RALLY PLUS(6) 2015年 7/26 号 (F1速報 増刊)


F1速報 2015年 9/25 号 [雑誌]


AUTO SPORT(オートスポーツ) 2015年 9/18 号 [雑誌]



posted by ぷらちゃん at 13:31| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック