2014年09月07日

2014F1第13戦イタリアGP予選「超高速サーキットでハミルトン4ヶ月振りのポール獲得!」【用語解説付き】





2014F1第13戦イタリアGP予選

イタリア モンツァ・サーキット フェラーリの御膝元
超高速サーキットのF1グランプリ
ダウンフォースをギリギリまで下げて
エネルギー回生システムをフルに使用し
チーム内で交互にスリップストリームを多用
マシンの性能を100%以上に引き摺り出した予選は・・

モンツァ・サーキット
5.793km
コーナー数 11 時計回り
決勝 53Laps

イタリアとの時差は−7時間(サマータイム)

天候 晴れ 気温 25℃ 路面温度 45℃
湿度 54% 
ドライコンディション

先ず 今夜の決勝をF1初心者の皆様にも楽しんで貰う為に
冒頭で乱立した 専門用語を解説しましょう

【ダウンフォース】
高速で走行するマシンは浮き上がろうとする力が発生する
するとタイヤの接地面積が減り車高も上がってしまうので
特に高速コーナーを速く走るには マシンを押さえ付ける
力が必要になる 前後に設置されたウイングを始め
マシン形状や多種多様のパーツで空力を下に押さえ付けるのが
ダウンフォースであるが 高速サーキットでは逆に
最小限まで少なくし ストレートスピードを伸ばそうとする

【スリップストリーム】
自転車競技ではチームで直線に並び先頭が交互に変わって
空気抵抗を減らして 体力の消耗を軽減させるが
モータースポーツでは 高速で走行するマシンは
空気抵抗は想像を遥かに超える
前方を走るマシンの直後に入ると 空気抵抗が減る上に
気圧の低下から 渦を巻く気流が発生し
マシンが前方に引き寄せられる力が得られる
これを利用して ストレートで追い抜き時にはマシンの後ろに入る
予選ではチーム内で 交互にスリップストリームの作用を活かし
タイムアップに繋げる

【エネルギー回生システム】
簡単にはハイブリッドシステム 一般車では燃費の削減をメインに
走行中に電気を発電 蓄電したエネルギーは低速時等に利用するが
モータースポーツのハイブリッドは エンジン性能を超えた
パワーを追加する為に使用される
F1では ブレーキング時に発生するエネルギーや
排気の流れや更には熱までを利用して発電している
予選では通常 1周充電し次の周で使い切るを繰り返す

解り易く説明したつもりだが 理解出来ただろうか?
最先端技術を駆使した モータースポーツを
多くの方に楽しんで貰いたい☆

それでは本題に入るがw
超高速サーキット イタリア モンツァでは
エンジン性能が如実に表れてしまった
上位6第がメルセデスエンジン搭載マシンで占められ
Q3のタイム差は2秒以内であるが 均等に離れている感じがする?

ポールポジションは 第5戦スペインGP以来の
ルイス・ハミルトン(メルセデス)が獲得!4ヶ月振りで今季5回目

キミ・ライコネン(フェラーリ)はQ2で敗退してしまい
Q3でフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)はチーム内での
スリップストリーム作戦が取れなかった!?

小林可夢偉(ケータハム)2戦振りにF1復帰となる
Q1で敗退であったが ライバルチームマルシャの2台を抑えて
19番手 チームやメディアから絶賛を浴びていた!?
予選11番手ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)が
6基目のエンジン交換で10グリッド降格となり
小林可夢偉は18番グリッドスタート

超高速サーキット  モンツァでも 決勝では予想できない
ドラマが待ち受けている・・・

F1GP2014第13戦イタリアGP予選 結果

1 ルイス・ハミルトン    メルセデス  
  1’24.109
2 ニコ・ロズベルグ     メルセデス
  1’24.383
3 バルテリ・ボッタス    ウイリアムズ
  1’24.697
4 フェリッペ・マッサ    ウイリアムズ
  1’24.865
5 ケビン・マグヌッセン   マクラーレン
  1’25.314
6 ジェンソン・バトン    マクラーレン
  1’25.379
7 フェルナンド・アロンソ  フェラーリ
  1’25.430
8 セバスチャン・ベッテル  レッドブル  
  1’25.436
9 ダニエル・リカルド    レッドブル
  1’25.709
10セルジオ・ペレス     Fインディア
  1’25.944

☞2014F1第13戦イタリアGP「小林可夢偉2戦振りF1復活!」【放送日程】

☞2014F1第12戦ベルギーGP予選「期待だけが膨らんだF1初参戦はスパウェザーに消えた!?」

☞2014F1第11戦ハンガリーGP決勝「アロンソ今期最高位2位表彰台!」

☞2014F1第10戦ドイツGP決勝「ルイス・ハミルトン16台オーバーテイク劇場!」

☞2014F1GPカレンダー(スケジュール)

☞2014モータースポーツスケジュール(四輪)

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡ 


オートスポーツ 2014年 9/19号 [雑誌]


F1 (エフワン) 速報 2014年 9/11号 [雑誌]

posted by ぷらちゃん at 21:32| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック