2015年07月06日

2015F1第9戦イギリスGP決勝「ウイリアムズのワンツーで始まる決勝レース!?」





2015F1第9戦イギリスGP決勝

母国グランプリでポールポジションを獲得したルイス・ハミルトン
(メルセデス)イギリスグランプリとしては珍しい白い雲が浮かぶ
青空が続いて穏やかな表情を見せるシルバーストンサーキット
しかし決勝レースは予想を遥かに超えたオープニングラップで
大波乱の幕を開けた・・!

2015F1 第9戦イギリスGP 決勝

シルバーストン・サーキット
5.891km
コーナー数 18  時計回り
決勝 52Laps

シルバーストンとの時差は−8時間(サマータイム)

天候 曇り一時雨 気温 19℃ 路面温度 32℃
湿度 52% 風速 5.0m/秒 風向 南西(参考)
ドライコンディション/ウェットコンディション

スタートのシグナルがブラックアウト! その瞬間に
ルイス・ハミルトン(メルセデス)とニコ・ロズベルグ
(メルセデス)の間を突き抜けてトップに躍り出たのは
フェリッペ・マッサ(ウイリアムズ)だった!!

ニコ・ロズベルグ(メルセデス)も前戦オーストリアGPの
スタートを再現する事は出来ず4番手・・
後方では多重クラッシュによりジェンソン・バトン(マクラーレン)
のサイドにフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が
突き刺さる形でバトンはリタイア

ロマン・グロージャン(ロータス)パストール・マルドナド
(ロータス)も同士討ちとなりリタイア セーフティカーが導入された
フェルナンド・アロンソはスタートで9番手に浮上したが
セーフティーカーの間にピットイン フロントウイング交換で最後尾に

3ラップ目に再スタートが切られると
ルイス・ハミルトンは巻き返しを図るがショートカットしたため
先を譲る形になったが バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)にも
先行されてしまい 誰も予想しなかったウイリアムズワンツーが
描き出された!

このままウイリアムズ2台がリードすればチャンピオンシップでは
ハミルトンとロズベルグのポイント差の開きは小さくなり
シーズン後半戦が楽しくなる折り返しとなる
ピットインは ルイス・ハミルトンから始まった
続いてフェリッペ・マッサ ニコ・ロズベルグ この間に新しいハードタイヤに
履き替えたハミルトンは地元ファンの応援を過給し!
トップのポジションに返り咲きます!!

ハミルトンがトップ ウイリアムズ2台を挟んでロズベルグが
4番手となると シリーズは危機的なポイント差が生じてしまう

決勝レース後半になると あれ程良い天気に恵まれ降水確率も
30%程度で有ったが レーダーには雨を齎す赤い影が迫って来る!
ブリティッシュウェザーだ!!
降らないで通過する可能性も有り コースの一部で降る場合も
降り方が強いのか弱いのか インターミディエイトかウエットタイヤか?

難しいコンディションでの選択はインターミディエイトタイヤだろう
問題はどのラップで交換するかだ!
この状況下であるとチーム判断に身を委ねるのが通常と思われる
最初に交換に入ったのはキミ・ライコネン(フェラーリ)だった

トップ争いではルイス・ハミルトンが地元の地の利を生かして
自身の判断でタイヤ交換に踏み切った様に見えた
同じ周回で交換したのはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
この間にニコ・ロズベルグはプッシュを試みるが・・・

ブリティッシュウェザーも味方したのはルイス・ハミルトン!?
次の周回でニコ・ロズベルグがインターミディエイトに交換
ウイリアムズはダブルピット 2台同時のピットインだ!
ニコ・ロズベルグはルイス・ハミルトンの後ろにコースイン
ウイリアムズのダブルピットは静観で見事だったが
アウトラップはセバスチャン・ベッテルに先行を許してしまう

選択が早過ぎたキミ・ライコネンはタイヤの消耗が激しく
順位は落とさずに済んだが2セット目のインターミディエイト
タイヤに交換 この天候状態でイギリスグランプリ
決勝レースはフィニッシュを迎えた

ルイス・ハミルトン(メルセデス)が母国グランプリを
トップを明け渡す形で有ったがポールトゥウィンで制し
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)は移籍後初の
ポイント獲得となった

リザルトだけを見ると何時もと同じ様な代わり映えの無い
メルセデスのワンツーの様だが
こんなに激しいドラマが展開されているのは素晴らし過ぎる
F1グランプリはまだまだトップカテゴリーで君臨して欲しい
そしてモタースポーツは参戦しても観戦しても楽しい物だと
多くの方に伝わって欲しい♡


F1GP2015第9戦イギリスGP決勝 結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス
 1:31’27.729
2 ニコ・ロズベルグ     メルセデス
  +10.956
3 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  +25.443
4 フェリッペ・マッサ    ウイリアムズ
  +36.839
5 バルテリ・ボッタス    ウイリアムズ
  +1’03.194
6 ダニール・クビアト    レッドブル
  +1’03.955
7 ニコ・ヒュルケンベルグ  Fインディア
  +1’18.744
8 キミ・ライコネン     フェラーリ
  +1Lap
9 セルジオ・ペレス     Fインディア
  +1Lap
10フェルナンド・アロンソ  マクラーレン
  +1Lap

☞2015F1第9戦イギリスGP予選「ハミルトン母国グランプリで現役最多ポールポジション獲得!」

☞2015F1第8戦オーストリアGP決勝「ライコネンとアロンソが交錯!?」

☞2015F1第8戦オーストリアGP予選「路面状況変化で予選は大混戦!?」

☞2015F1第7戦カナダGP決勝「ライコネン アウトラップで単独スピン!?」

☞2015F1第7戦カナダGP予選「ベッテルQ1敗退更に5グリッド後退!?」

☞2015F1第6戦モナコGP決勝「ニコ・ロズベルグ伝統のモナコ3連覇!マイスターの称号」

☞2015F1第6戦モナコGP予選「ハミルトン モナコ初のポール獲得!」

☞2015F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「HONDA復帰で勢力図が変わる!?」

☞2015モータースポーツスケジュール(四輪)「日本メーカー世界を震撼!国内戦も熱い☆」

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2015年 7/9 号 [雑誌]


AUTOSPORT(オートスポーツ) 2015年 7/17 号 [雑誌]


RALLY PLUS(6) 2015年 7/26 号 (F1速報 増刊)


ギャルズパラダイス スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック 2015 (SAN-EI MOOK)



posted by ぷらちゃん at 11:01| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック