2014年10月06日

2014SUPER GT 第7戦 BURIRAM UNITED SUPER GT RACE 決勝「予想しなかった大混戦!」





2014SUPER GT 第7戦 BURIRAM UNITED SUPER GT RACE 決勝

SUPER GT
BURIRAM UNITED SUPER GT RACE
CHANG INTERNATIONAL CIRCUIT
10月4日(土)予選・5日(日)決勝

誰がこの展開を予想したでしょうか!?
抜き難いサーキットで ミューが低い路面
予選の結果が大きく影響する・・・

天候 晴れ 気温 34℃ 路面温度 52℃
湿度 50%
ドライコンディション

タイ・ブリーラム チャーン・インターナショナル・サーキット
全長 4.554km コーナー数 12 
 
☞CHANG INTERNATIONAL CIRCUIT WEBサイト

グランドスタンドからコース全体が見渡せるサーキット
初めての開催がスーパーGTで 二つのクラスが入り乱れ
クラッシュも多発する大混戦が繰り返されているが
エスケープゾーンも広く マシンが自走出来なくなる
大クラッシュは起きずに 赤旗中断もなかった
それなのに こんなに劇的な展開は誰も予想していなかった

IMG_2999.jpg

スペクテイターフォトグラファーとしてはコースの印象は
生観戦応援観客はスタンド観戦で最高のサーキットだと思います
写真を撮影するには タバートを着けたメディアクルーで無いと
厳しそうだな!? 高台も無いし コースから遠過ぎますw
ピットレーンもグランドスタンド側で 上からの撮影も困難かな?

劇的に順位が入れ替わり オーバーテイクやピット作戦が有ったのに
中継のカメラワークが悪過ぎでした!
現地のスタッフが対応したのでしょうか?
えっ 何でこのオーバーテイクが狙っていないの!?
リプレイ映像無いの!? 展開が激し過ぎて着いて行けないのに
生中継映像を凝視していても不明のままw
これ 録画観直しても判らないままですねw

当サイトで徹底解剖して分析しますと言いたい処ですが
膨大な時間が掛かりそうなので程々にw

前置きが長くなってしまいましたが 生中継観戦をしながら
堪っていたので 発散してみましたw

S−Road MOLA GT−R 46号車
2戦連続のポールポジション 鈴鹿1000kmは
序盤でリタイアとなってしまい 今回は頑張って欲しいと
応援していましたが・・・
トップ快走中に PETRONASにオーバーテイクされたかと思ったら
スローダウン マシントラブルに見舞われた様です

IMG_1366.jpg

MOTUL AUTECH GT−R 23号車
決して嫌いな訳では無いのですが 予選の状況で
優勝したりすると チャンピオンが決まってしまい
楽しみが減ってしまうので 少し待っていて・・
そしたら 300クラスが後退して来て接触!
ドライブスルーペナルティを科せられて 大きく後退

IMG_3320t.jpg

D’station ADVAN GT−R 24号車
今シーズンもw 良い所が無く 未だに表彰台に上がっていない
予選で大躍進の2番手フロントロー! それもQ2タイムアタックは
22歳ルーキー(GT3年目ですがGT500クラス初年度)
佐々木大樹選手です 決勝もセカンドドライバー!
今回最も応援していたかも知れないチームとドライバー
序盤 S−Roadに食らい付いて2位をキープ
MOTULの追撃も躱していましたが 一度4番手に後退?
その後 カルソニックにも猛追されましたが
見事に2位表彰台獲得! チェッカーフラッグコントロールライン通過では
レコードライン上を直線に並んでいましたが
しっかり インに寄ってカメラ目線!?w やるなぁw
表彰台には2位なので 近藤監督は登壇出来ませんでしたが
ベストパフォーマンス賞は 近藤レーシングに授与しても
誰も反発しないと思いますが!?
当サイトから年間ベストパフォーマンス賞を授与したいですねw

IMG_2485h.jpg

そして驚かされたのは ルーティンのピットインが一回りすると
予選で苦戦していた レクサス勢
フラットなコースで有利では無いかと予想していたのですが
何と タイヤ無交換で PETRONAS TOM’S 36号車
DENSO KOBELCO 39号車
KeePer TOM’S 37号車がトップグループに!

IMG_2447.jpg

優勝したPETRONAS TOM’S 36号車
中嶋一貴選手は タイヤ無交換は今朝の段階で決めたと
インタビューで応えていましたが
予選で使用したタイヤが使用される為
土曜日の予選スタート前から ある程度は作戦を決めていた
それもチームでは無く レクサスとブリヂストンの首脳陣で
シナリオを描いていたのだと想像できる

IMG_1378.jpg

スーパーGT恐るべし!w ドラマ過ぎる
それもシーズンを通して コンストラクターズチャンピオンは
最終戦まで持ち越される事に☆ 

SUPER GT 第7戦 BURIRAM UNITED SUPER GT RACE GT500 決勝結果

1 36 PETRONAS TOM’S RC F
1:37’58.987
2 24 D’station ADVAN GT−R
     +1.980 
3 12 カルソニック IMPUL GT−R
     +6.689
4 37 KeePer TOM’S RC F
     +16.463    
5 18 ウイダー モデューロ NSX CONCEPT−GT
     +33.849 
6 19 WedsSport ADVAN RC F
     +35.130    
7 39 DENSO KOBELCO SARD RC F
     +1’06.957
8 100RAYBRIG NSX CONCEPT−GT
     +1’08.424
9  6 ENEOS SUSTINA RC F
     +1’10.954  
1023 MOTUL AUTECH GT−R
     +1’13.327
11 1 ZENT SERUMO RC F
     +1’13.954 
1217 KEIHIN NSX CONCEPT−GT
     +10Laps
1346 S−Road MOLA GT−R
     +17Laps

以上完走扱い

   8 ARTA NSX CONCEPT−GT
     +33Laps  
  32 Epson NSX CONCEPT−GT
     +41Laps

あっ NSXも大活躍ですw 
序盤の混戦の中 ARTA NSX CONCEPT−GT 8号車
松浦孝亮選手 楽しませてくれました☆
MOTULを抜けっ!抜くだけでなく撃墜しちゃえって応援していましたw

ウイダー モデューロ NSX CONCEPT−GT 18号車の
フレデリック・マコヴィッキィ選手は スーパーGT今回が最後だそうです
昨年は生観戦出来なかったので もう少し応援したかったな☆

IMG_1877.jpg

記事は略書き上がっていましたが F1の地上波放送の頃に
寝落ちしましたw 
今日は午前中成田空港も激しく台風の影響を受けます
サーキットからはバス移動が有るので 時間が避けらそうですが
昨日の早い時間に移動の関係者・観戦者・RQの皆様w
気を付けて 帰国して下さい♡

サイト読者の皆様も お気を付けて♡♡

☞2014SUPER GT 第7戦 海外戦 タイ チャーンサーキット【放送日程】

☞2014SUPER GT 第7戦 BURIRAM UNITED SUPER GT RACE 予選「近藤レーシング佐々木大樹選手22歳大躍進!」

☞2014SUPER GT 第7戦 BURIRAM UNITED SUPER GT RACE 予選 300クラス「BRZ予選タイム抹消!?」

☞2014SUPER GT 第6戦 鈴鹿1000KM決勝リザルト「1000kmサバイバルを生き抜いたのは!?」

☞2014SUPER GT 第5戦 富士スピードウェイ GT500決勝「嵐の富士NSX初優勝!」

☞2014SUPER GT 第4戦 スポーツランド菅生 GT500 決勝「魔物を捻じ伏せてZENT優勝!」

☞2014SUPER GTスケジュール「NEWマシンでの新たな伝説が今始まる!」

☞2014モータースポーツスケジュール(四輪)

☞SUPER GT公式HP

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡

掲載写真は 鈴鹿1000kmで撮影の画像です
写真の無断転載等はご遠慮願います


2014スーパーGT公式ガイドブック 2014年 5/26号 [雑誌]


オートスポーツ 2014年 10/17号 [雑誌] 


F-1速報PLUS (プラス) VOL.37 2014年 10/20号 [雑誌]


F1 (エフワン) 速報 2014年 10/9号 [雑誌]


GALS PARADISE 2014 トップレースクイーン (SAN-EI MOOK)

当サイトを100倍楽しむために
手元に置いておきたい一冊!



ギャルズ・パラダイス 2014―スーパーGTレースクィーン オフィシャルガイドブッ (SAN-EI MOOK)



posted by ぷらちゃん at 08:48| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック