2014年11月09日

2014F1第18戦ブラジルGP予選「大逆転のチャンピオン獲得に向けて全セクショントップタイム!」





2014F1第18戦ブラジルGP予選

2014F1グランプリ ドライバーズチャンピオンタイトルは
最終戦まで持ち越される事が確定していますが
ラスト2戦となるブラジルGP ここで脱落してしまう事は
一番大きな物を 手から毀れ落としてしまう
最終戦へのプレッシャーは 最小限で臨みたいところです

インテルラゴス・サーキット
4.309km
コーナー数 15  反時計回り
決勝 71Laps

サンパウロとの時差は−11時間(サマータイム)

天候 曇り 気温 25℃ 路面温度 36℃
湿度 63% 風速 0.7m/秒 
ドライコンディション

南半球 初夏のサンパウロ インテルラゴス・サーキット
標高800mは 今週末の日本各地のサーキットと似て
雨が落ちて来ても不思議でない 曇り空です

Q1では フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が タイムアタックを
開始しようとしたタイミングで パストール・マルドナド(ロータス)が
追い抜いてアタックを始めた為 怒りを露わにしています

Q2 フェリッペ・マッサ(ウイリアムズ)が2番手タイムを
叩き出して 母国グランプリを盛り上げている

ニコ・ロズベルグ(メルセデス)は24ポイントの差で
既に自力でのチャンピオン獲得は無くなっているが
金曜日のフリー走行から全てのセクション 予選Q1 Q2
トップタイムで 今シーズン10回目のポールポジションを獲得し
チャンピオンシップ逆転を狙う!

片寄った記事となってしまうが 過去の記事を紐解い行くと
判断できるが 今シーズンメルセデスが独走を始める段階では
既にニコ・ロズベルグを応援していた
更に遡ると ルイス・ハミルトンは余りお気に入りの
ドライバーでは無い様だ
F1そしてモータースポーツを 最大に盛り上げる為にも 
大逆転での 新チャンピオン誕生を 願っている☆ 


F1GP2014第18戦ブラジルGP予選 結果

1 ニコ・ロズベルグ     メルセデス
  1’10.023
2 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1’10.056
3 フェリッペ・マッサ    ウイリアムズ
  1’10.247
4 バルテリ・ボッタス    ウイリアムズ
  1’10.305
5 ジェンソン・バトン    マクラーレン
  1’10.930
6 セバスチャン・ベッテル  レッドブル
  1’10.938
7 ケビン・マグヌッセン   マクラーレン
  1’10.969
8 フェルナンド・アロンソ  フェラーリ
  1’10.977
9 ダニエル・リカルド    レッドブル
  1’11.075
10キミ・ライコネン     フェラーリ
  1’11.099


☞2014F1第18戦ブラジルGP「ラスト2戦南半球へ大移動のF1サーカス」【放送日程】

☞2014F1第17戦アメリカGP決勝「ピットスタートのベッテルがファイナルラップに爆発!」ベッテル目線のレポート

☞2014F1第17戦アメリカGP予選「今シーズン初エイドリアン・スーティルがザウバーチームをQ3進出へ!」

☞2014F1第16戦ロシアGP決勝「F1初開催ロシア・ソチ開発は国家プロジェクト!」

☞2014F1第16戦ロシアGP予選「レッドブル離脱のセバスチャン・ベッテルQ2敗退!」

☞2014F1第15戦日本GP決勝「台風18号接近の荒天セーフティーカー先導でレース決行!」重大事故発生ジュール・ビアンキ選手の回復を祈ります

☞【速報】2014F1第15戦日本GP予選「予選Q1最初にコースインしたのは小林可夢偉!」

☞2014F1GPカレンダー(スケジュール)

☞2014モータースポーツスケジュール(四輪)

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡ 



F1 (エフワン) 速報 2014年 11/13号 [雑誌]


オートスポーツ 2014年 11/14号 [雑誌]

posted by ぷらちゃん at 09:55| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック