2015年04月06日

2015SUPER GT 開幕戦 岡山国際サーキット GT500決勝「雨に紛れトップが入り乱れる大激戦!?」





2015SUPER GT 開幕戦 岡山国際サーキット GT500決勝

誰が予想したでしょうか!?これ程トップを交えて順位が
入れ替わる混戦のGTは初めて観ました☆

SUPER GT
OKAYAMA GT 300KM RACE
OKAYAMA INTERNATIONAL CIRCUIT
4月4日(土)予選・5日(日)決勝

岡山国際サーキット 
全長 3.703km コーナー数 13
決勝 82Lap

天候 曇り/雨 気温 18℃ 路面温度 20℃
湿度 74% 風速 1m/秒 風向 北北西(参考)
ウェットコンディション


雨の予報が出ていましたが スタート前には雨が降っていない
判断が一番難しいコンディションとなってしまいました・・
誰も参考にしていないと思いますがw 
筆者の予報は「終日弱い雨」です・・

500クラスでは 17号車 KEIHIN NSX CONCEPT−GT
スタートドライバー武藤英紀選手は 唯一スリックタイヤ装着

オープニングラップからスピンをするマシンが続出
路面コンディションが乾いて来る事は無く やがて雨もポツリポツリ

序盤勢い良く順位を上げて来たのはGT−R勢
46号車 S−Road MOLA GT−R 本山哲選手が
10番グリッドから3位まで順位を上げ
1号車 MOTUL AUTECH GT−R 
ロニー・クインタレッリ選手は4度目のチャンピオン獲得に向け
トップに躍り出ます

IMG_3320t.jpg

19Lap 32号車 Epson NSX CONCEPT−GT
中嶋大祐選手 タイヤが外れてしまい クラッシュは免れましたがリタイア

天候とは直接関係無く 間接的には絡んだアクシデントが
GT−R勢を襲って行きます・・
1号車 MOTUL AUTECH GT−R 
雨と気温を予測したブレーキの冷却を控えめにしたと思われる
左リアカーボンブレーキの炎上!
トップを快走と思われた ロニー・クインタレッリ選手
ピットまで戻りましたが 消火されそのままリタイア

46号車 S−Road MOLA GT−R 本山哲選手は
原因不明で順位を落として来ました・・

36号車 PETRONAS TOM’S RC F
接触行為のドライブスルーペナルティを消化後
原因不明リタイア エンジントラブルとの噂も?

中盤 路面が乾き始めやっとドライタイヤのタイムと
レインタイヤのタイムが並び始めると 
軒並み順位を上げて来たのが NSX勢!
なんと新規参入デビュー戦の 15号車 小暮卓史選手
ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT−GT
トップに躍り出て来ました! 
デビューWINを飾ってしまうのか!?☆

IMG_2876h.jpg

NSXのバトルが繰り広げられ トップに躍り出たのは
100号車 RAYBRIG NSX CONCEPT−GT
山本尚貴選手! 
2014シーズンを追い駆けていた諸氏には
NSX勢が上位を独占して行く状況を予想だにしなかっただろう
ウェットコンディションで重量配分がリアに大きい
NSXに有利に働いているのか!?
予想はしていないが ホンダNSX勢の活躍は
開幕戦からシーズンを盛り上げてくれ 嬉しい限りであったのだが

再び雨が降り始め 終盤に掛けて雨粒が大きくなると
水を得た魚の様に元気を取り戻したのは LEXUS勢だった!
NSXとRCFの違いは 明らかに天候を意識したセッティングの
差であった NSX勢はドライコンディションセッティングで
賭けに出ていたのだ しかし速さは魅せ付けてくれたので
本当のドライコンディションでの激戦が楽しみになりました
一方 完全なウェットコンディションセッティングで
守りに出ていたLEXUS勢は 尋常で無い速さを取り戻し
トップに躍り出たのは 
37号車 KeePer TOM’S RC F
ポールポジションを獲得した 平川亮選手!

IMG_2703.jpg

激しい水飛沫を上げながら ポールトゥウィン初優勝☆
湿った空気の中ライトをハイビームに照らしての
フィニッシュライン通過は マシンが全く見えなくなって
プロモーションに使えなくなってしまったのでは!?w
スタートから逃げ切りのポールトゥウィンでは無く
巻き返しての優勝は 称賛です

第2戦以降も ドライコンディションでも
3メーカーの激戦が繰り広げられる事を期待します♡


SUPER GT 第1戦 OKAYAMA GT 300KM RACE GT500 決勝結果 (暫定)

1 37 KeePer TOM’S RC F
     2:12’00.419
2 100RAYBRIG NSX CONCEPT−GT
     +42.663 
3 38 ZENT SERUMO RC F
     +44.265
4  8 ARTA NSX CONCEPT−GT
     +48.768
5 39 DENSO KOBELCO SARD RC F
     +54.612
6 15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT−GT
     +1’08.923
7 12 カルソニック IMPUL GT−R
     +1’13.573
8 46 S−Road MOLA GT−R
     +1Lap
9  6 ENEOS SUSTINA RC F
     +1Lap
1019 WedsSport ADVAN RC F
     +1Lap
1124 D’station ADVAN GT−R
     +3Laps
1217 KEIHIN NSX CONCEPT−GT
     +5Laps
13 1 MOTUL AUTECH GT−R
     +16Laps
1436 PETRONAS TOM’S RC F
     +24Laps

――32 Epson NSX CONCEPT−GT
     +65Laps

☞2015SUPER GT 開幕戦 岡山国際サーキット 予選 500クラス「青い瞳のコバライネン大暴れの激走!?」

☞2015SUPER GT 開幕戦 岡山国際サーキット 予選 300クラス「マザーシャシー好ポジションデビュー☆」

☞2015SUPER GT 開幕戦 岡山国際サーキット【放送日程】「世界最強GTマシンが熟成を重ね駆け抜ける!」

☞2015SUPER GTスケジュール「国際色高まる一流ドライバーが集結!注目のGTレース最高峰☆」

☞2015モータースポーツスケジュール(四輪)「日本メーカー世界を震撼!国内戦も熱い☆」

☞岡山国際サーキット WEBサイト

☞SUPER GT公式HP

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡

掲載写真は 2014年鈴鹿1000kmで撮影の画像です
写真の無断転載等はご遠慮願います


AUTOSPORT(オートスポーツ) 2015年 4/10 号 [雑誌]


F1速報 2015年 4/16 号 [雑誌]


RALLY PLUS 5 2015年 3/10 号


ギャルズ・パラダイス 2015―東京オートサロン編 (SAN-EI MOOK)



posted by ぷらちゃん at 00:55| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック