2015年07月05日

WRC(世界ラリー選手権)2015第7戦 ラリー・ポーランドDAY2「おっとタナク表彰台圏内に!」【動画】





WRC2015 第7戦ラリー・ポーランド DAY2

72回の開催を迎える伝統ラリー WRCとしては2014年に復活
表面は砂が積もりスリッピーだが 固く締まった路面は
超高速ステージとなる!
 
WRC 世界ラリー選手権 2015
第7戦 ラリー・ポーランド

総走行距離:1192.50km
総ステージ走行距離:313.53km
SS数:19


SS9−13

初日首位のセバスチャン・オジェ(フォルクス・ワーゲン)は
デイリタイアの再スタートが居ない為DAY2も先頭スタートとなり
路面に積もった埃の掃除役になったが 舞い上げた砂埃が
後続マシンの視界を遮り 最初のステージでトップタイムに!!
SS11からは走行間隔を2分から3分に変更された


SS13−16

SS14は観客が危険なエリアに多数侵入し 安全上の問題から
キャンセルとなってしまった 広い視界の良いラリーなので
無理にステージに近付かず ゆったりと観戦して頂きたい☆

最初の動画を観るとオット・タナク(M・スポーツ・フォード)と
地元の期待ロバート・クビサ(RKワールド・フォード)が
同じコーナーでスピンを喫しているが
ロバート・クビサは1つ順位を落とし
オット・タナクは順位を1つ上げ DAY2終了時3番手
表彰台圏内へと浮上した!

最終日 今シーズン人気急上昇のオット・タナク
WRC初表彰台はあるのだろうか? 楽しみ過ぎます♡


WRC2015 第7戦 ラリー・ポーランド DAY2
SS17後 総合順位

1 セバスチャン・オジェ  (フォルクス・ワーゲン)
  2:12’23.2
2 アンドレアス・ミケルセン(フォルクス・ワーゲン)
  +5.6
3 オット・タナク     (M・スポーツ・フォード)
  +17.6
4 ヤリマティ・ラトバラ  (フォルクス・ワーゲン)
  +19.1
5 ヘイデン・パッドン   (ヒュンダイ)
  +55.7
6 ティエリー・ヌービル  (ヒュンダイ)
  +1’15.1
7 ロバート・クビサ    (RKワールド・フォード)
  +1’29.2
8 クリス・ミーク     (シトロエン)
  +1’39.4
9 マッズ・オストベルグ  (シトロエン)
  +1’56.0
10ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +2’17.1


☞WRC(世界ラリー選手権)2015第7戦 ラリー・ポーランドDAY1「午後は硬い路面が剥き出しに!」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2015第7戦ラリー・ポーランド「クビサの故郷 超高速ラリー!」【放送日程】

☞WRC(世界ラリー選手権)2015第6戦ラリー・イタリアDAY3「祝☆初表彰台!ヘイデン・パッドン(ヒュンダイ)!」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2015第5戦ラリー・ポルトガルDAY4「オジェの猛追を振り切りラトバラ今季初優勝!」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2015第4戦アルゼンチンDAY4「クリス・ミーク初優勝!」【動画】

☞2015年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)

☞2015モータースポーツスケジュール(四輪)「日本メーカー世界を震撼!国内戦も熱い☆」

☞ラリーポーランド 公式サイト

☞WRC 公式サイト

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS(6) 2015年 7/26 号 (F1速報 増刊)


AUTOSPORT(オートスポーツ) 2015年 7/17 号 [雑誌]


F1速報 2015年 7/9 号 [雑誌]


ル・マン24時間 2015: サンエイムック





posted by ぷらちゃん at 21:07| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック