2014年09月15日

2014スーパーフォーミュラ第5戦オートポリス決勝「F1から帰還のアンドレ・ロッテラー圧勝!」





SUPER FORMULA Rd.5 AUTOPOLIS

九州(大分)オートポリス開催のスーパーフォーミュラー
NEWマシン SF14では初上陸となったが
金曜日にテスト走行は無く 土曜日のフリー走行からの短期決戦となった

決勝レース途中での悪天候が続いたスーパーフォーミュラだが
9月のオートポリス 日差しが降り注ぐ完全ドライコンディションで
無給油スプリントレースの火蓋が切られた

オートポリス インターナショナルレーシングコース
4.674km 決勝 46Laps 215.004km 

天候 晴れ 気温 26℃ 路面温度 37℃
湿度 55% 風速 4m/秒 風向 北北西 (参考)   
ドライコンディション



ピットロードが通常と逆のレイアウトで給油が困難な事から
通常1回の給油義務が無くなり無給油 タイヤ交換も選択しない
ピットイン無しのスプリントレースが予想される為に
予選順位と決勝スタートが重要な鍵となる
そして終盤の燃料切れや タイヤバーストが懸念される

決勝スタートは10分のディレイで始まったが
HONDA勢今シーズン初のポールポジション獲得
山本尚貴選手(TEAM 無限)は ホイルスピンで大きく後退
F1ベルギーGPスポット参戦から帰還の
アンドレ・ロッテラー選手(PETORONAS TOM’S)が
3番グリッドから山本尚貴選手をアウト側に逃げてジャンプスタート
第1コーナーにギリギリまでブレーキングを遅らせ進入
セカンドグリッドスタートの国本雄資選手(CERUMO INGING)
を躱して オープニングラップトップとなった

更にスタートで強烈なジャンプアップに成功したのは
予選までマシンのセッティングが決まらずアンダーステアに苦しみ
何故金曜日のテスト走行が無いんだと語っていた
J・P・デ・オリベイラ選手(Lenovo IMPUL)
予選Q2敗退9番グリッドから 3番手に浮上!

後方では接触が有り 小暮卓史選手(NAKAJIMA RACING)
がコースサイドに弾き飛ばされリタイアとなる
中嶋大祐選手(NAKAJIMA RACING)はエキゾーストから
白煙を上げているが 小暮選手と接触したのは中嶋大祐選手で
チームメイト同士のアクシデントとなってしまった様だ

6番グリッドスタート ロイック・デュバル(KYGNUS SUNOCO)は
ジェームス・ロシター選手(フジ・KONDO)と接触
スピンアウトして 最後尾18番手に脱落 

国本雄資選手はアンドレ・ロッテラー選手に食らい付く場面も見られたが
中盤以降タイヤ摩耗が目立ち始め 差が広がって行く
アンドレ・ロッテラー選手はペースを落とす事無く快走

燃費走行が必要と思われ オーバーテイクボタン使用が控えられる中
石浦宏明選手がオーバーテイクボタンを連打!?する場面が目立ったw
終盤でドラマが有るのだろうか?

上位では順位の入れ替わりは無く終盤を迎えると
燃料切れの心配が無くなったマシンは オーバーテイクボタンを
使用し始めるが・・

独走態勢に入っていたアンドレ・ロッテラー選手は
勿論オーバーテイクボタンを使用する必要は無く
ロールバーの白いLEDは5つ共光ったままである
そしてペースを落とすどころか ラスト3Lapsでは
ファーステストラップを叩き出し 次の周回で更に塗り替え
ファイナルラップ コントロールライン通過で
オーバーテイクボタンのLEDを1つ点滅させての
チェッカーフラッグを受けた

アンドレ・ロッテラー選手 今季2勝目
F1からの凱旋レースを勝利で飾り
チャンピオンシップ2位に浮上 1戦欠場でのチャンピオン獲得は
有るのだろうか!?
ポイントリーダー J・P・デ・オリベイラ選手(29P)との差は
2.5ポイントとなった!

9月のスーパーフォーミュラは2戦開催
次戦は2週間後 菅生サーキット 残すところ2戦だぁ

【用語】オーバーテイクボタン:燃料噴射が約5%アップするボタン
1レースで5回使用出来る 使用回数がドライバーのヘルメット上方
マシンのロールバーに白いLEDランプで表示されている
チャンピオンシップポイントリーダーのみ赤いLEDとなっている



English translated subtitles 
 

第4戦 ツインリンクもてぎ 決勝 リザルト

1 アンドレ・ロッテラー  1:10’08.548
2 国本雄資        +12.939
3 J・P・デ・オリベイラ +14.268
4 塚越広大        +15.210
5 ジェームス・ロシター  +16.992
6 中嶋一貴        +22.538  
7 山本尚貴        +27.348
8 石浦宏明        +28.205
9 野尻智紀        +33.305
10武藤英紀        +40.993

☞2014スーパーフォーミュラー第4戦ツインリンクもてぎ予選結果「ドライアイスは危険!?」

☞2014スーパーフォーミュラ第4戦ツインリンクもてぎ「デュバル復活!代理参戦カルダレッリ再び!?」【放送日程】

☞2014スーパーフォーミュラースケジュールカレンダー【日程】

☞2014モータースポーツスケジュール(四輪)

☞SUPER FORMULA Official Website

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


オートスポーツ 2014年 9/19号 [雑誌]


F1 (エフワン) 速報 2014年 9/25号 [雑誌]


ギャルパラレースクイーンデビュー編

当サイトを100倍楽しむために
手元に置いておきたい一冊!



ギャルズ・パラダイス 2014―スーパーGTレースクィーン オフィシャルガイドブッ (SAN-EI MOOK)



posted by ぷらちゃん at 09:22| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック