2014年04月06日

2014 SUPER GT 開幕戦 岡山国際サーキット GT500決勝「新レギュレーション開幕戦を制したのは!?」





2014 SUPER GT 開幕戦 岡山国際サーキット GT500決勝

SUPER GT 
OKAYAMA GT 300KM RACE

2014年4月6日(日)

岡山国際サーキット 3.703km
決勝 82Lap

天候 晴れ一時雨 気温 8℃ 路面温度 20℃
湿度 31% 風速 4m/s 風向 西南西 
ドライコンディション

午前中は雹か霰が降った岡山国際サーキット
生観戦した2012年にも霰が降って来ました!w
スタート時には晴れて 
このまま行けるのかと思われましたが・・

フォーメーションラップの前にウォームアップラップが1周
そしてフォーメーションラップも1周追加となり
実質81Lapの決勝がスタート

3Lapのウォームアップが行われましたが
スタート直後にはスピン続出!?
接触が有ったのか無かったのか??
PETRONAS TOM’S RC F 
36号車 ジェームス・ロシター選手と
MOTUL AUTECH GT−R
23号車 松田次生選手がスピン!
MOTUL23号車はコースを塞ぎ GT300の車列を
妨げるが レース復帰
PETRONAS TOM’S 36号車は
コースオフして サンドトラップに
その後復帰した様だが大きく後退

カルソニック IMPUL GT−R 
12号車 J・P・デ・オリベイラ選手もコースオフ

ENEOS SUSTINA RC F
6号車 大嶋和也選手が快走 後続を引き離しに

16Lap 早くも 
Epson NSX CONCEPT−GT 32号車が
タイヤ交換のみのピットイン
1スティント タイヤが持つのかという懸念が・・

19Lap頃から 雨が降り出す しかし!?
S−Road MOLA GT−R 46号車
本山哲選手のみが レインタイヤに交換したが
1Lap後に スリックタイヤに戻し 後退してしまう

雨と路面温度低下で ブリヂストン勢にラップタイムが
上がったようだ

34Lap ARTA NSX CONCEPT−GT
8号車 松田次生選手を 
ZENT SERUMO RC F 1号車 平手晃平選手
がコーナーアウトからオーバーテイクしたが 接触!
ZENT1号車 コースオフ 8番手から脱落

2番手に躍り出た KeePer TOM’S RC F
37号車 アンドレア・カルダレッリ選手が
ENEOS 6号車 大嶋和也選手に詰め寄る

37Lap KeePer TOM’S RC F
37号車 アンドレア・カルダレッリ選手が先に
ピットイン 伊藤大輔選手に交代
ピットイン時GT300マシンに遮られタイムロス

38Lap ENEOS SUSTINA RC F
6号車 続いてピットイン 国本雄資選手に交代
37号車にリードを広げてコースイン

51Lap 再び KeePer37号車が
ENEOS6号車に接近 テールトゥノーズに

54Lap DENSO KOBELCO SARD RC F
39号車 石浦宏明選手 
ウイダー モデューロ NSX CONCEPT−GT
18号車 ジャン・カール・ベルネ選手を
バックストレートのブレーキングでオーバーテイク
4番手に浮上

55Lap バックストレートで
ENEOS SUSTINA RC F 6号車
国本雄資選手 ペースダウン!・・

KeePer TOM’S RC F 37号車
伊藤大輔選手が抜き去ると
そのまま独走で 開幕戦 新しいレギュレーション
初戦を制しました

ENEOS SUSTINA RC F 6号車
国本雄資選手は ギアトラブルが発生した様だが
持ち堪えて2位フィニッシュ

開幕前 仕上がりが好調と言われたGT−R
カルソニック IMPUL GT−R 12号車が
3位表彰台を獲得した

NSXでは
ウイダー モデューロ NSX CONCEPT−GT
18号車が 最高位の5位

スピンコースオフは有りましたが
全車15台完走の開幕戦となりました

開幕戦は残念ながら生中継観戦となりました
岡山国際サーキットも生憎の悪天候でしたが
千葉県内でも雷発生!
なんと 観戦中に停電のトラブル発生!!
直ぐに通電はしましたが チューナーの
ハードディスクが復帰するまでタイムロス
手動で再度録画開始となりましたw
生観戦の時は 再放送も録画して出掛けないと
いけないかも知れません

SUPER GT 第1戦 岡山国際サーキット GT500決勝結果

1 37 KeePer TOM’S RC F
1:57’15.816  
2  6 ENEOS SUSTINA RC F
     +5.026
3 12 カルソニック IMPUL GT−R
     +18.818  
4 39 DENSO KOBELCO SARD RC F
     +21.475 
5 18 ウイダー モデューロ NSX CONCEPT−GT
     +23.259  
6 17 KEIHIN NSX CONCEPT−GT
     +31.039
7 23 MOTUL AUTECH GT−R
     +31.367  
8  8 ARTA NSX CONCEPT−GT
     +1’07.608  
9 100RAYBRIG NSX CONCEPT−GT
     +1Lap  
1046 S−Road MOLA GT−R
     +1Lap 
1119 WedsSport ADVAN RC F
     +1Lap  
1224 D’station ADVAN GT−R
     +1Lap  
1336 PETRONAS TOM’S RC F
     +2Lap  
14 1 ZENT SERUMO RC F
     +4Lap  
1532 Epson NSX CONCEPT−GT
     +6Lap  

☞2014 SUPER GT 開幕戦 岡山国際サーキット GT500予選「ENEOS大嶋和也マシン捻じ伏せポール獲得!」

☞2014SUPER GT 開幕!観戦前に動画を集めてみました!

☞2014SUPER GTスケジュール「NEWマシンでの新たな伝説が今始まる!」

☞SUPER GT公式HP


オートスポーツ 2014年 4/11号 [雑誌]



posted by ぷらちゃん at 18:53| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック