2014年11月09日

2014スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿サーキット決勝第2レース「中嶋一貴有終の美を飾りシリーズチャンピオン!」





SUPER FORMULA Rd.7 SUZUKA CIRCUIT Race 2

雨の鈴鹿サーキット 2014スーパーフォーミュラ
最終戦第2レース 最後のレースを
ポールトゥフィニッシュの優勝で有終の美を飾り
中嶋一貴選手が シリーズドライバーズチャンピオンを
獲得しました!

SUZUKA CIRCUIT
13th JAF GRAND PRIX SUZUKA

天候 雨 気温 17℃ 路面温度 18℃ 
湿度 94% 風速 1m/秒 風向 東(参考)  
ウェットコンディション

ドラマティックな展開が繰り広げられた午前中の第1レース
J・P・デ・オリベイラ選手(IMPUL)が優勝し
シリーズポイントトップの中嶋一貴選手(TOM’S)に
1ポイント差に詰め寄り迎えた第2レース

雨は第1レースより若干弱めになりましたが
ウェットコンディション レインタイヤ装着となり
決勝第2レースは タイヤ交換義務が無くなりました 

チャンピオン争いJ・P・デ・オリベイラ選手の
スタートが注目されましたが 6番グリッドから
4番手に順位を上げたものの 第1レースの様に
ウェットコンディションとマシンのセッティングが
ベストマッチしなくなってしまい苦戦しています

中嶋一貴選手は好スタートしリードを広げ
アンドレ・ロッテラー選手(TOM’S)にも優勝で
チャンピオンの可能性は残されていましたが
チームとして2番手で後続のマシンをブロックする形となりました

中盤HONDA勢のバトルが繰り広げられました
雨の水飛沫を上げながら オーバーテイクボタンのフラッシュが
双方に点滅する情景は そこまでやるかよ!?w
シーズン中にも見られなかった様なバトルが随所で勃発していました

中でも平川亮選手(KIGNUS)と国本雄資選手(CERUMO)の
追撃戦は激しかった 国本選手がスピンして決着となったが
挽回のスピードはセクションのトップタイムを出す勢いだった
しかし 勢い余ってコースオフ 万事休すとなる
ここで セーフティカーが入ると 中嶋一貴選手のリードが
消えてしまう為 固唾を呑んだが そのまま継続
後続のバトルはウェットコンディションの中終盤まで続いたが
リタイアは この国本雄資選手のみであった

終始盤石の走りで トップとチャンピオンポイントを守った
中嶋一貴選手が JAFグランプリ優勝と
シリーズドライバーズチャンピオンを獲得し
SF14新マシンで始まったスーパーフォーミュラは幕を閉じた


第7戦 鈴鹿サーキット 決勝 レース2 リザルト(ゴール直後暫定)

1 中嶋一貴        54’37.300
2 アンドレ・ロッテラー  +8.831
3 ロイック・デュバル   +9.409
4 J・P・デ・オリベイラ +10.819
5 平川亮         +22.056
6 山本尚貴        +34.204
7 石浦宏明        +38.240
8 ナレイン・カーティケヤン+39.198
9 野尻智紀        +39.656
10ジェームス・ロシター  +42.765



☞2014スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿サーキット決勝第1レース「悪夢が蘇る・・小暮卓史選手マシン横転クラッシュ!」

☞2014スーパーフォーミュラ第7戦鈴鹿サーキット 予選「Q1トップタイム1000分の1秒まで同タイム!」

☞2014スーパーフォーミュラ第6戦スポーツランド菅生決勝「オープニングラップで大クラッシュ!チャンピオンの行方は最終戦に」

☞2014スーパーフォーミュラ第6戦スポーツランド菅生 予選「菅生の天使が微笑む山本尚貴ポール獲得!」

☞2014スーパーフォーミュラ第5戦オートポリス決勝「F1から帰還のアンドレ・ロッテラー圧勝!」

☞2014スーパーフォーミュラー第5戦オートポリス予選「HONDAシーズン初ポールポジション!」

☞2014スーパーフォーミュラースケジュールカレンダー【日程】

☞2014モータースポーツスケジュール(四輪)

☞SUPER FORMULA Official Website

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


オートスポーツ 2014年 11/14号 [雑誌]


F1 (エフワン) 速報 2014年 11/13号 [雑誌]

posted by ぷらちゃん at 17:57| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック