2014年05月31日

2014SUPER GT 第3戦 オートポリス GT500予選「レクサスRCF負の連鎖!?関谷監督一触即発」





SUPER GT 第3戦 オートポリス GT500予選

SUPER GT IN KYUSHU 300KM 
5月30日(土)6月1日(日)

オートポリス インターナショナルレーシングコース
4.674km 決勝 65Laps
コースレコード 1’38.174
(2013年 立川祐路選手)
 
天候 晴れ 気温 28℃ 路面温度 38℃
湿度 38% 風速 3m/秒 風向 北西   
ドライコンディション

例年 秋開催で台風の影響を受け悪天候に見舞われる事が多い
オートポリス九州決戦でしたが 
今シーズンは 第3戦の初夏に組み込まれ 天候に恵まれての開催です

初夏と言っても 最高気温は真夏日!31.7℃(当サイト調査)まで上昇!
マシンには過酷な状況となっています

GT500クラスは ウエイトハンディが50kgを超え
新レギュレーションの「燃料流量リストリクター」が初適用されます
開幕前は不利に働くかと思っていましたが
どうやら重量のハンディが必要以上に厳しいらしく
ウエイトハンディが50kgを超え 重量が軽くなった
カルソニックやKeePerは コンディションが良さそうです

GT−R勢は車高をギリギリまで下げて フロントチンスポイラーが
高速コーナーで路面に接触して 火花が舞い上がっています
決勝では燃料を積むので これ程車高は下げられないでしょうから
予選だけの光景でしょうか?或いは重さで更に擦れたりしてw

Q1では序盤 Epson NSX CONCEPT−GT32号車
だけがコースインして行きました
第2戦富士スピードウェイで炎上リタイアしてしまった
S−Road MOLA GT−R 46号車は
柳田真孝選手のドライブで 1’34.999のレコードタイムを
叩き出してトップに立ちます

各チームがウォームアップでコースインしタイムアタックに
入るかというタイミングで・・
ENEOS SUSTINA RC F 6号車
国本雄資選手が 最終コーナーでコースオフ
止まる事も曲がる事も出来ずタイヤバリアでストップ
赤旗中断となってしまいます
残り時間は2分少々 再開してのタイムアタックは
1回限りの一発勝負となってしまいます

8番手タイムに入らないとQ1敗退 グリッドが確定して
しまいますが タイヤも温め切る前のアタックです
WedsSport ADVAN RC F 19号車
コースオフしてしまい 後続の
PETRONAS TOM’S RC F 36号車の前を
塞いでしまいます 

関谷正徳監督(TOM’S)は坂東正敬監督(WedsSport)に
詰め寄り 一触即発の険悪な空気が流れました
レクサス陣営 Q1 4台が敗退してしまうという
ENEOSのコースオフから RC F 負の連鎖となってしまいました

Q2では MOTUL AUTECH GT−R 23号車
ロニー・クインタレッリ選手 1’34.523でトップタイム
ポールポジション獲得!
S−Road MOLA GT−R 46号車
本山哲選手 1’34.792 2番手でレコードタイムが
塗り替えられ 
3番手に喰い込んだ ZENT SERUMO RC F
1号車 立川祐路選手 以降に1秒以上の差を付ける
結果となりました

Q1にNSXが2台残り 灼熱の九州決戦 決勝が楽しみです

SUPER GT 第3戦 オートポリス GT500予選結果

1 23 MOTUL AUTECH GT−R
  1’34.523
2 46 S−Road MOLA GT−R
  1’34.792
3  1 ZENT SERUMO RC F
  1’35.683
4 12 カルソニック IMPUL GT−R
  1’35.711
5 37 KeePer TOM’S RC F
  1’35.892
6 100RAYBRIG NSX CONCEPT−GT
  1’36.292
7 17 KEIHIN NSX CONCEPT−GT
  1’36.606
8 24 D’station ADVAN GT−R
  1’36.840
9  8 ARTA NSX CONCEPT−GT
  (1’36.631)
1018 ウイダー モデューロ NSX CONCEPT−GT
  (1’36.942)
1136 PETRONAS TOM’S RC F
  (1’36.961)
1239 DENSO KOBELCO SARD RC F
  (1’37.424)
1332 Epson NSX CONCEPT−GT
  (1’37.671)
1419 WedsSport ADVAN RC F
  (1’41.401)
15 6 ENEOS SUSTINA RC F
  (1’44.122)

※6号車タイムは赤旗原因で抹消になるでしょう
タイムアタック前で 順位 グリッドには変更有りませんが 

☞2014SUPER GT 第3戦 オートポリス「NEWマシンは猛暑に対応出来るのか!?九州決戦!!」【放送日程】

☞2014SUPER GTスケジュール「NEWマシンでの新たな伝説が今始まる!」

☞2014 SUPER GT 第2戦 富士スピードウェイGT500決勝「原因不明トラブル続出マシンも炎上大波乱!」

☞2014 SUPER GT 第2戦 富士スピードウェイGT300決勝「ランボルギーニ270km/hクラッシュ大破!」

☞SUPER GT公式HP


2014スーパーGT公式ガイドブック 2014年 5/26号 [雑誌]

posted by ぷらちゃん at 17:51| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック