2015年04月27日

WRC(世界ラリー選手権)2015第4戦アルゼンチンDAY4「クリス・ミーク初優勝!」【動画】





WRC2015 第4戦 ラリー・アルゼンチン DAY4

WRC 世界ラリー選手権 2015
第4戦 ラリー・アルゼンチン DAY4

総走行距離:1396.34km
総ステージ走行距離:342.59km
SS数:12

最終日は16.32km「エル・コンドル」のスペシャル・ステージを
2回走ってフィニッシュとなる 最後のSS12はパワーステージ
3ポイント獲得のバトルにも注目だ!


SS11−12

3番手に着けていたヤリマティ・ラトバラ(フォルクス・ワーゲン)の
エンジンが3気筒になる症状でロードセクションでマシンを止めてしまい
何とポイント圏内から絶好調でシリーズをリードしていた
フォルクス・ワーゲンが消えてしまった!

パワーステージでは白熱したバトルでアクシデントが続出!
アンドレアス・ミケルセン(フォルクス・ワーゲン)が
岩にヒットして宙に舞いストップ!
ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)も同じ岩にヒットして
捻りが入って空中180度ターン 左リアタイヤを失う
2台共リタイアとなってしまった

2位キープを宣言したマッズ・オストベルグ(シトロエン)は
パワーステージを慎重に走り3番手タイムで1ポイント追加
クリス・ミーク(シトロエン)は5番手タイムでフィニッシュ
ラリー・アルゼンチンをトップで走り切りWRC初優勝を飾った!
「この勝利をコリン・マクレーに捧げる」と語った☆
シトロエンは3年振りのワンツーフィニッシュとなる

パワーステージを制したのはデイリタイアからラリー2で復帰の
セバスチャン・オジェ(フォルクス・ワーゲン)
王者はただでは転ばない3ポイント獲得
SS11をトップタイム パワーステージを2番手でフィニッシュした
ダニ・ソルド(ヒュンダイ)は総合でも5位に浮上した 


WRC2015 第4戦 ラリー・アルゼンチン DAY4
SS12後 総合順位

1 クリス・ミーク     (シトロエン)
  3:41’44.9
2 マッズ・オストベルグ  (シトロエン)
  +18.1
3 エルフィン・エバンス  (Mスポーツ・フォード) 
  +3’27.4
4 マーティン・プロコップ (JIPOCARチェコ・フォード)
  +6’26.1
5 ダニ・ソルド      (ヒュンダイ)
  +10’46.7
6 ハリッド・アルカシミ  (シトロエン)
  +11’19.9
7 アブドゥラジズ・アル-クワリ
  +16’02.6
8 ディエゴ・ドミンゲス
  +18’48.2
9 グスターボ・サバ
  +21’20.6
10フェデリコ・ビラグラ
  +25’19.6


☞WRC(世界ラリー選手権)2015第4戦アルゼンチンDAY3「ウォータースプラッシュでエンジンストップ!」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2015第4戦アルゼンチンDAY2「大波乱シトロエンが1−2!?」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2015第4戦ラリー・アルゼンチンDAY1「コースが荒れて過酷さが増加!?」【動画】

☞WRC(世界ラリー選手権)2015第4戦ラリー・アルゼンチン「絶景の丘陵地に立ち昇る土煙!」【放送日程】

☞2015年WRCカレンダー(世界ラリー選手権・スケジュール)

☞2015モータースポーツスケジュール(四輪)「日本メーカー世界を震撼!国内戦も熱い☆」

☞ラリーアルゼンチン 公式サイト

☞WRC 公式サイト

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


RALLY PLUS 5 2015年 3/10 号


RALLY CARS Vol.8 ダットサン・バイオレット (SAN-EI MOOK)


AUTOSPORT(オートスポーツ) 2015年 5/9 号 [雑誌]


F1速報 2015年 5/14 号 [雑誌]



posted by ぷらちゃん at 09:27| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | WRC観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック