2013年11月03日

2013 SUPER GT最終戦 ツインリンクもてぎ 決勝「ENEOS独走ポールトゥウィン!」





SUPER GT最終戦 ツインリンクもてぎ 決勝

SUPER GT 
MOTEGI GT 250KM RACE

ツインリンクもてぎ 4.801km
決勝 53Lap

天候 曇り 気温 20℃ 路面温度 26℃
湿度 45% 風速 2m/秒 風向 南南東    
ドライコンディション

GT500クラス ポイントランキング上位8チームに
シリーズチャンピオン可能性を残して 最終戦を迎えた

決勝は ポールポジションを獲得した
LEXUS TEAM LeMans ENEOS
6 ENEOS SUSTINA SC430
スタートドライバー 大嶋和也選手
第2スティント 国本雄資選手が
独走を続け ポールトゥウィンを飾った!
ドライバー交代は24Lapまで引き伸ばし
1分のリードを築き アウトラップもトップ
39LapメインストレートでARTA8号車が
追突されスピンしてクラッシュ パーツデブリが飛び散ったが 
セーフティカー導入も無く 逃げ切りの優勝
国本選手は GT初優勝となった

IMG_2021.jpg

シリーズチャンピオンに輝いたのは
LEXUS TEAM ZENT CERUMO
38 ZENT CERUMO SC430
立川祐路選手 平手晃平選手
最終戦決勝は 4番グリッドスタート
2番手を走行するも トップには立てず
再びKEIHIN17号車 塚越広大選手に抜かれ
後続にも脅かされてしまうが
3位を守って 11ポイント追加
僅か2ポイント差で シリーズチャンピオンを決めた!

ZENT 38号車が 4番手に落ちても
ENEOS 6号車が 2番手に落ちても
タイトルは KEIHIN HSV−010 17号車に
奪われていたので LEXUS勢には
複雑な力が働いたかも知れない
ENEOS SC430 6号車の優勝は
LEXUS タイトル獲得に 大きく貢献した

IMG_2098.jpg

第8戦 ツインリンクもてぎ GT500決勝結果

1  6 ENEOS SUSTINA SC430
2 17 KEIHIN HSV−010
3 38 ZENT SERUMO SC430
4 39 DENSO KOBELCO SC430
5 36 PETRONAS TOM’S SC430
6 37 KeePer TOM’S SC430
7 18 ウイダー モデューロ HSV−010 
8 23 MOTUL AUTECH GT−R
9 24 D’station ADVAN GT−R
1019 WedsSport ADVAN SC430
1132 Epson HSV−010 
12100RAYBRIG HSV−010
1312 カルソニック IMPUL GT−R
14 1 REITO MOLA GT−R
15 8 ARTA HSV−010

☞2013 SUPER GT 第8戦 ツインリンクもてぎ 予選「ENEOS大嶋和也ポールポジション獲得!」

☞2013 SUPER GT 日程

☞SUPER GT開幕直前スペシャル 2012シーズンハイライト

☞SUPER GT公式HP

画像は昨年2012年撮影となります
写真の無断転載等はご遠慮願います

※この記事はスマートフォン デザリング機能を使用して作成されました


オートスポーツ 2013年 11/15号 [雑誌]



posted by ぷらちゃん at 17:52| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーGT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック