2014年07月20日

2014SUPER GT 第4戦 スポーツランド菅生 GT500 決勝「魔物を捻じ伏せてZENT優勝!」





SUPER GT 第4戦 スポーツランド菅生 GT500 決勝

SUPER GT SUGO GT 300KM RACE
SPORTSLAND SUGO

天候 曇り時々雨 気温 22℃ 路面温度 27℃
湿度 72% 風速 1m/秒 風向 北北東(参考)
ドライコンディション/セミウェットコンディション

スタート前には晴れ間も覗かせたスポーツランド菅生であったが
菅生の魔物は余りにも雨雲をもてあそび過ぎである・・

スタートはフォーメーションラップからセーフティカーが
3ラップ先導する事になった
その間に何と雨粒が落ち始め セーフティカーに続いて
ポールポジションスタートの
PETRONAS TOM’S RC F 36号車
中嶋一貴選手を先頭に 数珠繋ぎでピットロードに流れ込む

ドライタイヤで先行するのは レクサス勢
KeePer TOM’S RC F 37号車
アンドレア・カルダレッリ選手
ENEOS SUSTINA RC F 6号車
大嶋和也選手
ZENT SERUMO RC F 1号車
平手晃平選手

ジェームス・ロシター選手(PETRONAS TOM’S)は
レインタイヤで濡れた路面を選びながらも
順位を上げて行くが・・

雨粒は落ちるのを止め 次第にレインタイヤでは
苦しい状態に陥って行き
各マシン 再びピットインしドライタイヤに履き替えたところで
また雨粒が落ちて来た

目まぐるしく順位が入れ替わり ピットイン回数も激しく
生中継観戦でも もはや順位不明に陥って行くw
午前中の予選からワンデーレースとなった影響もあるが
300キロレースなのに 激しく長く感じる

ウェット路面を捻じ伏せて リードマージンを稼ぎ
後続の状況を把握しながらドライタイヤでの続行を判断し
決して簡単では無いセーフティな走りを継続した
ZENT SERUMO RC F 1号車
立川祐路選手が トップチェッカーを受けた

KEIHIN NSX CONCEPT−GT 17号車
塚越広大選手 最後の追い上げを魅せていましたが
立川祐路選手に続いての1Lap遅れで
コントロールライン通過 3位決定
ホンダ勢今シーズン初の表彰台獲得です
NSX シーズン後半戦楽しみですね

KeePer TOM’S RC F 37号車 伊藤大輔選手
ドライタイヤで食らい付いて トップと同一周回でフィニッシュ
最終ラップでKEIHIN 17号車に挿されなかった上に
周回遅れに成らず3ポイントを追加出来たのは
後続が全て周回遅れ以下だった事を考えると
大きな1ポイントと成った可能性がある

予選がウェットコンディションだった為に
NEWマシンでのコースレコードは 決勝レース中に刻まれた
そのレコードタイムを叩き出したのは
ウイダー モデューロ NSX CONCEPT−GT 18号車
山本尚貴選手 1’13.667
苦戦して来たNSXだが 巻き返しが有るかも知れない

菅生では生憎の天候で逆に気温が抑えられたが
次戦以降 真夏の連戦が待ち受けている
チャンピオンシップは熾烈な混戦状態へ突入し
最後まで目が離せない

SUPER GT 第4戦 スポーツランド菅生 GT500 決勝 結果

1  1 ZENT SERUMO RC F
1:47’49.984  
2 37 KeePer TOM’S RC F
     +1’20.016    
3 17 KEIHIN NSX CONCEPT−GT
     +1Lap
4 36 PETRONAS TOM’S RC F
     +1Lap  
5  6 ENEOS SUSTINA RC F
     +1Lap  
6 39 DENSO KOBELCO SARD RC F
     +1Lap   
7 46 S−Road MOLA GT−R
     +1Lap
8 18 ウイダー モデューロ NSX CONCEPT−GT
     +1Lap
9 12 カルソニック IMPUL GT−R
     +2Lap
1024 D’station ADVAN GT−R
     +2Lap  
11100RAYBRIG NSX CONCEPT−GT
     +2Lap  
1219 WedsSport ADVAN RC F
     +3Lap    
1332 Epson NSX CONCEPT−GT
     +3Lap  
1423 MOTUL AUTECH GT−R
     +4Lap
15 8 ARTA NSX CONCEPT−GT
     +15Lap 

☞2014SUPER GT 第4戦 スポーツランド菅生 GT500予選「NSXレギュレーション変更を最大限に活用RAYBRIG小暮卓史フロントロー獲得!」

☞2014SUPER GTスケジュール「NEWマシンでの新たな伝説が今始まる!」

☞SUPER GT公式HP

☞2014モータースポーツスケジュール(四輪)

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


2014スーパーGT公式ガイドブック 2014年 5/26号 [雑誌]


オートスポーツ 2014年 8/1号 [雑誌]


ギャルズ・パラダイス 2014―スーパーGTレースクィーン オフィシャルガイドブッ (SAN-EI MOOK)

posted by ぷらちゃん at 18:26| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック