2014年07月13日

2014スーパーフォーミュラー第3戦富士スピードウェイ決勝「ウェットタイヤ中嶋一貴大逆転優勝!」





SUPER FORMULA Rd.3 FUJI SPEEDWAY

富士スピードウェイ 4.563km
決勝  55Laps

天候 曇り時々雨 気温 22℃ 路面温度 25℃
湿度 84% 風速 4m/秒 風向 南南西   
ドライコンディション/ウェットコンディション

雨が降り出しそうな雲が立ち込めた上空
スタートグリッド フロントロー ポールポジションに
着いたのは ルマン24時間で負傷したロイック・デュバルの
代役で参戦した アンドレア・カルダレッリ選手
2番グリッドが第2戦第1レース優勝のJ・P・デ・オリベイラ選手

フォーメーションラップが始まるとポツリポツリと早くも雨粒が
タイヤは全マシンスリックドライタイヤである
オープニングラップ 路面状況以上に
ポールポジション アンドレア・カルダレッリ選手が
順位を掻き乱して頂き 観客を非常に楽しませてくれた

雨が強くなる事は無く小康状態
盤石の走りで J・P・デ・オリベイラ選手がトップを快走
リードを広げて行く

各マシン1回義務のピット作業を消化 タイヤ交換を選択し
給油を行う
大きな順位の変動は無く 終盤以降は詰まらない展開
逃げ切りの優勝になると思われた・・

しかし終盤 再び雨粒が落ちて来た
トップのJ・P・デ・オリベイラ選手にとって
スリックドライタイヤでもペースダウンで十分に逃げ切れる
タイム差が有りそうだったが・・

45Lap 石浦宏明選手が賭けに出てウェットタイヤに交換!

48Lap 雨が徐々に強まり餌食となったのは
何とトップを走る J・P・デ・オリベイラ選手!
ヘアピンの立ち上がりでスピン マシンが後ろ向きのまま
エンジンストール 万事休す セーフティーカーが入り
リタイア

相継いでスピンするマシンが・・しかしセーフティカーが
順位を整えスローペースで走る中では ピットストップは
順位を大きく下げてしまい 雨が更に強くならない限り不利で
そのままドライタイヤで走るマシン

50Lap セーフティーカーランが続く中
中嶋一貴選手がウェットタイヤに交換を選択!
順位は6番手に後退
スーパーフォーミュラー2年目弱冠20歳の平川亮選手も
ウェットタイヤに交換

セーフティーカーランが続く ウェット路面でタイヤが温まらない中
このままセーフティーカーランでファイナルラップを迎えるのか!?
隊列の先頭はドライタイヤのアンドレ・ロッテラー選手である

残り周回数3 セーフティカーのランプが消えレース再開!
ウェットコンディションでスプリントレースが始まる!!

中嶋一貴選手が激しくアタックを開始!
しかしオーバーランのコースオフを繰り返す
トップのアンドレ・ロッテラー選手を最初に
オーバーテイクしたのは平川亮選手!

53Lap 第1コーナーで平川亮選手オーバーラン
ここで中嶋一貴選手がトップに立つ

ウェット路面で水飛沫を上げながらトップチェッカーを受けたのは
中嶋一貴選手 今シーズン初優勝!
2位は 初表彰台 平川亮選手 おめでとう☆

HONDA勢では 山本尚貴選手が5位でフィニッシュした
予選でもTOYOTA勢にトップからコンマ3秒までに近付き
次戦以降巻き返しに期待したい

  
 
第3戦 富士スピードウェイ 決勝 リザルト(暫定)

1 中嶋一貴        55Laps   
2 平川亮         +0.780
3 国本雄資        +3.219
4 石浦宏明        +3.950
5 山本尚貴        +6.121
6 アンドレ・ロッテラー  +29.406
7 ナレイン・カーティケヤン+37.562
8 ジェームス・ロシター  +38.615

☞2014スーパーフォーミュラー第3戦富士スピードウェイ予選結果「アンドレア・カルダレッリ代理ポールポジション獲得!」

☞2014スーパーフォーミュラースケジュールカレンダー【日程】

☞2014モータースポーツスケジュール(四輪)

☞2014スーパーフォーミュラー第2戦富士スピードウェイ【放送日程】

☞SUPER FORMULA Official Website

当サイトでは モータースポーツの活性化
自動車社会の向上復活 世界の景気回復wを願っています♡


ル・マン24時間 2014 (SAN-EI MOOK)



posted by ぷらちゃん at 18:31| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック