2015年06月08日

2015F1第7戦カナダGP決勝「ライコネン アウトラップで単独スピン!?」





2015F1第7戦カナダGP決勝

2015F1 第7戦カナダGP 決勝

ヨーロッパから北米に渡ったF1グランプリは
セントローレンス川に浮かぶ中州の高速サーキット
カナダグランプリの決勝を迎えた!

5基目のパワーユニット交換や走行中のペナルティで
決勝グリッド 特に後方が入り乱れているが
波乱の多いカナダGP セーフティカー導入も視野に入れ
戦略が錯綜する・・

ジル・ビルヌーブ・サーキット
4.361km
コーナー数 13 時計回り
決勝 70Laps

モントリオールとの時差は−13時間(サマータイム)

天候 曇り 気温 20℃ 路面温度 39℃
湿度 28% ドライコンディション

簡単に決勝グリッドを確認すると
マックス・フェルスタッペン(トロロッソ)は予選12位ですが
モナコGP決勝でロマン・グロージャン(ロータス)との接触で
5グリッド降格 更に5基目のエンジン搭載で10グリッド降格
計15グリッド降格は消化出来ず 決勝レース19番グリッドとなり
残り8グリッド降格は決勝レース結果に10秒加算

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は予選16位から
フリー走行中赤旗の追い越しで5グリッド降格
チャンピオンシップポイントから3ポイントを剥奪されている
グリッドは18番グリッド 未消化分不明!(確認中w)

ジェンソン・バトン(マクラーレン)は予選を走れなかったが
フリー走行の状況から決勝レース出場を認められ
最後尾スタート 予選終了後5基目のパワーユニット交換で
10グリッド降格だが消化出来ないので スタートから3周以内に
ドライブスルーペナルティを受けなければならない
ピットスタートを検討していた様だが20番グリッドに着いている

ペナルティによるグリッドを纏めたつもりだが
更に混乱して来ました!w 計算が合いませんが 降格の経緯と
決勝グリッドのアクチャルですw

大混乱のスタートグリッドでしたが 波乱で有名なカナダGPの
決勝レーススタートは 他のレースでも稀な程にスムーズで
綺麗なスタートでした

こうなると観処は セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)と
Q1敗退決勝レース15番グリッドからスタートとなった
フェリッペ・マッサ(ウイリアムズ)の逆襲!

ベッテルとマッサのオーバーテイク劇は楽しかったのですが
20台のマシンが無傷で全くアクシデント無く進むレースは
日本時間深夜の生中継では 苦しい物が有りますw

終盤まで持ち堪えていたマクラーレンHONDAでしたが
フェルナンド・アロンソに無線が飛びます
「燃料をセーブする様に!」
しかしアロンソは「走らせてくれ!」と答えています
ポイントを獲得できないなら高速サーキットでデータを獲得したい
ファンの気持ちにも応えたいというところでしょう
虚しくもアロンソは47周 ジェンソン・バトンも57周で
ガレージにマシンを収めてしまった
 
キミ・ライコネン(フェラーリ)は3番グリッドスタート
ベッテルの分までメルセデスの牙城を崩しに掛からないといけない
ライコネンは26周最初のピットインでスーパーソフトから
ソフトタイヤに履き替えたが アウトラップで単独スピン!
「昨年と同様だ!」とライコネンはマシンの不調を訴えたが
不甲斐無いがドライビングミスにしか見えなかった・・
このスピンによるタイムロスと1ストップで可能であっただろう
決勝レースの表彰台を逃してしまった

大きなアクシデントも無く 天候も崩れず セーフティーカーが
1度も入らなかったカナダGPは
ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールトゥウィン
ニコ・ロズベルグ(メルセデス)が2位
残りの表彰台に上ったのは バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)
ウイリアムズとボッタスにとって今シーズン初の表彰台を齎した!
メルセデスパワーユニットの表彰台独占
開いてみれば一番の立役者となったのはボッタスだったか!?

【用語解説】「リフト・アンド・コースト」
高速サーキット カナダGP 中継解説の中で頻繁に用いられた
「リフト・アンド・コースト」2014年からの
厳しいレギュレーションにより燃費が制限され
燃費向上・タイヤの消耗軽減・ブレーキの負担軽減・
回生エネルギーの向上等から ハードブレーキングのコーナー手前から
アクセルオフし惰性でマシンを走らせる事が必要となってしまう
アクセルオフ時は赤いテールランプが点滅している
 

F1GP2015第7戦カナダGP決勝 結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1:31’53.145
2 ニコ・ロズベルグ     メルセデス
  +2.285
3 バルテリ・ボッタス    ウイリアムズ
  +40.666
4 キミ・ライコネン     フェラーリ
  +49.903
5 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  +49.903
6 フェリッペ・マッサ    ウイリアムズ
  +56.381
7 パストール・マルドナド  ロータス
  +1’06.664
8 ニコ・ヒュルケンベルグ  Fインディア
  +1Lap
9 ダニール・クビアト    レッドブル
  +1Lap
10ロマン・グロージャン   ロータス
  +1Lap


☞2015F1第7戦カナダGP予選「ベッテルQ1敗退更に5グリッド後退!?」

☞2015F1第7戦カナダGP「セントローレンス川に浮かぶ高速サーキット!逆襲は?」【放送日程】

☞2015F1第6戦モナコGP決勝「ニコ・ロズベルグ伝統のモナコ3連覇!マイスターの称号」

☞2015F1第6戦モナコGP予選「ハミルトン モナコ初のポール獲得!」

☞2015F1第5戦スペインGP決勝「ニコ・ロズベルグ今シーズン初優勝をポールトゥウィンで飾る!」

☞2015F1第5戦スペインGP予選「カラーリング効果!?マクラーレン2台Q2進出!」

☞2015F1第4戦 バーレーンGP決勝「ライコネン1年半振りフェラーリ移籍後初の表彰台!」

☞2015F1第4戦 バーレーンGP予選「マクラーレンHONDAアロンソQ2進出!」

☞2015F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「HONDA復帰で勢力図が変わる!?」

☞2015モータースポーツスケジュール(四輪)「日本メーカー世界を震撼!国内戦も熱い☆」

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2015年 6/11 号 [雑誌]


AUTOSPORT(オートスポーツ) 2015年 6/19 号 [雑誌]


RALLY CARS Vol.8 ダットサン・バイオレット (SAN-EI MOOK)


ギャルズパラダイス スーパーGTレースクイーン オフィシャルガイドブック 2015 (SAN-EI MOOK)



posted by ぷらちゃん at 11:51| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック