2014年07月21日

2014F1第10戦ドイツGP決勝「ルイス・ハミルトン16台オーバーテイク劇場!」





F1GP2014 第10戦 ドイツGP 決勝

ホッケンハイムリンク
4.574km
コーナー数 13 時計回り
決勝 67Laps

ドイツとの時差は−7時間(サマータイム)

天候 曇り 気温 26℃ 路面温度 34℃
湿度 58%
ドライコンディション

オープニングラップから大アクシデントで始まった
F1ドイツGP決勝
スタート直後 フェリッペ・マッサ(ウイリアムズ)と
ケビン・マグヌッセン(マクラーレン)が接触
フェリッペ・マッサのマシンは空中を横にロールしてコースアウト
マッサは無事の様です
セーフティーカーが入り 2ラップ先導します

予選でクラッシュを期したルイス・ハミルトン(メルセデス)は
Q1通過タイムでしたがギアボックスを交換し5グリッド降格
エスティバン・グッティエレスのイギリスGPペナルティで
ハミルトンのスタートは20番グリッド
ここから快進撃が始まるとは ハミルトンを一番に応援するファン以外は
想像していなかったであろう

スタートのアクシデントで 上位の2台が消えます
再スタート時に17番手
4Lap 16番手
5Lap パストール・マルドナド(ロータス)
エステバン・グッティエレス(ザウバー)をオーバーテイク
6Lap ロマン・グロージャン(ロータス)をオーバーテイク
文字で綴るのは簡単ですが ルイス・ハミルトンは
ペンで線を引く様に擦り抜けて行きます

7Lap ダニエル・リカルド(レッドブル)が
エイドリアン・スーティル(ザウバー)を躱す隙に
オーバーテイクを試みましたがスーティルに僅かに接触
ダメージは無かった様です
スーティルのオーバーテイクは完了

10Lap セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
ダニール・クビアト(トロロッソ)が接触 
クビアトはスピンしコースオフ ピットインします
ハミルトンは11番手 早くもポイントターゲット

11Lap リカルドの背後にハミルトンが迫りますが
リカルドは キミ・ライコネン(フェラーリ)を
オーバーテイクし ハミルトンのターゲットがライコネンに変わりました

13Lap フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)がピットイン
ハミルトンがポイント圏内に
14Lap キミ・ライコネン(フェラーリ)のフロント翼単盤を
飛ばしながらハミルトンがオーバーテイク
ジェンソン・バトン(マクラーレン)
ダニエル・リカルド(レッドブル)がピットイン
15Lap ニコ・ヒュルケンベルグ セルジオ・ペレスが
フォース・インディア ダブルピットストップ
16Lap ハミルトンのポジションは3番手
17Lap ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)のトップ2台がピットインし
まだピットインしていないがハミルトンが2番手に!

27Lap やっとハミルトンがピットインしタイヤ交換
ソフトタイヤからソフトタイヤへ アウトラップは8番手
30Lap ダニエル・リカルド(レッドブル)オーバーテイク
31Lap ジェンソン・バトン(マクラーレン)に接触しながら
オーバーテイク!6番手

41Lap バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)ピットイン
42Lap ニコ・ロズベルグ(メルセデス)ピットイン
43Lap ルイス・ハミルトン 2度目のピットイン
スーパーソフトコンパウンドタイヤに交換して快進撃を続ける!

46Lap セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が
3回目のピットイン
ダニール・クビアト(トロロッソ)のマシンが炎上
燃料に引火か?

49Lap フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)を
オーバーテイク
51Lap ルイス・ハミルトン 3度目のピットイン
スーパーソフトコンパウンドタイヤ 最後のスティント!
55Lap フェルナンド・アロンソのペースが落ち
ハミルトン再び3番手に

ルイス・ハミルトンがバルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)の
追撃を開始しますが
バルテリ・ボッタス 見事に逃げ切り 3連続表彰台の2位!

ドイツ メルセデスホームグランプリは
ワンツーに一歩届かず1−3フィニッシュ
ニコ・ロズベルグが母国GP初優勝!

セバスチャン・ベッテル(レッドブル)も復調兆し4位フィニッシュ
ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)7位
サッカーW杯を優勝で飾ったドイツは F1GPでも
最高の週末を迎えたのでは無いでしょうか☆

F1GP2014 第10戦 ドイツGP 決勝 結果

1 ニコ・ロズベルグ     メルセデス
  1:33’42.914
2 バルテリ・ボッタス    ウイリアムズ
  +20.789
3 ルイス・ハミルトン    メルセデス
  +22.530
4 セバスチャン・ベッテル  レッドブル  
  +44.014
5 フェルナンド・アロンソ  フェラーリ
  +52.467 
6 ダニエル・リカルド    レッドブル
  +52.549
7 ニコ・ヒュルケンベルグ  Fインディア
  +1’04.178
8 ジェンソン・バトン    マクラーレン
  +1’24.711
9 ケビン・マグヌッセン   マクラーレン
  +1Lap
10セルジオ・ペレス     Fインディア
  +1Lap

☞2014F1第10戦ドイツGP予選「ホッケンハイムの森から魔物が這い出して来た!」

☞2014F1第9戦イギリスGP決勝「スタートラップで大混乱!?赤旗中断 クラッシュのライコネン負傷!」

☞2014F1第8戦オーストリアGP決勝「バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)初表彰台獲得!」

☞2014F1第7戦カナダGP決勝「歴史に残るエキサイティングレース!?」

☞2014F1GPカレンダー(スケジュール)

☞2014モータースポーツスケジュール(四輪)

☞Formula1レジスタードマーク The Official

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡ 


オートスポーツ 2014年 7/18号 [雑誌]


F1 (エフワン) 速報 2014年 7/24号 [雑誌]
F1 (エフワン) 速報 2014年 7/31号 予約受付中! 
F1 (エフワン) 速報 2014年 8/28号 予約受付中! 

posted by ぷらちゃん at 07:02| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック