2014年11月15日

2014SUPER GT 最終戦 ツインリンクもてぎ 予選 500クラス「駆動系が悲鳴を上げるマシン続出!?」





2014SUPER GT 第8戦 MOTEGI GT 250KM RACE 予選

チャンピオン争いが最終戦まで持ち越されている
2014シーズン スーパーGT
最終戦は ウエイトハンディが解除され
気温が下がってパワーが増加したターボの新型マシンは
コースレコードタイムを塗り替えて激戦を繰り広げる!

SUPER GT
MOTEGI GT 250KM RACE
TWIN RING MOTEGI
11月15日(土)16日(日)

天候 晴れ 気温 14℃ 路面温度 21℃
湿度 30% 風速 3m/秒 風向 北北西(参考)
ドライコンディション

ツインリンクもてぎ ロードコース
全長 4.801km コーナー数 14 
 

☞森の中のモビリティテーマパークツインリンクもてぎ

IMG_2951t.jpg

朝の冷え込みは厳しい季節となりましたが
最終戦を迎えた 栃木県ツインリンクもてぎは
快晴に恵まれて 最高のモータースポーツ観戦日和ですね♡

気温が下がると空気の密度が上がり エンジンのパワーがアップします
新型マシンで開幕したスーパーGT500クラスは
空力特性も見直され 開幕戦からコースレコードタイムが続出しているが
最終戦ウエイトハンディが解除され 50kg以上でウエイトの代わりに
燃料流量リストリクターのウエイトハンディからも解放されたマシンは
タイヤメーカーが混在するスーパーGTで極限まで開発されたタイヤで
サーキットの路面に喰らい付きグリップすると
DTMと共通パーツを多用した新レギュレーションマシンが
悲鳴を上げ始めた・・

金曜日に行われた公式テストや今朝のフリー走行でも駆動系の
トラブルが発生していた様だが ノックアウト形式の予選が始まり
Q1 500クラスのマシンがコースインすると間も無く
昨年チャンピオンチーム ZENT SERUMO RC F 1号車
立川祐路選手がドライブしていたが スローダウン
駆動系トラブル ドライブシャフトの破損ではないかと思われる
マシンをコースサイドに寄せて行ったが 赤旗中断となり
予選タイム無し 赤旗中断の原因となり決勝最後尾スタートが確定してしまった

残り時間7分で再開されたQ1 タイヤとブレーキが温まっていなかったのか
KeePer TOM’S RC F 37号車 伊藤大輔選手   
ベテランらしからぬ スピンを喫してコースオフ
D’station ADVAN GT−R 24号車
ミハエル・クルム選手は マシントラブルかタイムアタック出来ずに
ピットにマシンを戻してしまう

MOTUL AUTECH GT−R 23号車
松田次生選手が残り時間ギリギリ2回目のタイムアタックを続けると
更新したタイムは S−Road MOLA GT−R46号車
柳田真孝選手のトップタイムと1000分の1秒まで同タイム!?
先週末も同じコメントをした記憶が・・
Q1なので1位と2位は関係無いのだが松田選手が2位となります

IMG_3320t.jpg

残り時間1分を切った後に続々とタイムを更新して順位が入り乱れる中
不調続きだった Epson NSX CONCEPT−GT 32号車
中嶋大祐選手が4番手タイムでQ2進出!
WedsSport ADVAN RC F 19号車 関口雄飛選手も
Q1を3番手タイムで通過

ウイダー モデューロ NSX CONCEPT−GT 18号車
WEC参戦の為に フレデリック・マコヴィッキ選手が抜けた代わりに
ドライブする事になった 伊沢拓也選手のタイムは 8番手に残り
無事にQ1通過となった

Q2では MOTUL AUTECH GT−R 23号車
ロニー・クインタレッリ選手と
S−Road MOLA GT−R 46号車 本山哲選手
GT−R対決の激戦が繰り広げられ 23号車がポールポジション獲得
PETRONAS TOM’S RC F 36号車 中嶋一貴選手が
4番手 決勝セカンドロースタートに喰い込んだ

IMG_2447.jpg

Q2に3メーカーと 全てのタイヤメーカー4社が入り乱れ
オーバーテイクが難しいとされるサーキットの最終戦で
チャンピオンが決定するのが 楽しみ過ぎますね

MOTUL23号車がそのまま優勝して TOM’S36号車が
3位になった場合 チームランキングポイント差は5ポイントで
同ポイント! 2位の回数が2回で23号車がタイトル獲得!?
中嶋一貴選手は優勝してもWEC参戦で2戦欠場しているので
タイトルはジェームス・ロシター選手が単独でチャンピオン!
3位の場合は ドライバーズタイトルポイント差が6ポイントなので
ジェームス・ロシター選手がドライバーズタイトル獲得
チームはNISMOがチャンピオン獲得!?
ドライバーとチームが別々のチャンピオンとなるのか!?

勿論 KeePer TOM’S RC F 37号車にも
優勝での自力タイトル獲得の可能性は残っている
ウイダー モデューロ NSX CONCEPT−GT 18号車が
タイトルを獲得するには 優勝して 23号車が周回遅れの6位以下
等の条件が必要となる・・

何が起きるか 壮絶なドラマが繰り広げられて来たシーズンだが
最終戦 マシンをストップさせたらタイトルは崩れ去り
優勝でチャンピオンを確定する 有終の美を飾れるか
とんでもない大どんでん返しが起きるのか!?
想定を予想していたら 今夜は眠れなくなりそうだw

IMG_1335.jpg


SUPER GT 第8戦 MOTEGI GT 250KM RACE GT500 予選結果

1 23 MOTUL AUTECH GT−R
  1’38.258
2 46 S−Road MOLA GT−R
  1’38.592
3 18 ウイダー モデューロ NSX CONCEPT−GT
  1’38.881
4 36 PETRONAS TOM’S RC F
  1’38.956
5 12 カルソニック IMPUL GT−R
  1’39.013
6 32 Epson NSX CONCEPT−GT
  1’39.224
7 19 WedsSport ADVAN RC F
  1’39.771
8 17 KEIHIN NSX CONCEPT−GT
  1’40.050
9 100RAYBRIG NSX CONCEPT−GT
  (1’39.874)
10 6 ENEOS SUSTINA RC F
  (1’40.045)
1139 DENSO KOBELCO SARD RC F
  (1’40.533)
12 8 ARTA NSX CONCEPT−GT
  (1’40.751)
1337 KeePer TOM’S RC F
  (1’47.512)
1424 D’station ADVAN GT−R
  (4’23.576)
15 1 ZENT SERUMO RC F
  ――――――――――――――――


☞2014SUPER GT 最終戦 ツインリンクもてぎ【放送日程】「チャンピオン争いは最終戦へ!」

☞2014SUPER GT 第7戦 BURIRAM UNITED SUPER GT RACE 決勝「予想しなかった大混戦!」

☞2014SUPER GT 第6戦 鈴鹿1000KM決勝リザルト「1000kmサバイバルを生き抜いたのは!?」

☞2014SUPER GT 第5戦 富士スピードウェイ GT500決勝「嵐の富士NSX初優勝!」

☞2014SUPER GTスケジュール「NEWマシンでの新たな伝説が今始まる!」

☞2014モータースポーツスケジュール(四輪)

☞SUPER GT公式HP

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡

掲載写真は 鈴鹿1000kmで撮影の画像です
写真の無断転載等はご遠慮願います


2014スーパーGT公式ガイドブック 2014年 5/26号 [雑誌]


オートスポーツ 2014年 11/28号 [雑誌]


F1 (エフワン) 速報 2014年 11/27号 [雑誌]


GALS PARADISE 2014 トップレースクイーン (SAN-EI MOOK)

当サイトを100倍楽しむために
手元に置いておきたい一冊!



ギャルズ・パラダイス 2014―スーパーGTレースクィーン オフィシャルガイドブッ (SAN-EI MOOK)



posted by ぷらちゃん at 20:39| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック