2015年04月13日

WEC世界耐久選手権2015開幕戦シルバーストン6時間「中嶋一貴表彰台へ!」【動画】





WEC世界耐久選手権2015開幕戦シルバーストン6時間

開幕戦シールバーストン6時間耐久は 201ラップを周回し
3位までが同一周回僅か15秒程の僅差に詰まり
3メーカーが表彰台を分け合う結果となりました



FIA世界耐久選手権 2015シーズン
全6戦全てでルマン形式のスタートとなりました
と言っても安全確保の為に 昔の様にドライバーが走って
マシンに乗り込む事は無く 順次発進後ローリングスタートです

スタートではアウディの7号車がズルズルと後退して行くアクシデント
ギアが入らずに最後尾まで順位を落としてしまいますが
直ぐにトップ集団に復帰します



ポールポジションの17号車と18号車のポルシェが先行し
トヨタとアウディのバトルが繰り広げられていた序盤
最初に耐久レースの餌食となったのは
トップの17号車ポルシェ!ピットインし再びコースに戻る事無くリタイア

中盤から中盤まで3メーカーのバトルが繰り広げられ
1号車のトヨタがトップを快走する場面も有りましたが
トップに躍り出てリードを築いたのは7号車アウディ

終盤1号車トヨタが35秒のリードを開き2位を
走行していましたが 残り30分ピットイン!
序盤のオールコースイエローフラッグで給油していた為か
不足分の給油を行いました
ピットアウトは残念・・
18号車ポルシェに先行されてしまいました
3番手にポジションダウン
 
このままチェッカーを受けるまで独走を続けるかに思えた
7号車アウディでしたが 残り20分!
何と7号車アウディにペナルティが発令!!
下位クラスのマシンをオーバーテイクする際にコース外に膨らみ
4輪脱輪しての追い越しとして ピットへのストップアンドゴー
ペナルティが課せられた!

7号車アウディはピットロードに入りペナルティを受けると思われたが
何と給油と短時間のピット作業!?
どんでん返しの可能性が出て来たのか・・!?
再び7号車アウディがピットイン ストップアンドゴーで
コースに戻りましたが 広げていたリードが1分以上で
トップで戻ります

6時間を迎えた時点で 201周の同一ラップ内に
LMP1クラスのマシンが 3メーカー3台
僅か15秒程の間に入る 激戦となっていました☆


ハイライト

2015WEC 第1戦シルバーストン6時間 決勝結果

1  7 アウディR18e−トロン・クアトロ
     201Lap 6:00’30.876
 M・ファスラー/A・ロッテラー/B・トレルイエ

2 18 ポルシェ919ハイブリッド
     +4.610sec
 R・デュマ/N・ジャニ/N・リーブ
  
3  1 トヨタTS040ハイブリッド
     +14.816sec
 A・デイビットソン/S・ブエミ/中嶋一貴

中嶋一貴選手は表彰台へ! トヨタ2号車は200周回で4位でした

放送日程の記事で誤ってトヨタのマシンを昨年のカーナンバー
「7」で掲載してしまったら 7号車アウディが優勝してしまいましたw
日本の皆様申し訳ございません

今週末は国内戦スーパーフォーミュラも開幕
アンドレ・ロッテラー選手凱旋帰国(日本)ですね☆

☞WEC世界耐久選手権2015開幕戦シルバーストン6時間「観戦もLIVEで耐久応援しよう!」【放送日程】

☞2015WEC(世界耐久選手権)開催カレンダー【日程】

☞2015モータースポーツスケジュール(四輪)「日本メーカー世界を震撼!国内戦も熱い☆」

☞FIA World Endurance Championship − Official Website

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


AUTOSPORT(オートスポーツ) 2015年 4/24 号


F1速報 2015年 4/16 号 [雑誌]


RALLY CARS Vol.8 ダットサン・バイオレット (SAN-EI MOOK)


ギャルズ・パラダイス 2015―東京オートサロン編 (SAN-EI MOOK)



posted by ぷらちゃん at 09:18| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック