2015年03月28日

2015F1第2戦マレーシアGP予選「激しいスコールを味方にフェラーリ2戦目ベッテルフロントロー獲得☆」





2015F1第2戦マレーシアGP予選

2015F1第2戦は東南アジア赤道直下マレーシア
クアラルンプールにほど近いセパンインターナショナルサーキット
唯一筆者が海外観戦経験の有るサーキットです

セパン・インターナショナル・サーキット
5.543km
コーナー数 15 時計回り
決勝 56Laps

クアラルンプールとの時差は−1時間

天候 曇り/雨 気温 32℃ 路面温度 55℃
湿度 57%  
ドライコンディション→ウェットコンディション

公式フリー走行までは晴れが続いていました
今朝マレーシアの天気予報を視て 湿度90%
これは降るな・・ 予選の時間に重なるかは定かでは無いが
毎朝天気をブツブツ唱えていますがw
http://wa-dachi.jp/mygarage/

開幕戦を欠場したフェルナンド・アロンソが復帰しました
マクラーレンHONDA MP4−30
グランプリでステアリングを握ります
テスト走行の事故はステアリングが重く動かなくなった
と語っています 素人目にはパワーステアリングトラブル!?
開幕戦から2週間 マシンのセットアップは向上しなかったのか
他のチームの成長が著しいのか 後者が正解な気がするが
二人のチャンピオンを以ってしても Q1を突破する事すら
出来なかった・・

Q2が始まる前には黒い雲が近付いて 雷も光っています
マレーシアのスコールは凄まじいですw
全マシンが雨が降る前にタイムアタックを終了する為に
ピットロードに並び一斉にコースに出て行く様は感動的でもある
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が先頭に並ぶ

キミ・ライコネン(フェラーリ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)が
膠着していた様に見えたが 前方と間隔を開いたかに見えた
キミ・ライコネンが逆に前方を塞がれる形でQ2で振り落とされてしまう
しかし11番グリッドからの挽回は可能だろう

激しいスコールが降り出しQ3はディレイされている
生中継観戦はこの時間も共有出来るので楽しいw
このままQ3無しも予想されたが それはスコールである
Q3インターミディエイトで走行できるまでに雨が弱まる

ルイス・ハミルトン(メルセデス)が雨を制したと記事になっているが
一番上手く味方にしたのは セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だろう
マックス・フェルスタッペン(トロロッソ)17歳が6番グリッドを
手に入れたw 明日の決勝スタートはここに注目かな・・

明日も雨が予想されるが 今日と同じ位の短時間ならレースを面白くする
止まずにレースが再開せず ポイント半分という事が以前に有る
サーキットだけに心配は有るが スタートから雨は面白く無く
危険も大きいので晴れを祈りましょう♡
 
F1GP2015第2戦マレーシアGP予選 結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1’49.834
2 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
  1’49.908
3 ニコ・ロズベルグ     メルセデス
  1’50.299
4 ダニエル・リカルド    レッドブル
  1’51.541
5 ダニール・クビアト    レッドブル
  1’51.951
6 マックス・フェルスタッペントロロッソ
  1’51.961
7 フェリッペ・マッサ    ウイリアムズ
  1’52.473
8 ロマン・グロージャン   ロータス
  1’52.981
9 バルテリ・ボッタス    ウイリアムズ
  1’53.179
10マーカス・エリクソン   ザウバー
  1’53.261

☞2015F1第2戦マレーシアGP「開幕戦欠場のアロンソ復帰!」【放送日程】

☞2015F1開幕戦オーストラリアGP決勝「サバイバル開幕戦マクラーレンHONDAバトン完走!」

☞2015F1開幕戦オーストラリアGP予選「新人サインツJrQ3進出!8番グリッド獲得☆」

☞2015F1GPカレンダー(スケジュール・日程)「HONDA復帰で勢力図が変わる!?」

☞2015モータースポーツスケジュール(四輪)「日本メーカー世界を震撼!国内戦も熱い☆」

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


F1速報 2015年 4/2 号


AUTOSPORT(オートスポーツ) 2015年 4/10 号 [雑誌]


RALLY PLUS 5 2015年 3/10 号


ギャルズ・パラダイス 2015―東京オートサロン編 (SAN-EI MOOK)



posted by ぷらちゃん at 23:48| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック